西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

下血について はてなブックマークに追加
2006年04月27日 (木) | 編集 |
昨日下血が心配という記事を書いたら、早速ある友達が知り合いの看護師さんに聞いてくれ、メールをくれた。それによると、ガン細胞はもろいため出血しやすいものだということだった。またネットで調べた情報でも、癌は細胞同士の接着がゆるく、血管が傷つきやすいため出血が起こり、さらに癌が大きくなって周囲の組織への浸潤が始まると、癌が近くの血管に食いこんで出血することもある、ということだった。いずれにせよ、とにかくガンがある以上出血は当たり前のことなので、大量な出血でなければ気にする必要はなさそうだ。おかげで原因が分かって私もすごく安心できた。しかも、今日は下血はなかったので、やっぱりたまたま昨日だけだったようだ。

痛みのほうも、昨日同様、痛くなったときに温灸、マッサージ等で対応することで、なんとか薬を飲まずに今日も過ごせた。でも今ちょっと痛いから、これから寝られるかどうかが鍵になってくる。なんとか飲まずに寝られるといいのだが・・・。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
良かった
下血今日は無かったんだね。良かった。昔から血を見ると大騒ぎするほど嫌いだったしね(笑)
でも原因が分かって良かったよ~。今の状況が分からないってのが一番精神的にも良くないもんね。
痛みどうかな?
朝まで深~く眠らせてあげたいよ・・・
2006/04/27(Thu) 23:43 | URL  | akko #-[ 編集]
ひとまず安心だね
今頃は眠っていてくれればいいなあと思います。
痛みに闘いながらのブログ更新、ホントおつかれさまです。
このブログを求めてる人たちが、たくさんいるんだね。
2006/04/27(Thu) 23:57 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
よい願い
強い中心、心身私の友人
2006/04/28(Fri) 00:35 | URL  | カール #-[ 編集]
ふれあい
マッサージの効果、お母さんやお父さんに、してもらう事でupしているはず。自分に一番近いDNAだから、細胞が共鳴するの。家族に会ったら触れ合って!お母さんと手を握りあって、細胞が喜んでいる状態をみづきが感じられたら、目には見えない感が鍛えられるかも・・・と思ってます。
2006/04/28(Fri) 01:39 | URL  | yuko #-[ 編集]
よく眠れたかしら。。。外は爽快な青空、元気だしていこう!!!太陽の光も細胞を元気にしてくれるんだよ。お日様をいっぱい浴びて、元気になろう。それから、昨日の私のブログにも書いたけど、5本指ソックスが血行を良くしたり、冷え性にも良いみたい。just information です。
2006/04/28(Fri) 08:14 | URL  | もとみ #-[ 編集]
はじめてブログ見させていただきました。去年の年末に母親に大腸がんがみつかり、現在は抗癌剤を飲んでいるところです。食欲がなく、体重も落ちる一方で、何かいい策はないかとネットで探していたところ、みづきさんのブログに出会うことができました。 これからもちょくちょく寄らせていただきたいと思います。苦しいときもあるでしょうが、頑張ってください。大声出して笑って余命なんてふっとばせるといいですね。
2006/04/28(Fri) 10:58 | URL  | タマ #AEC3E4G2[ 編集]
タマさんへ
みんな!コメントありがとう!!そしてタマさん、はじめまして。お母様が大腸ガンですか。ブログにも書いてあるように私は抗ガン剤とは決別しました。それが最善かどうかは分かりません。でも少なくとも人間らしい生活ができることは保障します。でも何よりも大切なのは、自分が信じられる治療に専念することだと思います。それが抗ガン剤ならそれでいいと思います。食欲がなくなるのはあまりよろしくないですね。私の持論ですが、やっぱり人間食べられなくなったら終わり、という気がしています。私は主人以上に食欲があるぐらいです。お母様が快方に向かわれることを心よりお祈りします。少しでも私の情報がお役に立てれば幸いです。
2006/04/28(Fri) 22:12 | URL  | みづき #-[ 編集]
タマさんへ
みづきの夫です。皆さん、いつもみづきの事を心配して戴き、ありがとうございます。このように心配してもらえる友人に囲まれてみづきはとても幸せだと思います。

タマさん、はじめまして。
お母様のご病状、とても心配ですね。書き込まれたお話から、恐らく術後の再発・転移抑止のためのTS-1の投与かと推察されます。それであれば、やはり徹底した玄米菜食(マクロビオティック)での食事改善、適度な運動(1日1~2時間程度の散歩)、ヨガやアロマテラピー等を取り入れた心の安定の3本柱での療養も視野に入れるのも良いかも知れません。私は癌の克服のためには、これら3つが欠かせないと考えています。原発巣切除後で転移が無い状態であれば、もしかしたら抗がん剤より効果があるかも知れないと思います。特に副作用で体力低下が著しい場合であればやってみる価値があるかも知れません。勿論、これらの3本柱と抗がん剤と併用するのも選択枝のひとつだと思います。

タマさんも私と同じような立場で、大切な人が辛い状況に置かれ大変な心労もあるかと思いますが、前向きに頑張ってください。
1日も早くお母様が元気になる事をお祈りしています。
2006/04/29(Sat) 00:40 | URL  | しん #1hOCyczQ[ 編集]
感激。
みづきさん、そして旦那さま、お返事ありがとうございます。うん。うん。うなづいて読ませていただきました。そうですよね。人間、食べないと駄目になっちゃいますよね。母は、癌を切除しましたが、リンパのほうに転移がみられました。抗癌剤を1年飲み続け、ちらせてしまおう。ということらしいです。
私は母と現在離れて暮らしているため、週のうち2回ほどしか会いにいけませんが、家の中にこもりがちな母を散歩に連れ出しています。
1歳になる私の子供の顔を見ると気がまぎれる。食欲も少しでてくる。と言いますので、できるだけ会いにいき、少しでも栄養がとれるようにしたいと思っています。色々とアドバイスありがとうございました。とても心強く、嬉しかったです。
2006/05/01(Mon) 16:36 | URL  | タマ #I5FBvI8g[ 編集]
がんばれ!!
2006/05/01(Mon) 20:11 | URL  | あつこ #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック