西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

今朝は朝から大騒ぎ! はてなブックマークに追加
2008年04月12日 (土) | 編集 |
080412.jpg
母のいとこがヒーリング系のCDをくださいました。スペイン語のヒーリングミュージックというのも良いものですね。

今日は特にブログを書く予定は無かったのですが、急遽大きなトピックが出てきましたので、タイムリーにご報告しておいた方が良いと思い書く事にしました。毎日の更新を楽しみにしている方にとっては、話題が提供できてかえって良かったと思います。今朝は朝から大騒ぎを起こしてしまったのですが、内容は転倒騒ぎです。昨晩は久し振りにぐっすり眠れ、朝9時20分からのリハビリに向けていつも以上に快調な滑り出しを見せておりました。朝7時半の定例のウオーキングを終え、病棟キッチンの冷蔵庫から私物のカフェオレを部屋に持ち帰ろうとしていた時でした。点滴棒が冷蔵庫をのドアをあけるのに少し邪魔していたので点滴棒をずらそうとしたところ、一瞬の気の緩みで腰の力がふっと抜けそのまま倒れて後頭部を強打してしまったのです。もう防ぎようもない単純な不幸な事故でした。確かに私の筋力の弱さが原因だったという見方もありますが私はそうは思っていません。まさに普通の人でも起こし得た事故だったのです。

ここからが面白いのは、後頭部を強打して仰向けになって倒れていた私は、先ず頭よりも最初に尾てい骨を心配していました(笑)。ようやく長年悩まされていた仙骨付近の鈍痛から解放され尾てい骨問題から解放されていた矢先に、再び尾てい骨を強打してあの痛い毎日を過ごさなければならないのかと思うとたまったもんじゃありません。その次には勿論すぐに頭の事を心配しました。取り敢えず痛みはないけれど血は出ているのかなぁ、かなり強く打ったけど大丈夫なのかなぁ・・・。自分で頭を触る事は出来なかったので血が出ている事が確認できませんでしたが、何となく大丈夫そうな気がしました。仰向けに倒れた状態でそれらのことを数秒のうちに考えた後で、ようやく大きな声で「すいませ~ん。すいませ~ん。」と叫びました。そしてすぐに数人の看護師さん達が飛んできてくださって私の姿を見てビックリ・・・という訳です。直ちに血圧と脈拍を確認してそれについては大丈夫でした。「血は出ていますか」と聞いたら「出ていますと」言われ、ああやってしまったと思いました。それこそ堅い床の上で寝ていたら尾てい骨が痛くなってきたので起き上がって座りました。頭の傷に外科的な処置が必要かどうかを確認するため、当直の内科の先生が来ました。ざっと見た感じでは縫う必要があるかその時は微妙でした。一応頭を強く打っているので脳のCTを撮りに行きました。結果は骨には異常なし、ついでに脳腫瘍はありますかと聞きましたら無いと聞いて安心しました(笑)。

これらの一連の作業を終え取り敢えず部屋に戻り、もう一度縫う必要があるかどうかの確認を別のお医者様にして戴きました。傷口の周りの髪の毛を切ってよく見てみたらやはり縫う必要があるという事になり、先ずは洗髪をして清潔にして血を洗い流しました。その時点では傷口の深さ5ミリ位という事でしたが、実際に局所麻酔をして縫合作業をしていたら、な、なんと傷口の深さ1.5センチ、しかも頭蓋骨ぎりぎりのところまでいっていて、かなり危ない状況だったというではありませんか!!それを聞いてぞっとしたと共に、自分の悪運の強さに感動しました。結局三針縫いました。昔からそうだったのですが、私はかなり悪運が強く今までも何度も窮地を切り抜けてきたのでした。今朝だって近くに鉄のキッチンカートがありましたから、あと数十センチ斜めに倒れていたらそれこそ無駄に顔や手や腰がぶつかって、大怪我こそしなくとも痛みが追加されていた可能性が十分考えられます。それが単純な頭の怪我で済んだのです。

まだ現在は局所麻酔が効いているので何処も痛くないですが、先生の話では今夜あたりジンジンしてくるだろうという事でした。勿論痛ければ痛み止めを使えば良い事なので、痛くて苦しむという事はありませんけども、余計な痛みが増えてしまってまったく嫌になってしまいます。
私が現在懸念しているのは痛み云々という事もそうですが、今回の事によって先生達が必要以上に私の行動を制限してくるようになる事です。家族は単なる事故だという事が分かっているのでその心配はありませんが、歩くときは必ず付き添いが必要だとか再び言われるのが心配です。一応、その事を先生や看護師さん達に聞いたらそんなに強く制限するつもりは無いと言っていましたので、大丈夫だとは思いますけどね。という訳で本日の転倒騒ぎ事件の全容のご報告でした。

それでは、次回またお会いしましょう。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
はーぁ 運が良かったですね ^^
気ぉつけてくださいね。 

      いつも いつも 応援しております



■4月13日AM8;00 追伸 
そういえば 中学生のとき 昼ねしていて トイレに行こうと思い 急に立ち上がり 一気に貧血で目の前が真っ暗になり、完全に棒立ち状態で後ろに倒れ したたか 後頭部を敷居に撃ちつけたことがありました。 体力も あって 血気盛んな15歳の伸び盛りでも そんなことがありましたね。  もし 机の角にでも打ちつけていたら、ただじゃすまなかったろうなとおもいます。

2008/04/12(Sat) 14:05 | URL  | TOSI #N2XizVaE[ 編集]
う~ん・・・どういう転び方をなさったのかはわかりませんが、わたしが家族だったら、先生や看護師さんたち以上に心配するような気がします・・・いくらみづきさんが「普通の人でも起こし得た単なる事故」だと主張しても。
ご病気で体力が落ちている状態なのだから、普通の人より転びやすいのは仕方がないのでは・・・。十分気をつけられているとは思いますが、病院内での転倒はとても怖いですから、過信は禁物です。言い過ぎだったらごめんなさい。
夜にもあまり痛みが出ませんように。
2008/04/12(Sat) 14:38 | URL  | カメロン #-[ 編集]
上のコメント同様、どうして「普通の人ーーー」と言える根拠はなんですか。
2008/04/12(Sat) 15:58 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
大丈夫ですか?
痛かったでしょう・・・。
今日はできるだけ術後ですしゆっくりお過ごしくださいね。
頭の検査の異常が見つからなくて安心いたしました。

明日はいいことがありますように!!
2008/04/12(Sat) 16:51 | URL  | saorin #-[ 編集]
根拠なんて必要ないとおもいますね。
そのポジティブなキモチがみづきさんなんですから。
私の妻も子宮と大腸を全摘出しているので家族の気持ちは少しばかり理解できますが、やっぱり心配ですよね。

次回の更新を楽しみにしています。
2008/04/12(Sat) 17:37 | URL  | よしお #-[ 編集]
ひぇ~~~。みづきさん気をつけて~。とにかく大事に至らなくて良かったです。でも縫ったんですよね、
お大事にしてください~!!!!!!!
2008/04/12(Sat) 18:03 | URL  | トム #-[ 編集]
「普通の人でも」は私も気になりました。
でも、根拠のない断言はみづきさんの得意技ですから、みづき節復活ということでのでしょう。
病院としては、治らないと考えている人に、無闇に規制をかけないと思います。
もう一度転倒したら、規制するかもしれないですが。
家族としてはものすごく心配ですが、好きなようにさせたいという気持ちも強いので、複雑でしょうね。
2008/04/12(Sat) 18:57 | URL  | * #-[ 編集]
みづきさん、とりあえず治療が出来る程度のけがで好かったですね。よく言われることですが、1週間ベッドで寝たきりだともう歩くのも大変になると。その点みづきさんは長い間ベッドでの生活でしたので、油断すると大変だと思います。ゆっくりと体を動かす練習をしていって下さい。でも今度は今日の経験を生かしてきっとはでな転倒はしなくなるように思います。応援してます。あせらずじっくりと。。
2008/04/12(Sat) 20:13 | URL  | kh #-[ 編集]
後ろへガチンと行きましたか。
危なすぎますね。

私の貧血では、貧血が起きた時、つい立っていようとしてしまいますが、クラクラ来たら、まずしゃがみ込む、そうすべきだと思ってます。
でも、それが本能なのか、壁を支えにしてでもつい立っていようとしてしまうんですよね。倒れるものかと。
意識が戻ってくると腕が痛かったりします。たまにですよ。

一瞬の気のゆるみで、となると違うのですが、みづきさんも、アララとわかるようなものでしたら、まずしゃがむことを意識してくださいね。貧血という意味ではなく、体調的に前兆が分かるものでしたら、という意味ですけれども。
2008/04/12(Sat) 20:28 | URL  | yas #Nc2AnN8g[ 編集]
筋トレで鍛えるのは時間がかかるのに、ちょっと入院して拘束されてると、あっという間に筋力落ちちゃいますよね。 私も10時間の手術+2日間集中管理の後、始めて自力でトイレに行くときは立ち上がっただけで、よろけました。ベッドに倒れたので怪我はしなかったけど、毎週ジムで鍛えていたのになあと残念でした。

