西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

びわの苗木と運命を共に・・・ はてなブックマークに追加
2006年05月10日 (水) | 編集 |
s-DSC00558.jpg


前にも書いたが、退院直後はびわの葉、びわの葉と騒いでいた時期があり、確保が難しいなら自分で育ててしまえ!ということで、近所に生えていたびわの苗木を引っこ抜いてきて、写真のようにベランダで育て始めた。ところが、うまく引っこ抜いて根っこも持ってきたはずなのに、植木鉢に植えたとたん、シュンとしてしまったのだ。なんせ私にとっては初めて植物を育てる経験で、我が子を育てるかのごとくわくわくしてたので、シュンとしたびわの苗木を見て、私もシュンとしてしまった・・・。しかし、ほとんどすべての葉が下にだらーんと垂れ下がっている中、写真の中で、右側にぴーんと張っている葉が見えると思うが、唯一この葉だけは緑色で元気だった。他の葉は枯れて死に体同然だったが、この葉が生きている証だった・・・。

何年も前に購入した土だったので、土が古いのがいけないのかと思い、実家の庭から良い土を持ってきてもらい植え替えた。それでもいっこうに良くならない。一時はほとんど死にかけた状態で、2週間経っても復活の気配が一向になかったので、私はあきらめかけていた。しかもちょうどその頃、別の植物を植えるため土が必要になったので、かわいそうだけどこのびわを捨て、その土を利用しようとさえするところだった。しかし「まだ完全に死んでいるわけではないから、もう少しだけ待ってみたら?」という義母の鶴の一声で、私はもう少しだけ待ってみることにしたのだった。

すると、なんていうことだろう。毎日がんばれ、がんばれと声をかけながら一生懸命に水をあげて育てた効果が出たのか、ほんのちょっとだけ復活の兆しが見え始めたのだ!!枯れて完全に下に下がっていた葉が、ほんの少しだけ角度が上向きになったのを私は見逃さなかった!!と同時に、驚いたのは、私の体調も少し上向きになったのだ。まさに痛み止めを飲まないで過ごせていたあの時期だ。そのときから、私はなんとなく自分の人生をこのびわに見ているような感覚に陥った。だから、びわが元気になれば私も元気になれる!!!そう思って、今まで以上に一生懸命世話をした。しかし人生、そうはうまくいかない。またびわの葉が下向きになってきた。相変わらず右にぴーんとしている元気な葉だけは健在だったが、それ以外はまた元に戻ってしまった。すると、不思議なことに私の体調も下降していったのだ。痛みが激しくなってきたあの時期だ。

そして、実は3日前からまたびわの葉が少し上向きになった。それがこの写真だ。するとやはり私の痛みも軽くなってきた。まさに「穏やかな一日」と題したあの日から3日間、割と痛みが軽く過ごすことができている。これですっかり私の心はびわのとりこになり、まさにびわと運命を共にすることになったのだ。まだまだ完全にすべての葉が上にぴーんとするまでは時間がかかりそうだが、でもしっかり土に根付いた感じはあるので、もう死ぬことはないだろう。まさに私と同じ状況の感じがする。あのとき捨てなくて本当に良かった。やはりそう簡単にあきらめてはいけないのだ。しかも、ぴーんと張った一枚の葉があったのだからなおさらだ。そして人間も恐らく同じであろう。ほとんど死に体のような状態であっても、完全に死を迎えるまでは奇跡を信じて決してあきらめてはいけないのだ。


s-DSC00556.jpg


それにしても、私は変わった。今まで家に花を飾ったことなど一度もなく(もらったりすればもちろん飾ったが、自分で買ったことは一度もない)、ましてや育てるなどしたことがなかった。それなのに今は写真のようにベランダでびわと花を育てている。そしてそれが実に楽しい。また友人からたくさん花を贈ってもらっているので、常に家の中にお花があるという幸せな状況だ。毎朝びわと花をチェックして、草木をいじっている自分に気づくと、あまりの変貌振りについ笑ってしまう。またもやガンのおかげで潤いのある生活になった。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
みづきと植物栽培
この組み合わせは想像すると意外に合うよ(笑)!
ぴーんとはった、びわの葉はみづきの強い意志の表れのようだね。



2006/05/10(Wed) 00:44 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
変わってないもの
体調が良さそうで何よりです。
毎日いろいろと新たな自分発見があるね。
でもみづきの意志の強さと前向きな部分と思いやりは昔から変わってないなとメールを見て思います。
2006/05/10(Wed) 00:48 | URL  | ふみちゃん #-[ 編集]
植物の強さ
植物は強いです。一見枯れてしまったように見えても、それは厳しい冬を乗り越えるため、土の中で一生懸命根を張っているのです。そして春にはまた芽生えるのです。人間もそうだと思います。厳しい冬を耐えてこそ春が来るのだと思います。
2006/05/10(Wed) 00:58 | URL  | ふみだんな #-[ 編集]
みづき、植物って本当にカワイイよね。彼らは人間の心を知ってるみたい。みづきの真心が通じたんだね。枇杷は低温に弱い植物です。あと、根が弱いの。これからは暖かくなるので、益々元気になるんじゃないかな。そして、みづきの作ってあげた環境が好きになって、馴染んできたんだよ!みづきも枇杷と一緒にどんどん元気になってね★
2006/05/10(Wed) 07:50 | URL  | もとみ #-[ 編集]
私のシクラメンも2年間枯れたふりをしていて、思い出したように今、花が咲き誇ってます。この気まぐれなところが猫っぽくてかわいいのよね…。みづきさんのビワもこれからあなたのことをからかったり励ましたりしながら大きく育っていくことでしょうね!
2006/05/10(Wed) 08:21 | URL  | あつこ #-[ 編集]
私も植物に励まされたことあった、あった!

