西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

痛みが軽いとこんなにも生活が変わるものか はてなブックマークに追加
2006年05月19日 (金) | 編集 |
ああ、痛みが軽いとこんなにも生活が変わるものか。今日は一日の前半と後半ではっきりと明暗が分かれた。朝から午後3時ぐらいまでは相変わらず痛みに苦しんだ。もうかれこれ激しい痛み(ロキソを飲んでも効かない)が3日目だったので、ほとほといやになっていた。午前中はとにかく便を出すための行動しかできなかった。おかげでびわ葉温灸もやる時間がとれなかった。で、とにかく圧迫痛だけでも取り払おうと午後3時にエネマ(コーヒー浣腸)をやった。これが正解だった。エネマをやったことでその後少し通過痛が出たものの、しっかり事前にそれを予期してロキソ(痛み止め)を飲んでおいたので、さほど激しい痛みにはならなかった。

実はここ最近の懸案事項として、ヘアーカットしたい!というのがあった。ショートヘアのため、今までは1ヵ月半に1度のペースでカットに行っていたのに、もう3ヶ月近く行ってなかった。体調的に行けなかったわけではない。じゃあなぜ行かなかったというと、理由は抗がん剤の副作用による大量の脱毛だ。美容室だから髪の毛には慣れているであろうが、やはり洗髪して手にばっさり他人の毛がまとわりつくのは気持ちのいいものではないと思ったので、遠慮して行けなかったのだ。だから脱毛が収まるのをいつかいつかと待っていたのだが、一向に収まる様子がないので行くタイミングがなかなか来なかった。そんなとき先日いいことを思いついたのだ。自分で洗髪して思いっきり髪の毛を抜いておいて、その直後に行けばさほど抜け毛はないと。
というわけで早速今日はそれを実践しようと、お風呂に入って準備をしたものの痛みが激しく、「今日は無理かな・・・とほほ・・・」と落ち込んでいたところ、ようやく夕方痛みが軽くなってきたので思い切って美容院へ行くことにしたのだ。しばらく行かなくても良いように、かなり短く切ってもらった。自分自身でも、抜け毛の処理をうざく感じていたので、少しでも短い毛のほうが処理も楽になるだろう。そんな期待感もあってとてもリフレッシュできた!

痛みが軽いというのは本当に重要だ。家に戻ったときにはすでに夜6時半であったが、髪の毛を切ってリフレッシュした勢いで、どうしても散歩したくなった。昨日、おとといと痛みで散歩もままならなかったので、身体がうずうずしていたのだ。よって荷物を置いて、トレーニングウェアにすぐに着替え、すぐに外へ飛び出した。身も心もリフレッシュして、いつもにも増して気持ちの良い散歩になった。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
今日のブログは痛くてお休み?と思っていたら、痛みが引いたんだね。良かった良かった。みづきのショートみたいな。髪の毛切れてよかったね。
2006/05/20(Sat) 00:43 | URL  | みわ #-[ 編集]
髪の毛切るとリフレッシュするよね!
みづきのブログ読んでて、私も今日にでも
行きたくなっちゃった!相当伸びきってます。

それにして午後痛みが軽くて本当によかった。
ホッとします。
2006/05/20(Sat) 07:18 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
髪の毛を切ってリフレッシュした時のウキウキ感!わかるわー。誰かに見せたくなるよね。ウォーキングに行きたくてしょうがなくなるなんて、心が元気な証拠だね。みづき自身の前向きな姿勢がそうさせてるのだと思います。痛みが引いてホントに良かった。今日も良い1日でありますように。
2006/05/20(Sat) 08:14 | URL  | もとみ #-[ 編集]
リフレッシュできて
良かった良かった。
気分転換は大切だよね。
私もストレスを発散したい時には、髪の毛を洗うためにお風呂に入るようにしています。
2006/05/21(Sun) 23:06 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック