西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

薬剤の話 はてなブックマークに追加
2008年07月27日 (日) | 編集 |
20080727.jpg
【写真】妙法寺のお守りと、ケーキのようなタオルのセットです。

今日は患者さんに必要な情報をお伝えしますので、普通の人には面白くない話かも知れません。先ずはコロプラストという皮膚の保護材の話をします。私のように腎ろうがある患者さんが恐らく良く使う物だと思うのですが、これは私には全然合いませんでした。腎ろうのガーゼ交換が週に二回あり、何度もテープを貼ったり剥がしたりする上、皮膚がかなり弱くなっているので、テープの張替えの都度可也の痛みを伴います。よってその防止策としてコロプラストをクッションの代わりにしその上からテープを貼ることで、なるべくテープが皮膚に触れる面積を少なくするのを目的で使うのですが、昨日の私の場合そのコロプラストが腎ろうの漏れでふやけてくっついてしまった為、そのコロプラストを剥がすのに大変な苦労をしました。その痛みといったら大変な苦労などという一言では済まされない物凄い痛みで、私は大泣きで一時剥がす作業を中断しなければならないほど痛くて痛くて、あの痛みは最近経験した痛みの中では最大で、この世の物とは思えない位でした。という訳で私は次回もう一度普通のテープを剥がすときの痛みと比べてみることにしました。コロプラストは通常一週間から10日使いますので、週二回の痛みに耐えるのか10日間の痛みに耐えるのかそういう事も考慮して決めたいと思います。しかし普通の人は皆使っているわけですから、あくまでも私の場合はこうだったという話として読んでください。

次はロピオンという痛み止めのお薬の話です。ロピオンはロキソニンに似た薬なのですが私のように寝てばっかりいる事による腰や肩の痛みに効くお薬です。これはコロプラストと逆で私にはバッチリ合いました。腰が痛くて痛くてどうしようもない時にも効いたし、大して痛くなくともなんとなく体全体が痛くてやる気が起きないという時も効いたし、とにかく私には効果がありまして、すっかり気に入ってしまいました。また服用後10分から15分で効果が出てくるという、即効性も魅力の一つです。勿論これも私の場合という訳ですがあまりにも効くのでお勧めしちゃいます。以上、今日は二つの薬剤のご紹介でした。

私の状況については今のところ変化はありません。先日の血液検査も腎機能が改善していましたし、相変わらずの低空飛行ですが安定しています、唯一つ完全に悪くなったと思うのは視力です。眼鏡が完全に合わなくなってきました。1.5見える眼鏡で作ったのですが、恐らく0.9になっていると思います。

それでは今日はこの辺で。次回またお会いしましょう。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
確かに専門的なお話でした。
今の私には必要なものでは無いにしろ、みづきさんの説明はとても分かりやすく私にも理解できました。
みづきさんから発する言葉は全部読んで引き出しにしまっています。
いつか、自分または身近な人が同じ経験をした時にきっと道標になってくれると思うから。
2008/07/27(Sun) 14:50 | URL  | さゆみ #-[ 編集]
私も、みづきさんのおっしゃる<普通の人>で、確かに専門的な話なのですが、説明の意味は理解できました。なんだか、以前の<みづき節>が戻ってきたように感じました(^o^)
予想に反して、おもしろく読ませていただきました! 

みづきさんの安定した状態が続きますように。
2008/07/27(Sun) 16:26 | URL  | M #2Zt16Rzk[ 編集]
皮膚保護材
いつもみづきさんのブログを読んでいます 初めてコメントさせていただきます。

私は膀胱がんで手術・入院半年をへて尿管皮膚婁(2箇所)とコロストーマを使用しています。皮膚のトラブルもありました、試行錯誤した結果(私の場合)皮膚に何かを貼る前に 弱い皮膚には非アルコール性保護皮膜のスプレー(3Mのキャビロン--皮膚の傷にしみて痛むことはありませんでした)で膜をつくり、強い皮膚にはバリアー(コンバケアバリア--皮膚に傷があるとしみて痛い)を塗っています。ごく薄くつくので貼ったものを剥がすときは一緒にとれて痛くありません。けっこう強力なテープにも耐えています。
何かのお役に立てればうれしいです。
2008/07/27(Sun) 18:09 | URL  | t. #ufmKsO4k[ 編集]
そうですか ロピオン おぼえておこーっと

わたし いつもロキソニンをかばんの中に
もちあるいています。

持病の腰痛が何時出るかわからないからです。

だいたいは なんの兆候もなく いきなりきます。
いつだったか いきなりきて 東京駅の柱のところで座り込んでしまったことや 会社から最寄の駅まで7分のところ 途中で動けなくなり
うずくまってしまったこともあり 不安なので
もちあるいています。 こんどいたくなったら
お医者さんに頼んでもらってみよう~と!
たしかに 人によって効果は違うかもしれないけ
ど試してみる価値はありそうですね。

貴重な情報ありがとうございます。

  
テープのいたみ このブログをみている
関係者 もしくは 開発者の方がいたら
ぜひ 痛みのすくない 粘着テープ開発
してください よろしくお願いします!

2008/07/27(Sun) 20:06 | URL  | tosi #N2XizVaE[ 編集]
2年以上前、当時5歳の甥っ子の影響でウルトラマンを見る機会が有りました。勇気、希望、夢、愛情、忘れていたものをいろいろ思い出しました。心が荒んでいたなと。

この秋の新作のフレーズです。「どんな絶望の中ででも、人の心から、光が消える事は無い」です。
心まで闇に侵されるな、気高さを、誇りを持って生き抜けということ。

子供じみているので、ウルトラマンの話は今までしませんでしたが、してみました。予告編ですが、私の精神の一部が有ります。
http://ultra2008.jp/movie/promotion02/index.htm
2008/07/27(Sun) 22:27 | URL  | yas #Nc2AnN8g[ 編集]
飛行機が低空飛行をすると地面効果と呼ばれる現象が起きます。

翼の下の空気が下方に逃げられない為に通常より浮く力が増すのです。

何処までも伸びる素敵な低空飛行を見せてくださいね!
2008/07/28(Mon) 10:35 | URL  | tenaga #/d4JJU.o[ 編集]
はじめまして。
ストーマ装具に関わる仕事をしている者です。

皮膚保護材が張り付いてとれなくなってしまったんですね…(泣)相当痛かったことと思います。
各装具メーカーで、皮膚保護材剥離用のリムーバーを販売していると思いますので、使用してみてはいかがでしょうか?ちなみに、通常のテープでも使用できるものもあったと思います。
荒れ肌になってしまっていたら、染みてしまう成分のものもありますので、そのあたりは看護士さんと相談してみてください。

上記にある、被膜剤をつかうのも効果的だと思います。キャビロン・リモイスコートあたりは非アルコール性なので、染みないですし。

少しでも痛みのない生活が送れますようにお祈りしています。
2008/07/28(Mon) 12:22 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
みづきさん、初めてコメントします。諦めないで下さい。癌は、抗がん剤や放射線治療しなくても、自然退縮された方も、います。あなたは、並々ならぬ生命力の持ち主です。医者は全身状態を見て、余命の判断をしますが、あなたは医者の判断した年月以上に現在も生き続けています。外国人の子供が自分の癌を正義の味方がやっつけるイメージを毎日繰り返し癌に勝った事実もあります。心が清らかな、みづきさんならきっとイメージ力も強い筈です。応援しています。
2008/07/28(Mon) 19:51 | URL  | sunon #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/28(Mon) 23:17 |   |  #[ 編集]
生き抜いて・・・
どんなに苦しくても生き抜いて下さい。
みづきさんなら、できると思います。
このブログ、本当に復活のブログにして
奇跡の人としてテレビに出てもらいたいです。
前の方もいってらっしゃいますが
みづきさんは医者の言葉以上にどんどん
生き続けています。
どんどん医者の予測を裏切り続けて欲しいと
思います。
心の底から応援しています。
2008/07/30(Wed) 22:56 | URL  | はなちゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/31(Thu) 00:16 |   |  #[ 編集]
いつまでも、この安定した状態が続きますように・・、そしてみずきさんの体が癒される事を毎日祈っています。
2008/07/31(Thu) 23:24 | URL  | yoshi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/31(Thu) 23:29 |   |  #[ 編集]
弟も脚のリンパ浮腫と背中の痛みに、ずっと苦しんでいた闘病生活でした。生きていたなら、ロピオンのことを教えてあげられたのに・・・。
みずきさんの強さが弟にあったなら、とブログを拝見して、いつもそう思っております。
また、みずきさんのだんなさんのように、全面的にフォローしてくれる伴侶に恵まれていたのなら・・・。
弟の嫁は、看護師だったにも関わらず、病気に関しては、無関心で、弟が亡くなったときの遺産相続の画策に一生懸命でした。
亡くなった日だけ、無許可入手の点滴をうってくれましたが。

2008/08/01(Fri) 00:01 | URL  | えび太 #WDK3ESpU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/08(Fri) 17:11 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可