ついでに脳腫瘍が無いとわかって、ちょっと良かったですね。今頃、痛みが出ているかもしれないけど、痛み止めのお代わりしてくださいな!
2008/04/12(Sat) 20:34 | URL  | アンズ #-[ 編集]
みづきさん、ファイト!
>上のコメント同様、どうして「普通の人ーーー」>と言える根拠はなんですか。

このコメントを書かれた匿名希望さんは、
みづきさんが大変な状況の時に、
前回も意地悪なコメントをされていましたよね。

みづきさんが、あれほどまでに大変な状況の時に、
ここまで非情な文章をみづきさんに送るとは、
私としては、とても人間のすることだとは思えませんでした。
文章の書き方で覚えていらっしゃる方も多いと思います。
そのコメントには嬉しいことに、誰も反応していませんでしたが・・・。

みづきさんは、大変な意識の中、
ブログを更新されているのですから、
そういう方がひとりでもいることを、
このブログを訪れている恐らく
99%の方は本当に残念に思っていると思います。

そういったことは、どこかで自分を不幸に思っていたり、
自分に強い劣等感があったり、
人として成熟していない人間のすることですので、
そんなことにもめげずに前向きにブログを更新しているみづきさんを、
私はこれからもすっと応援して行きたいと思っています。
少なくとも、匿名希望さん他数名を除けば、
皆が毎日みづきさんを応援していますよ!

そして、私もみづきさんみたいな素敵な女性になれるよう、これから努力して行きたいと思います☆









2008/04/12(Sat) 21:43 | URL  | KAORI #-[ 編集]
グレングルードの CD大好きです。感想聞ん、まだつきがあるよ。
2008/04/12(Sat) 21:44 | URL  | 匿名希望 #mjLbdPQ.[ 編集]
大事に至らず、なによりでした。でも縫ったというのは大怪我のうちに入りますよね。痛いでしょうに、よくブログを更新できましたね!

数針縫うくらいのケガは笑い飛ばせるパワーがあるんだなぁ、みづきさんはやっぱり心も運も強いなぁと、妙に感心してしまいました。
どうぞお大事になさってくださいね☆゛
2008/04/12(Sat) 23:01 | URL  | suzuki #-[ 編集]
こんばんは~。みづきさん。
話題を提供って・・・^^;ビックリしましたよ~。
でも、そのぐらい元気だと大丈夫みたいですね。
何でも無いところで、転んでしまったりあるもんね。
私も顔をぶつけて、痛いなぁ~なんて思ってたら、家族に「まぶたの所、血が出てる~。」と言われ、痛み倍増~^^;病院で、ちょこっと縫いました。
何が起こるか分かりませんね。

みづきさんの傷や、痛みが良くなりますように!!!

2008/04/12(Sat) 23:31 | URL  | あきちゃん #8iCOsRG2[ 編集]
更新していただきありがとうございます。
頭の痛みはもう大丈夫ですか?ゆっくりとした日曜日をお過ごし下さいねv-522

2008/04/13(Sun) 00:19 | URL  | コスモス #CX5fjf.c[ 編集]
こんばんは。お久しぶりです☆

そんなことがあったのですね!
でも大事には至らなくてよかったですね(^^;
私は、ごく近所の道で転び、たまたま転んだ側に重ねて置いてあったトタン板で、みづきさん以上にぱっくりと切って大流血してしまったことがあります。傷口を見た母は失神しましたし、結局7針縫いました。
転ぶときは転ぶし、そばに何かあるときはあるんですよね(;_;)でも、少しでも痛みは軽減するにこしたことはないので、これからは周囲のものには気を付けてくださいね。

素敵な日曜日を!!
2008/04/13(Sun) 00:38 | URL  | カオリ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/13(Sun) 01:14 |   |  #[ 編集]
みづきさん、こんにちは。

頭の傷、縫ったとはいえ大事にならないで本当によかった(^^)
上記のコメントにもありましたが、
あぶない!と思ったら「しゃがんで」下さいね。

本来なら、自己中になってもおかしくない状況の中、
プログを読んでいる我々に対して思いやりをくださり
ありがとうございます。

「みづきさんが心穏やかに過せますように」と
今日行ったお不動さまにお願いしました。

みづきさんは、周りに気を使う方だと思いますが、
みづきさんの周りの方に迷惑が掛かるかも・・・
と思わずに、思いっ切り自分のやりたい事
言いたいことを言ってください。
我々、プログを読む立場にも、言ってください。

以下は、食道がんの方のプログを読んで私が感銘した詩です。
みづきさんとみづきさんのご家族、友人、プログで出会った全ての方達へ
----
病気になったら

病気になったら どんどん泣こう
痛くて眠れないといって泣き
手術がこわいといって涙ぐみ
死にたくないよといって めそめそしよう
恥も外聞もいらない
いつものやせ我慢や見えっぱりを捨て
かっこわるく涙をこぼそう
またとないチャンスをもらったのだ
自分の弱さをそのまま受け入れるチャンスを

病気になったら おもいっきり甘えよう
あれが食べたいといい
こうしてほしいと頼み
もうすこしそばにいてとお願いしよう
遠慮も気づかいもいらない
正直に わがままに自分をさらけだし
赤ん坊のようにみんなに甘えよう
またとないチャンスをもらったのだ
思いやりと まごころに触れるチャンスを

病気になったら 心ゆくまで感動しよう
食べられることがどれほどありがたいことか
歩けることがどんなにすばらしいことか
新しい朝を迎えるのがいかに尊いことか
忘れていた感謝のこころを取りもどし
この瞬間自分が存在している神秘
見過ごしていた当たり前のことに感動しよう
またとないチャンスをもらったのだ
いのちの不思議を味わうチャンスを

病気になったら すてきな友達をつくろう
同じ病を背負った仲間
日夜看病してくれる人
すぐに駆けつけてくれる友人たち
義理のことばも 儀礼の品もいらない
黙って手を握るだけですべてを分かち合える
あたたかい友達をつくろう
またとないチャンスをもらったのだ
試練がみんなを結ぶチャンスを

病気になったら 必ず治ると信じよう
原因がわからず長引いたとしても
治療法がなく悪化したとしても
現代医学では治らないといわれたとしても
あきらめずに道をさがし続けよう
奇跡的に回復した人はいくらでもいる
できるかぎりのことをして 信じて待とう
またとないチャンスをもらったのだ
信じるよろこびを生きるチャンスを

病気になったら 安心して祈ろう
天にむかって思いのすべてをぶちまけ
どうか助けてくださいと必死にすがり
深夜 ことばを失ってひざまずこう
このわたしを愛して生み 慈しんで育て
わが子として抱きあげるほほえみに
すべてをゆだねて手を合わせよう
またとないチャンスをもらったのだ
まことの親に出会えるチャンスを

そしていつか 病気が治っても治らなくても
みんなみんな 流した涙の分だけ優しくなり
甘えとわがままを受け入れて自由になり
感動と感謝によって大きくなり
友達に囲まれて豊かになり
信じ続けて強くなり
自分は神の子だと知るだろう
病気になったら またとないチャンス到来
病のときは恵みのとき


この上に載せた言葉は、神父の晴佐久昌英さんの言葉で、
「病気になったら」と言う言葉です

------

2008/04/13(Sun) 03:50 | URL  | れお #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/13(Sun) 10:04 |   |  #[ 編集]
みづきさん、今日も(正しくは昨日も、ですね)メッセージありがとうv-22

後頭部を強打して血が出たとか、頭蓋骨ぎりぎりとところまで深い傷を負ったとか、読んでいくと怖いことが書いてありましたが、ブログ開いたら出てきた、いつもより長いメッセージを見たときに、
今日は元気そう!v-91v-238という空気を感じたので、なんとなく安心して読みました。次のメッセージに、「痛くて大泣きしました」とか書くことになりませんように!と願いつつも、”タイムリーに報告”だなんて、やっぱみづきさんって、転んでもタダでは起きない人なのね、と、感心しました。

しかし!お大事にしてくださいね。
そして、動けるようになったら、ぜひ、気をつけてリハビリがんばってくださいね。
2008/04/13(Sun) 22:38 | URL  | M #2Zt16Rzk[ 編集]
みずきさん こんにちは~
私は 右の大腸,子宮、卵巣を手術でとりました。みずきさんのブログでとても 勇気をもらっています。 更新をたのしみにしてま~す。
2008/04/14(Mon) 08:03 | URL  | ゆうこ #-[ 編集]
れおさん
「病気になったら」‥‥心にしみました。
みづきさんもそのようにして、すごしているのですね。  ‥病気になったらまたとないチャンス到来‥ 私も前向きになれそうです。
 ありがとう れおさん
 ありがとう みづきさん!!
 
2008/04/14(Mon) 15:06 | URL  | Ran #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/14(Mon) 17:40 |   |  #[ 編集]
みづきさん、この記事への2度目のコメントです。

やっぱ、麻酔が切れたら痛かったのでしょうね。ずっと痛い状態なのかな・・・。

以前は、ブログを開いたときだけ、みづきさんのことを想っていました。でも、最近は、生活の中で、みづきさんを想うことが多くなりました。外出して、電車の窓から桜を見たときだとか、どこかの病院の前を通ったときとか・・・。

待ってるからね。

2008/04/15(Tue) 14:34 | URL  | M #2Zt16Rzk[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可