西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

膀胱が完全に死んでしまいました はてなブックマークに追加
2008年04月11日 (金) | 編集 |
080411.jpg
うちのオフィスのスタッフから貰った縁起物グッズとストラップです。

ここのところ明るい話題が続いていましたので、今日は暗い話題です。今週初めに微かに残っていた私の膀胱の感覚も数日であっという間に無くなってしまいました。折角少しずつ訓練していけばと前向きに考えていたのに、そのチャンスも与えてもらえませんでした。腎臓の時の悪化ぶりももの凄いスピードでしたが、今回の膀胱もそうで、泌尿器系の恐ろしさを思い知らされました。したがいまして結局、常時導尿の状態となってしまい、現在管を二本付けています。

ただここからが問題なのは、緩和ケア科の先生からの説明では一日何回も導尿するよりは常時導尿のほうが感染症のリスクが少ないという説明だったのでそうしたのですが、昨日の泌尿器科の先生の説明ではまったく逆だったのです。一応泌尿器科の先生の方が専門なので私としてはそちらを信じているのですが、まったく逆の見解というのは非常に困惑します。
現在私は割と体が自由に動かせる状態なので、泌尿器科の先生から自己導尿の練習を勧められました。そのほうが感染症のリスクも減るし、バッグを二つ提げなくても良くなるので生活が少し楽になるのではないかという理由からです。自己導尿の唯一のデメリットは、一日4~5回必ず決められた時間に行わなければならないという事です。それはかなりのデメリットだと思うのですが、まあとにかく感染症のリスクを下げる事が一番の目的ですので、また練習できる時に取り敢えずやってみようと思っています。
ちなみに私のイレウスの方ですが、なかなかうまく事が運びません。こちらも膀胱同様、腸の動きが完全に止まってしまうのかなぁという感じが少しずつしてきています。それだけは本当に本当に避けたいんですけどねぇ・・・。

それでは、次回またお会いしましょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、みづきさん。
膀胱の事、残念でなりません・・・
腸には、頑張って欲しいです。
楽しいリハビリをして、腸の動きが良くなると良いですね。

良くなるように、いつでも祈ってますよ。v-22
2008/04/11(Fri) 11:45 | URL  | あきちゃん #8iCOsRG2[ 編集]
更新嬉しいです。
冷静に分析されている文を読むと、ほっとします。みづきさんは健康な精神と明晰な頭脳に恵まれています。このブログも同じ病気の方の参考になっているかもしれません。
どこにいても社会に貢献しているみづきさんだと思いますe-143
2008/04/11(Fri) 13:37 | URL  | コスモス #CX5fjf.c[ 編集]
自己導尿もなれるまでは大変でしょうが、みづきさんのことです。きっとうまくできるようになると思います。リハビリで嫌なことを考えない時間を大切になさって下さい。
2008/04/11(Fri) 19:43 | URL  | kh #-[ 編集]
どんな困難も、ひとつひとつきちんと分析し
ほんの少しの希望を見つけてつきすすむ・・・
そんなみづきさんを心から尊敬します。

みづきさんは私の憧れですv-22
大好きです!!ほんとーにだいすき!(^^)!
みなさんから愛されるのが何故なのか
よくわかります。

ブログ、今日も更新してくれて
ありがとうございます。。。
今日もみづきさんに会えてうれしかったですv-22
2008/04/11(Fri) 20:42 | URL  | ゆっこ #-[ 編集]
http://www1.cds.ne.jp/~room/usagi/yourvoice/haisetsusyougai.html
術後、後遺症として、排尿・排便障害が起こる事もあるようですね。上記掲示板では、子宮がんの手術後の障害のようです。

尿意を感じなくなって来たという神経障害のタイミングが、腎ろう造設からでしたら、腎ろうの影響、後遺症かもしれない、と一度は考えてみても、良いかと思います。

医師の言うように、「当然治らないし悪化していくのみだろう」というのが、現実的にはそうだとしても、その言葉の前提となる、直接の原因が思っているのと違うかもしれませんから。
2008/04/11(Fri) 21:43 | URL  | yas #Nc2AnN8g[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/11(Fri) 22:44 |   |  #[ 編集]
今日もみづきさんの日記が更新されていて嬉しかったです。
しかし・・・膀胱のこと。。。
やっぱり悲しかったです。
みづきさんのおっしゃるとおり感染症が一番怖いのでそれを回避できる最善の方法を選んでくださいね。

それにしても・・・お二人の先生の意見が違うのは困惑してしまいますね。

明日もリハビリで少しでも癒される時間をお過ごしくださいね。
ずっとずっと応援しています!!
2008/04/11(Fri) 23:28 | URL  | saorin #-[ 編集]
私も切迫流産の時に尿管を確か1W程つけていたんだけど、つけている間は排尿の感覚はなかったよ。はずしてから数日も感覚がおかしかった記憶があります。私と一緒にしてはいけないとは思うけど、コメントにあるように術後の排尿障害とか、いろいろ考えられるかもしれないし、気を落とさないでね。
2008/04/12(Sat) 00:18 | URL  | miwa #-[ 編集]
膀胱の件は、残念ですね。
導尿は間欠のほうがいいと聞いたことあります。
そのほうが膀胱機能の回復に役立つし、血流低下や感染もふせげると。

イレウスもやっかいですね。
でもリハビリもされているし、
腸も運動してくれないかしらね。
明日は少しでも改善しますように!


2008/04/12(Sat) 00:32 | URL  | アンズ #bWZdFEcQ[ 編集]
Nさんと過ごすリハビリの楽しい時間が、膀胱にもよい影響を及ぼすようお祈りしてます!
2008/04/12(Sat) 00:33 | URL  | suzuki #-[ 編集]
みづきさん、今日もメッセージありがとうv-22

コメントの冷静さ、文脈の軽快さ・・・と、そこに書いてある内容とのギャップに、言葉も胸も詰まってしまいました。
でも、そのギャップは、そんな状況とは現在無縁の私だから感じる自分勝手なギャップであって、みづきさんはきっとこの文面のように、きちんと受け止めていらっしゃるのでしょうね。


私はフィットネス関係の職業ですが、身体のこと、食事のことでも、いろいろな理論があり、あるときはまったく正反対のことをそれぞれに言っていたりします。
私もみづきさんのように、自分が信じることを実践し、実践してこれだ!と感じることを指導しています。
2008/04/12(Sat) 09:50 | URL  | M #2Zt16Rzk[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可