長男を妊娠中、まだ2ヶ月ぐらいの時だった
かな、「お腹の子は通常よりだいぶ発育が
遅くて、このまま育ちが悪いようならこの2週間の
うちぐらいにダメになるかもしれません」って
医師に言われた時、丁度家に友達から
もらったブーゲンビレアがあったの。それが
もうずっと枯れたように茶色いツルだけに
なってたんだけど、急に黄緑の葉っぱの
赤ちゃんがいっぱい出てきて・・・。植物に
生命力の強さを見せつけられて励まされたよ。

今その長男は普通よりやや大きめ、ご飯も
よく食べるムッチムチの元気な子になりました。
2006/05/10(Wed) 10:30 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
そうですよ
人間も諦めちゃ駄目なんですよ。
びわもみづきさんも元気になると良いですね。
2006/05/10(Wed) 22:17 | URL  | Dr. I #sSHoJftA[ 編集]
びわって・・・
びわって、じめじめしたところ(川のそばとか沼地とか)で勝手に大きくなるようなイメージだったけど、育てるものなんだ!!
私も最近笑ってしまうことに、近所の花屋で季節の花を買います。枯れるとすぐ捨てちゃうんだけど、来年も咲くように私も頑張って育ててみます!!
2006/05/10(Wed) 22:19 | URL  | みわ #-[ 編集]
びわの話から、「5粒のえんどう豆」という話を思い出したよ。一番小さいえんどう豆が病気の女の子の家のベランダに落ちて、芽を出しツルを伸ばしていくとそれに元気付けられるように、女の子は病気が良くなるの。みづきもびわの苗木と共に
元気になりますように。
2006/05/10(Wed) 23:51 | URL  | みっこ #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。私は最近落ち込む事があった中『私の高校時代の友人がブログ始めたから見てみて』と<あみちゃん>に教えて頂いてここへ来るようになった者です。拝見して…本当に多くの事を、自分を見直せるようになって…みづきさんにはどんな言葉を言っても言い尽くせない思いでいっぱいなのですが、長くなりそうなので割愛させて頂きます。本当はただ黙って拝見して行くつもりだったのですが、<びわ~>を読んで私の叔父が言っていた事を思い出して思わず書き込みしてしまう事をお許し下さい。叔父曰わく『植物はお互い励まし合って成長している』そうで…叔父もどこかで見聞きして来た情報らしいのですが、1人(?)ぽつんと置かれるより、2人・3人と一緒にいられる方が、お互い励まし合って元気にいられるんだそうです。私は叔父も可愛い事を言う物だと最初は可笑しかったのですが…素敵な事だなぁと思って。。ヒトは1人では生きて行けないと言うけれど植物もそうみたいです。今叔父の家の玄関は緑達で固められてひしめき合っているのですが、叔母曰わく『確かにぽつんといた時より皆活気があって元気』だとか(笑)。 私はすぐ植物を枯らしてしまっていたのですが、花は見るだけで特に女性には生気を与えてくれる万能アイテムだというので、今は絶やさず飾るようになりました。以前は枯れるのが嫌だった植木も『緑は育てるだけであなたの<自信>も育ちます。もし枯れてしまっても、それはあなたの<悪い気>を吸ってくれた証なので大丈夫、感謝してまた新たに育てれば良いのです』と言うのをどこかで見て、今は自信を持って育てています。私の心が元気なせいか緑達も元気です。何となく‥目に見えない<気>の存在もまんざらではないなぁと感じる今日この頃でもあります。 みづきさんの写真を拝見したら、びわも多くの仲間と一緒で幸せそうに見えました。みづきさんの体調が良くない時に、みづきさんの<悪い気>を吸ってくれたびわもしょぼんとしてしまうかもしれないけれど、これからの暖かくなって行く季節、多くの仲間と励まし合って、ぐんぐん成長して行くのでしょうね☆ ◇他愛ない事を取り留めなく長々申し訳ありません。これからもみづきさんのブログを拝見し陰ながら復活を見守っている一人です。 私も頑張ります。
2006/05/11(Thu) 10:31 | URL  | みゆき #-[ 編集]
みゆきさんへ
どういうことで落ち込んでいらっしゃるのかは分かりませんが、とにかく少しでも私のブログがみゆきさんに元気を与えられたなら光栄です。そして私もコメントをいただき、元気をもらいましたよ!ありがとうね!
2006/05/11(Thu) 13:39 | URL  | みづき #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック