西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

食事が開始されました はてなブックマークに追加
2008年01月31日 (木) | 編集 |
rukashoku.jpg
<写真の説明>これがルカ食です。左から時計回りにプレーンヨーグルト、洋風スープ、バニラアイス、プリン、そして真ん中のはココア味の葛湯

今日で入院してから6日目ですが、今回は栄養の点滴をしていないのでまったく栄養をとらずの状態で6日間を過ごしたことになります。先生からはジュースを飲んでいいと言われていましたが、ほとんど市販のジュースは飲んでませんので糖分もほぼゼロ、人参ジュースと水とびわ茶だけで今日まで過ごしてきました。さすがに体重は2kg減りましたが、それでも人間そんなに体力は落ちないものですねー。
ところで炎症が完全に治まったかどうかは確認されていないのですが、先生の腹部の診察および高熱が発生していないこと、それとなんといっても私の強い希望により(^^)、本日の昼食から食事が開始されました!やはり人間調子が良くなってくるとお腹がすくもの、今まで以上に空腹感が強くなり、だめもとで先生にお願いしてみたところ、意外とあっさりOKになりました。

それにしてもここの食事システムというか種類の多さには良くも悪くもびっくりですね。写真の食事はルカ食といって、聖路加=St. LUKA=ルカ、つまり聖路加食ということになりますが、ご覧の通りほとんど食事というよりはデザートのオンパレードのようなものです。本当はルカ食はもっとお豆腐とかサラダとかも選べるのですが、私が水分系のものしか許可されていないのでこのようなメニューになってしまっただけなのですが、これがリックAよりグレードが低いとは到底考えられません。ちなみにリックはLiquid=液体ですので、ほとんど水のような食事ということになります。忘れてしまった方は去年の11月1日の記事をご覧戴きたいのですが、1日の写真はリックAよりグレードが上がったリックBで、Aはだいたいいつも具のない味噌汁か清汁と葛湯の2品、よいときでも3品しかありませんでした。それなのにこのルカ食は5品も出てきて、さらに1食だけは6品出てくるのです。つまり最大3食分で16品まで選べるのです。ただあくまでも「最大」なので、人によっては数品しか選んでいない方もいらっしゃいますが、当然私は最大まで選び、6、5、5品という感じで振り分けました。私はなるべく「食べる系」のものを選んだのでこんなおやつみたいなものばっかりになってしまいましたが、私に許されている範囲内でのこれ以外の選択肢としては、コーヒー紅茶、飲むヨーグルト、りんごジュース、具のない味噌汁、ゼリー等々があります。

でも繰り返しになりますが、これがリックAより先に始める食事と誰が考えられるでしょうか?しかもサラダを選べる人もいるので、そう考えるとますますおかしいですよね。それにこんなすばらしい食事があるのだったら、前回もルカ食から始めたかったですよぉーーーー。まあでも恐らく今回はそんなわけで、ルカ食の次はAに行くのではなく、一気にキザミ食とかになると思います。というかもしそうでなければ、私が断固として主張いたします!!(笑)
今日の昼食だって、本当は週明けの予定だったのを、先生がアイスだったら食べていいとおっしゃった後、自分で「あ、そっか、アイスだったらルカ食を始めてもいいか」と言い出して開始に至ったわけですから。やっぱり先生は治療のことを最優先に考えますから、けっこう食事のタイミングって後回しにされがちなので、患者さんが主張するとけっこうあっさりその主張が通ってしまうことが多いです。私も最近ようやくそれが分かってきたので、食事に関しては自分で管理するようにしています。週明けと今日から開始では雲泥の差ですものねー。本当に今日お願いしてよかったぁー。それにしてもこの病院には今回のように豊富な食事種類がありそうですから、まだまだ知らない隠し玉がありそうな気がしますね(笑)。実は時折見かけるペースト食というのが気になっているんです。実物を見るとその名の通り全部ペースト状のものしか出ていないのですが、つまりは私が現在食べているのはペーストみたいなものなので、いったいどこが違うのだろうかと・・・。もしかしたら本来のおかずをペースト状にしたものの可能性があるので、もっとおかずを食べている気になれるかもしれません。うん、そうだ、早速あとで看護師さんに確認してみようっと。ルカ食は確かにおいしいですが、毎食アイスとかプリンばかりなのでさすがに甘すぎて飽きる可能性があります・・・。それに入院中は思い切って諦めていますが、私の本来の食事療法からすると最悪な食品ばかりなので、少しでもそれを避けなければなりません。

まあそんなわけで本日から食事も開始され、私のQOLは一気に急上昇、そのせいもあるのか体調もいつになくよかったです。これでもう少し便がちゃんと出てくれるといいんですけどね。でも今日はまあまあ出たので、自分としてはかなり満足な一日でした。だいぶここの生活を楽しめるようになってきましたし、明日は節分のイベントがボランティアさんによって開催されます。豆まきを実際にするかどうかは分かりませんが、福豆茶が提供されるようで、母も私も楽しみにしてましてぜひ参加しようと思っています。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/01(Fri) 00:29 |   |  #[ 編集]
(ノ´∀`*)こんばんわ!ヒロです!
お食事の写真!結構美味しそうですね!
(;゚∀゚) 俺の今晩のメニュー(納豆、豆腐だけ)
より全然 いい(≧∇≦)b

さてまた癒されFlash続編です!
(;゚∀゚) もしかしたら入院中なのでまだ
動画とかみれないかもしれないのですが
そのときは退院したら、前回のも含めて
ぜひ拝見してくださいな!

http://nosmoking.sakura.ne.jp/log/eid1029.html
夢の中へ3

http://www.geocities.jp/ningen_iinya/iinya.html
人間っていいな!

2008/02/01(Fri) 02:30 | URL  | hiro0304 #-[ 編集]
文章に少し笑みが出ます。ホッとした部分が大きいからでしょうけど。

医大などの研究から発表されているガンに有効な成分。食事によって摂れるものも有るでしょう。癌細胞に効果的に届くかは分かりませんが。。届いて欲しいですけど。

昨日みづきさんにメールでお知らせした京都府立医科大学の研究報告です
http://www2.kpu-m.ac.jp/~pubmed/ganbunsi.html
他の方の参考になればと、こちらにも貼っておきます。
現在は研究が始まったばかりの治療法のようですので、ほぼ、ただの「情報」になります。

昨年11月、p53抗体測定が乳がん、大腸がん、食道がんで、保険適用になったようですね。現在は腫瘍マーカーとしての測定ですが、いづれは、治療法選択にも活かされるのではないでしょうか。
2008/02/01(Fri) 08:06 | URL  | yas #Nc2AnN8g[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/01(Fri) 11:44 |   |  #[ 編集]
ペーストはほうれん草の裏ごしとか桃のピュレとかが思い浮かんじゃうけど、それは離乳食だね! 離乳じゃなくて離床食、お願いしますって。

節分のイベント、楽しかったかしら?
私は昨年、病院でクリスマスの聖歌隊合唱を聞きましたよ。
2008/02/01(Fri) 14:31 | URL  | アンズ #bWZdFEcQ[ 編集]
病院食のレベルが高く驚いています。
2008/02/01(Fri) 17:55 | URL  | コスモス #X.Av9vec[ 編集]
いいなあ
私が大腸がんの手術で入院したときも流動食から始まりましたが、固形物が食べられるようになっても、毎日、豆腐とさわら(魚)でした。
3ヵ月後に腹膜膿瘍で入院したときも、同じメニューでした。
病院の食事評価ブログって、あると楽しいかも(笑)
2008/02/01(Fri) 22:09 | URL  | gueroguero #-[ 編集]
こんばんは、みづきさん
お元気そうで、良かったです。
節分のイベントでは、鬼と一緒に体の悪い所を追い出してしまいましょう。
2008/02/02(Sat) 16:36 | URL  | あきちゃん #8iCOsRG2[ 編集]
おいしそうです
聖路加ってやっぱりとてもすてきな病院ですね。
2008/02/02(Sat) 21:33 | URL  | suzuki #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/03(Sun) 02:24 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可