西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

目標となる人物ができた はてなブックマークに追加
2006年05月13日 (土) | 編集 |
昨日に引き続き今日も白金台へお出かけ。昨日は会長さんとの個人面談だったが、今日は東京いずみの会の定例会に初出席するためだった。昨日とほとんど変わらない格好で出かけたが、今日は昨日より一つだけグレードアップさせた(^^)。昨日はスポーツシューズだったが、今日はバッグに合わせて、黒の革靴を履いた。こうして少しずつ昔のようなおしゃれの感覚を取り戻していこうと思う。

昨日は「新たな目標ができた」であったが、今日は「目標となる人物ができた」。
今読んでいる本は聖路加病院院長の日野原氏が書いた本なのだが、生きるのが楽しくなる15の習慣の中に「自分の師となる人を見つけること」というのがあった。それ以外の14の習慣はだいたい私にも当てはまっていたのだが、どうしてもこの習慣だけは達成できていなかった。というのも、基本的に私の目標となるような人物とは、何歳になっても仕事をバリバリやっていて女性として美しく輝いている人、というのが今までの理想だった。だからどちらかというとビジネス成功者としてTVで取り上げられているような人たちが、ある意味私の理想であった。しかし日野原氏が言うには、目標にする人物ができた場合は、その人が書いた書物を読み漁り、その人物の弟子などからも話を聞き、徹底的に目標人物のことを研究すること、とあったので、ある程度は「ああ、この人みたいになりたいなあ」とは思っても、さすがにそこまでやろうと思う人物には今まで出会えなかったのである。

でもガンになってからは変わった。ビジネスをバリバリやっていることも重要だが、まずは健康でなければならない。そして多少ビジネスの成功を犠牲にしてでも、健康第一、心豊かに楽しく生きている人、そしてそれゆえきれいに年をとっている人、というのが私の理想の女性像となった。そして今日のいずみの会に講師として来ていた女性がまさにそういう感じの方だった。だからといってまだ彼女を「師と仰ぐ」までは至っていないが、当面の目標としては彼女が理想の女性になりそうだ。まず彼女の年齢を聞いてびっくりした。どう見ても60台にしか見えないのに、もう80歳近いという。背筋はぴーんと張っており、さすが社交ダンスが趣味というだけあって、立ち居地がきれいだ。肌もきれいでシミもあまりないし、ファッショナブルでとにかく「輝いていた」。そして声の大きさとそのパワーに圧倒された。中山会長も相当声が大きくパワフルだが、彼女の前ではさすがの中山会長も少々小さく見えた・・・。そのぐらいすごいおばあさん(失礼!)なのである。

そうそう、今日のいずみの会でまたまた私は「やってしまった・・・(^^;)」。一通りの質疑応答が終わった後、最後に中山会長が「それでは何か会に対する希望はありますか?」と聞いたので、はい!と大きな声で手を上げて「このように一方的に講師の方などのお話を聞くのもいいんですけど、(ガンの)部位別に集まって情報交換をする時間を多少とっていただければと思うんですが・・・」と意見を述べた。しかし過去にそういうことをやったとき、患者に混じってセールス目的で話し合いに入り込み、商品を売りつけるという行為が見受けられたので、会としてはそういう場は提供していない。しかし、もちろん2次会、3次会として勝手に集まってそういうことをやることは大いに結構だ。では早速今日からあなたが音頭をとってやったらいかがですか?(^^)と言われた。しかし、今日は義母が手伝いに来てくれているので、家に帰らないといけなかったので(母の日のプレゼントも渡したかったし)、「それでは(2ヵ月後の)次回の定例会では私が音頭をとってやらさせていただきます!」という流れになってしまったのだ・・・。昨日の発言といい、なんだかどんどんいずみの会にはまっていく・・・。別に悪いことではないし、大いにけっこうなのだが、現状治療に専念するために本業の仕事をセーブしているのだから、これでこっちの仕事が増えてしまったら本末転倒だ。いずれはボランティアでいずみの会を手伝っていきたいとは思っているが、今の私にはまだ時期尚早だ。だからこれ以上中心とならないように、少しおとなしくしていないとな。ついつい経営者魂というか、会の運営状態などが気になってしまい、それについて意見や改善提案などをしたくなってしまう。最近の私の悪い癖だ(^^)。

最後に私の体調報告。昨日の夜は残念ながらベッドに入ってから急に痛み出し、また夜中にロキソを飲んで寝る羽目に。でも今日は今のところ飲まずに過ごせている。いずみの会の3時間という長丁場にも耐えたし、しかも硬いイスに座りっぱなしでもなんとか大丈夫だった。円座を持っていこうかどうか迷っていたのだが、荷物になるからと家に置いたのを硬いイスを見たときはものすごく後悔したが、コートをクッション代わりにしてなんとかしのいだ。今もちょっと痛いので、もしかしたら寝られないかもしれない。まあそしたらロキソを飲んで寝ればいいじゃないか。ということで、おやすみなさい。。。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
痛みひどくなってませんように・・・
いずみの会に行っても、運営が気になってしまうなんて、経営のプロを感じるなぁー。私には新鮮で聞いてて楽しい話だった!
おばあちゃんになっても、健康で心豊かな経営のプロ・すっごい格好良過ぎる~成って欲しい!
2006/05/14(Sun) 04:32 | URL  | yuko #-[ 編集]
『自分の師となる人を見つける事』が、どうして『生きるのが楽しくなる』項目に入るのか、理解/共感できない人もたくさんいると推測される中で、それを受け入れて『目標とする人物』『理想の女性像』を見つけ目指して行こうと行動に移しているミヅキはスゴいと思うわ。やっぱり上昇志向のある人って、知的好奇心を満たされることほど楽しいことはないもの。有意義な時間を過ごしていたからこそ気持ちも充実して痛みが軽かったのかもしれないね!今日も痛みがおさまりますように。良い日曜日を
2006/05/14(Sun) 10:51 | URL  | もとみ #-[ 編集]
私にも理想の人がいます。その人の人柄、生き方、考え方が大好き。あの人だったらどうするかな?とか、どういう風に考えるかな?とか思いながら自分の方向性を決めたりすることがあるよ。その人について調べつくすことはないけど、自分の好きな生き方をしている人に近づく感じがして、良いよね。

オシャレ前進バンザーイ
2006/05/14(Sun) 16:22 | URL  | みわ #-[ 編集]
はじめまして、みづきさん、私の父が今年の3月初めにスキルス胃癌のIVの手術不可能、癌性腹膜炎及び胸膜炎で余命数ヶ月と診断されてそれ以来、癌に付いての勉強を始めたところです。
抗がん剤による休眠療法等のブログを
拝見しているうちにココにたどり着きました。
親子で小さな会社を経営している為、余命を宣告されてもすぐ整理することは出来ず、延命効果が有るであろうと思われる標準的化学療法をはじめました。幸い副作用は今のところ目立ったものはなく、味覚障害くらいで仕事にも復帰することが出来る状態になりましたが
完全に治療に専念する事も出来ないので
補助療法として免疫療法(リンパ球療法)をしようかと考えています。びわの葉湿布やびわの葉茶等、私の父も日常生活で出来るだけ取り入れられる事はやっています。みづきさんのプロフィールを拝見すると丁度私と同じ年。(私は未婚ですが・・・)
まだまだ若く根治する可能性がある年齢と思いますので希望もって治療し、是非もとの生活に戻ってください。応援しています。
2006/05/14(Sun) 22:51 | URL  | orie #-[ 編集]
どんどん
みづき道を突っ走ってちょうだい。
理想的な人と出会うとエネルギーをもらえるよね。
逆に、会う度にエネルギーを吸い取られてしまうような人もいるけど。(そんな人とやりとりした時は私もげっそりしてしまいます。)
生きるエネルギーをもらえたり、交換しあえたりする人たちとはどんどん交流を深めましょうよ。



2006/05/15(Mon) 01:53 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
orieさんへ
お父様の状況、読む限りではかなり厳しそうですが、でもorieさんが一生懸命調べてあげて協力しているようなので、その分は良い結果に結びつくと思います。ただ本当であれば、治療に専念できるといいんですけどねえ・・・お仕事を持っている方だとなかなか難しいのが現実ですよね・・・。抗がん剤の副作用が比較的軽いのが救いですね。とにかくお父様の回復を心よりお祈りしております。
2006/05/15(Mon) 22:38 | URL  | みづき #-[ 編集]
毎回、みづきさんには励まされてばかりです。
私の目標としている人は両親で、いつまでも2人には健康で長生きしてもらいたいと願っています。これからもブログ、拝見させてもらいますね♪
2006/05/18(Thu) 03:08 | URL  | ぼくのび茶 #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック