西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

果敢なる挑戦 はてなブックマークに追加
2006年05月11日 (木) | 編集 |
タイトルを見て、「おっ、今日は何に挑戦したんだ?」と期待した方も多いはず。もちろん私にとっては大いなる挑戦なのだが、内容はたいしたことではない。ごめんなさい、先に謝っておきますね(^^;)。

さて、その果敢なる挑戦の内容とは・・・お風呂場でのエネマ(=コーヒー浣腸)!でも笑うことなかれ。挑戦して失敗したらそれはもう大変なことなのだから。ここ2日間どうしたのか、今日も昨日同様、便の出が悪かった。よって今日も再びエネマのお世話になることにした。ただ昨日と違うところは、いつもトイレでやるところを、今日はお風呂場での注入を試みたのだ。というのも、以前ブログで液がうまく注入できないという話を書いたところ、ある大学の先輩から「私もコーヒーエネマやってるけど、横になるとたくさん入るよ。私なんか1000ccぐらい入っちゃうよ」というコメントをもらったからだ。それ以来、ずっと横になっての注入を試みようとしたのだが、どうしても勇気が出なくて、ついトイレに座っての注入に逃げてしまっていた・・・。だって、注入してもうこれ以上入らないってところまで行くと、どうしても少し液と一緒に便が漏れてしまうから。だからトイレなら安心なのだ。

でもなぜか今日の私は違った。お風呂場ならきちんと洗い流せばいいのだし、それに漏れるといってもほんの少量なのだからそんなに気にすることはない!と妙に挑戦的だった・・・。というわけで失敗覚悟で挑んだ!すると成功!!やったー!!一滴も漏れなかった。まあ漏れないようにぎりぎりになる直前でストップしたというのもあるけど(^^;)。そして結局100ccしか入らず、量的にもたいした前進はなかったが、でも挑戦した自分に拍手を送りたいし、成功したことは次への自信につながった。さらに、そのあと今までたまっていたモノがもりもり出てきたことも、さらに私を爽快な気分にさせた。それにしてもいったいどうやったら1000ccも入るのだろうか???不思議でたまらない。先輩!横になるって具体的にどういう格好になるのでしょうか??(笑)

さて、便がたくさん出た後は、お決まりの通過痛の再来だ。ただし、今日はいつもほど強い痛みが来なかった。あれ?もしかしたらこのままロキソを飲まずになんとかやり過ごせる???そう期待しながら、痛みのピークが過ぎるのを待った。しかしそこで一つ難題が持ち上がった。散歩だ。今までの経験から、散歩をすると痛みが増す。散歩している間はいいのだが、一瞬でも動きを止めるとアウトだ。今までさんざんそれで泣いてきた。すると、ここでもまたいつもと違う私が出てきた。というか、今度の場合は直感だ。午後の散歩は、通常4時ぐらい、遅くても6時ぐらいには出発するのだが、今日はこの時点で6時近くになっていた。よっていつもであれば、すでにちょっと痛いのだからロキソを飲んでこれ以上痛みを強くしないようにして散歩に出かけていた。しかし今日は夕飯後に散歩に行くチョイスを思いついたのだ。そしてこれも一つの挑戦であった。つまり、痛み止めなしで痛みが治まってから散歩に出た場合に痛くなるのかどうかを知りたかったのだ。そしてこれまた見事に成功した!痛みが軽くなるのを待って夜の9時半に出発して今散歩から帰ってきてこのブログを書いているが、痛くない。ロキソを1回スキップすることに成功した。これはとてもうれしいことだ。

それに夜の散歩というのもなかなか気持ちいいものだ。特に今日は無風で温度も快適という最高の条件だったからなおさらだ。ライトアップされた勝どき橋でも見ながら散歩しようと思い、いつもの隅田川デッキコースを選んだが、少々目の毒という光景もあった・・・(^^;)。夜の隅田川デッキコースが格好のデートコースだということをすっかり忘れていた・・・たはは(^^;)。まったく羨ましいぜい!
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
ちょっとした偶然だけど
みづきが今宵のお散歩を楽しんでいた頃、私は窓から見える夜空を眺めてました。
今夜は結構、お月さまが丸くて綺麗だったね。
それにしても「小さなことからコツコツと(by 西川きよし)!」挑戦しつつ前進していけたらいいね。
小さな一歩は大きな進歩につながるぞ!
2006/05/12(Fri) 00:08 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
初めてコメントします!
エネマコーヒーとロキソスキップおめでとう!
いろいろと工夫していくみづき、すごいわ!!
1000ccってすごい量よね、飲むのだって大変だと思うけど!?!?

夜のお散歩、きもちよさそうね~。
みづきのおうちのまわりは素敵なスポットが沢山ありそう!
でも、隅田川デッキはやめましょう(TT)
ちょっとみてみたかったりして!?!?

ちなみに、わたしは社会人になってから、フィリピンバナナ(特大)が浮くようになりました。
学生時代は、1週間~10日くらいの便秘もよくあったのに。
2006/05/12(Fri) 04:24 | URL  | IS #-[ 編集]
自らのいろいろなアイデアで、生活の質が向上するなんてスバラシイわ。さすがミヅキ!これからも貴女らしい発想で最善策をどんどん発見できると良いね。応援してるよー!でもまあ、夜の散歩はくれぐれも気をつけてね。防犯ベル持った方が良いよー。今、テレビでもやってるけど、がん患者とその家族の弱味をついた悪質な商法/業者、ほんとにもううううう、許せない!!
2006/05/12(Fri) 08:29 | URL  | もとみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/12(Fri) 10:11 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/12(Fri) 21:44 |   |  #[ 編集]
はじめまして。元ナースです。
いつも応援しながら日記を拝見しています。
私の出る幕ではないのですが、おせっかいにもみづきさんの疑問に対して。エネマがなぜ横になるとたくさん注入できるかと言うと、解剖学的な理由です。直腸の上にあるS状結腸まで、左を下にして横になると(左側臥位)浣腸液が自然に流れ込むからです。便座に座って浣腸をしても直腸にしか入りません。直腸が満杯になるとこぼれてします。

みづきさんは直腸に腫瘍があるので常に便意があったり、痛みがあったり、大変だと思いますが、これからも自分の信念を貫いてください。
夜の散歩危険もありますが、これから気温が高くなると、直射日光も避けられて、体に負担が少ないと思われます。街灯のあるところを選んで、夜の空気も楽しんでください。
2006/05/12(Fri) 22:11 | URL  | meron #-[ 編集]
侮れない直感
女の第六感もそうだけど、自分の体の直感もあなどれないね。これからも自分を信じて頑張ろう!
匿名のコメントで、この人誰だろう?って考える楽しみを最近覚えました。ね、ISさん!!
私っていやな奴かしら・・・

明日は雨のようだから、カップル少ないかもよ~
2006/05/12(Fri) 22:16 | URL  | みわ #-[ 編集]
ふふ、みわ、ご正解!
みづきにはメールでカミングアウトしたわよ!
2006/05/12(Fri) 22:20 | URL  | IS #-[ 編集]
meronさんへ
さすが元ナース!非常に納得できる説明でありがとうございます!早速そのように今度やってみます。
2006/05/14(Sun) 18:02 | URL  | みづき #-[ 編集]
meronさん教えてください!右?左?
元ナースのmeronさん、すみません!教えてください!
http://homepage3.nifty.com/hirahira/top44.html

ここには右を必ず下に・・・とあるのですが、やはり左を下にすべきでしょうか?
2006/05/14(Sun) 19:18 | URL  | みづき #-[ 編集]
解剖学的にはS状結腸は左側臥位なので、看護の教科書にも浣腸は左を下にした側臥位としてあります。病気によって、左側臥位が取れない場合は仰向けが妥当で、右を下にする方法の根拠は、ないと思うのですが。みづきさんの場合、100ml程度が限界であれば、直腸内に注入がやっとだと思いますので、さらに奥に入れるのには左を下にしたほうが良いと思います。

でもあまり無理をしないでくださいね。コーヒーエネマにどのような効能があるのかわかりませんが、腫瘍をあまり刺激をすると出血しますし、出血が多いと貧血になりますから。安全で苦痛のない方法はみづきさん自身にしかわからないですからね。アドバイスになるかわかりませんが、・・・。
2006/05/14(Sun) 21:28 | URL  | meron #-[ 編集]
左にします!
meronさん、ありがとうございます!!感謝です!!とにかく左でやってみることにします!!
2006/05/14(Sun) 22:49 | URL  | みづき #-[ 編集]
今頃気づいたんだけど、1行目左側臥位ではなく、左側腹部でした。すみません。心配になって今日もう一度教科書を調べましたが左側臥位で間違いありませんでした。
2006/05/15(Mon) 19:30 | URL  | meron #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック