西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

ベッドに寝たままでコンサートに参加するぐらい調子が悪かった1日でした はてなブックマークに追加
2008年02月29日 (金) | 編集 |
mikikeyholder.jpg
<写真の説明>高校テニス部友人から手作りのストラップをもらいました。

今日ふと気づいたのですが、最近だいたい4日に1回のペースでブログを書いているんですね。基本的には調子さえ良ければ毎日書こうと思っているので、ブログを書ける日は比較的体調の良い日なのですが、そう考えると最近は、3日死んでその後に1日だけちょっと調子が良くなるという日々を送っていることになります。調子が良い日が少なくていやになっちゃいますね・・・。
確かにこの4日間もそうでした。昨日までの3日間はかなり体調が優れず、楽しみにしている3時のコーヒータイムもほとんど顔を出せませんでした。そして今こうしてブログを書いていますが、実際にはついさっきまでものすごく体調が悪く、今日は談話室で金曜日恒例のミニコンサートがあったのですが、とうとうベッドに寝たまま出席するという事態になってしまいました。通常はいくら具合が悪くてもせいぜい車椅子、ベッドに寝たまま参加する方はかなり重症な方が多いので、これにはボランティアの方々もびっくりしていました。私もさすがにぎりぎりまで躊躇していて、参加することを止めようとまで思ったのですが、自分の状態から音楽を聴くことで心が休まる可能性がかなり高かったので、母からの「別に本当に調子が悪くて歩けないんだから遠慮しなくてもいいんじゃない?」という助言も後押しとなり、思い切ってベッド参加することにしました。結果は大成功、やっぱり参加してよかったです。アルトサックスの演奏を聴いている間はとても心地よくかなり苦痛が軽減しました。でも残念ながら病室に戻ってきたとたん、痛みが復活してしまいましたけどね(^^;)。

ところで、実際には便もガスもけっこうちゃんと出ているので、肉体的にはそんなに調子が悪いはずはないんですね。便が出なくてお腹がパンパンだった昨日のほうがよほど肉体的には辛いはずなんです。ですので、今日の調子の悪さは、もちろん痛みやお腹の張りなど肉体的な不調もあるのですが、精神的なものもかなりあったと思います。夜になってやっと精神的にもまた復活してきましたが、今日は久しぶりに精神的に行き詰まり大爆発した日でした。午前中はマッサージ師さんの前で初めて号泣、昼には身体が辛くて主人の前で再び号泣、そして夕方には総回診中に先生たちの前でまたまた大泣きしました。いつもは特に話すこともないので数分で回診が終わるのに、今日は40分も話していました。
しかしこうして号泣したおかげで少し気分が晴れたのかもしれません。やっと夜になって気力が戻ってきました。そして本当は書くつもりはなかったブログを書く気になれたのです。いやー、よかった、よかった。お腹の張りは相変わらずですがさっきよりはましになったし、痛みも落ち着いてきました。明日は歩けるようになるといいなあ。それではおやすみなさい。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
辛いときには沢山泣いて楽しかったり気分の良いときは沢山笑って。。。明日みづきさんに沢山の笑顔が訪れる事祈っています!
2008/02/29(Fri) 23:15 | URL  | トム #-[ 編集]
そうですね 思いっきりないて 思いっきり笑って!

いつでもみんな 応援している   
2008/03/01(Sat) 00:20 | URL  | TOSI #N2XizVaE[ 編集]
泣くのは恥ずかしいことじゃないですから、じゃんじゃん泣いちゃいましょう。泣くとストレスホルモンが涙と一緒に流れ出てすっきりできると聞いたことがあります。
みづきさんが気分よく歩けますように。
2008/03/01(Sat) 00:24 | URL  | suzuki #-[ 編集]
泣いて思いっ切り発散して精神的にスッキリしてよかった♪

私はプログを通して祈っていますが、
現実に接している方々に感謝!
2008/03/01(Sat) 02:32 | URL  | れお #-[ 編集]
みずきさん、
一日泣いて、そしてブログを書いてくださったんですね。

私も含めて皆さん色々な問題を抱えていると思うけどみずきさんの”姿勢”に励まされてる方が沢山いると思います。
本当にありがとう!
毎日みずきさんの回復を願っています。
2008/03/01(Sat) 08:02 | URL  | くるまえび #C/.X717w[ 編集]
今を乗り越えて、みづきの苦痛がどんどん和らい
でいくように心から強く強く念じています。
2008/03/01(Sat) 08:21 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
いっぱいいっぱい泣いて、怖いこと痛いこと不安なことを吐き出してください。
いつも前向きでなくたって、しっかりしていなくたっていいんですよ。

祈ることしかできないけれど、祈っています。
2008/03/01(Sat) 10:05 | URL  | サポーター #-[ 編集]
おはようございます。みづきさん。
いっぱい泣いて、すっきり~^^
穏やかな感じが伝わります。

手作りのストラップ春らしくいいですね^^
しかも、四つ葉ですね。
良いことがありますよ~v-22

痛みも、やわらいでいるようで何よりです。^^
痛みやお腹の張りが、ずっと無くなりますようにv-22
2008/03/01(Sat) 10:56 | URL  | あきちゃん #8iCOsRG2[ 編集]
泣くことが一番のストレス発散
私も最近経験的に感じていることですが、泣くことはストレスを発散できて心身にいいことだと思います。もちろん泣いてすっきりししたあとで笑えることがあればさらに免疫力も高まると思います。今まで非常にいたくてつらいとき、みづきさんは、我慢しすぎていたのです。前向きな姿勢はすばらしいけど、泣くことだって大切だと思います。
 それからベットで寝たままコンサートに参加することだって全然悪いことではないし、体調の悪い人のためのコンサートなんだから演奏する人も張り合いがあるというものです。これ以上そんな遠慮をすることはなさらないで下さいね。
2008/03/01(Sat) 13:43 | URL  | kh #JalddpaA[ 編集]
織田哲郎の「いつまでも変わらぬ愛を」。
サックス繋がりということで。。
http://jp.youtube.com/watch?v=gRwzzxvu6F8
普通の恋愛の歌だと思っていたのですが、お兄さんの為に作った曲だそうですね。それを知った上でこの曲を聴いたとき、涙が出ました。
2008/03/01(Sat) 14:31 | URL  | yas #Nc2AnN8g[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/01(Sat) 18:38 |   |  #[ 編集]
どんどん泣いて!辛い気持ちを貯めないで!そんな、自分に正直なみずきを応援しているよ。
2008/03/01(Sat) 20:22 | URL  | junko #-[ 編集]
ブログの更新嬉しいです。
いっぱい泣いてもいいと思います。
本気で本音で生きる!!
2008/03/01(Sat) 23:57 | URL  | コスモス #-[ 編集]
ずっとみずきさんのブログを見守り、ときおりコメントも書き込ませていただいている者です。

ちょっと私事をお話させてください。
私は5年前に子宮がん、3年前に卵巣がん(ステージⅢc)になり、復職してから2年が経過します。
外資系勤務ですが、かなり福利厚生がしっかりしており、2年経過した今でも毎月産業医との面談があり、復職当初の半日勤務から始まり今はフルタイム、残業規制(月20時間まで)に復活しました。

毎月の産業医面談で身体状況と相談しながら勤務上の相談にのっていただくのですが、とても人柄の良い先生で気を許しているせいか数回話している途中で感情が爆発してしまい泣いたことがあります。

復職した後も闘病は続いていましたし、後遺症(リンパ浮腫)の悩みや、仕事のプレッシャー(家計は自分が支えているので働く必要があります)、モロモロあって、仕事が続けられること自体恵まれているというのは分かるのですが、最初の発病から5年間、長い戦いの病気ですから、やはり疲れてしまうんですよね。。。

私はステージが進んだガンの場合、慢性疾患、全身病だと考えているので長い時間付き合っていくことになります。
ですから、みずきさんのように思わしくない状況が続けばいい加減、気持ちがもたなくなるときがあるのは当然です。
私も大泣きすること、他の人に気持ちを聞いてもらうことで精神的に助かってきました。
そういうときは抑えるなんてできないですしね。休にこみ上げて爆発してしまうという感じで。

今は病気なんですからそういう自分を許してあげてください。みずきさんは自己抑制が強い傾向の人のようにお見受けするので、甘えすぎなんではとか考えたりしそうなんで。

応援しています。
2008/03/02(Sun) 11:42 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
 しばらくひどい痛み苦しみが続いたので、体が疲れてしまっているのですね。
 思い切りやすんで、気力充実できるとよいのですが・・・。
 体を休めることが先決だと考えて、うまく薬ともお付き合いしてくださいね。
 回復をお祈りしています。
2008/03/03(Mon) 12:17 | URL  | しふりん #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可