西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

なかなか調子が戻ってきません・・・ はてなブックマークに追加
2007年11月26日 (月) | 編集 |
kimuratree.jpg
<写真の説明>入院していたときに仲良くなったKさんからいただいたクリスマスツリー

むくみのほうはだいぶよくなりましたが完全にはなくなっていません。そしてなかなか調子が戻ってきません・・・。パソコンを開く気力もなく、このブログを書くときだけパソコンを立ち上げメールもチェックしているという状況です・・・。歩くことができなくてもせめて身体を起こしている時間が長いほうがいいのですが、本を読む気もTVを見る気も起きず、よって一日中倦怠感でだらだらとベッドに寝ているという毎日です・・・。

でもそんな中、ちょうどよい外出の機会を与えてくれているのが、入院中に親しくなった方のお見舞いです。今回の入院中にAさんとKさんと親しくなったのですが、一日でも顔を見ないとAさんは心配して私の病室に顔を出しに来てくれました。Kさんはお嬢さんがちょうど私と近い年齢で顔や背格好が良く似ていることもあり、わが娘のようにかわいがってくれまして、写真のクリスマスツリーをプレゼントしてくれました。
ちなみにAさんもKさんもいずれも患者さんではなくご家族の方で、Aさんは75歳、Kさんはたぶん60歳後半ぐらいのおばさまたちです。先日ブログにも書きましたが、入院最初の2週間はほとんど病棟の方たちとの接触がなかった私ですが、病棟内をぐるぐる散歩していてしょっちゅう顔を合わせているうちにお話をするようになり、退院までの2週間はほとんど毎日のように彼女らとの井戸端会議を楽しんでいました。
井戸端会議では、常に私は彼女らの介護する家族としての愚痴を聞いている状態でしたが、でもおかげで患者同様に家族も同じぐらい大変なんだということが分かり、とても勉強になりました。特に二人の場合、病室に泊り込んでの介護生活をすでに1ヶ月以上しているのですが、二人とも共通して言っていたのは、いくら病院の外へ出るといってもせいぜい聖路加ガーデンのほうへ行く程度で、築地や銀座を散策するわけでもなく、それ以外はずっと24時間病院にいるという生活を1ヶ月ぐらい続けていると頭がおかしくなってくると・・・。お二人ともかなり介護疲れが出てきているようでした・・・。Kさんは便秘になってしまい、しかも胃も痛むようになったと言ってましたが、完全に精神的なストレスから来ているものでしょう。そのぐらい介護も大変なのですね。ですから母が以前私に「みづきと一緒に住もうと思えばできるけど、24時間一緒にいたら絶対に私(母)がストレスで一杯一杯になってしまって、かえって逆効果になる。今のように少し息抜きができる状況にあるおかげで、みづきに元気を与えてあげることができる」と言っていたのですが、本当にその通りだと思いました。短期決戦ならいいと思うのですが、長期戦に挑む場合は、24時間介護する生活は無理だと思いました。ですので、現在の私の家族の私に対する介護体制は、各人がそれなりに自分の時間を持てるようにしてあるのでうまくいっているのだと思いました。早く私がもっと自分で自分のことができるようになってもう少し私の両親の負担が減るともっといいのですが、あともう少しの辛抱ということで、あとちょっとだけ両親には申し訳ないけどがんばってもらいたいと思います。

私は17日に退院しましたが、Aさんは26日に退院すると聞いていましたので、それまでに何度か遊びに行くからと約束をしました。退院直前はものすごく調子が良かったので、毎日でも行けると思っていたのですが、予想外に調子を崩してしまい、毎日どころか1度でも行けるかどうか分からない状態になってしまいました。しかしAさんとの約束があったので、どうしても約束を遵守したかった私は、あまり調子は良くなかったのですが、がんばって病院まで歩いていきました。でも今から思えば、ちょうどよいきっかけでした。恐らくこれがなかったら「まだいいや」と相変わらずだらだと過ごしていたと思うので、ちょうど自分に鞭打つものがあってよかったです。調子が悪いといっても、半分は気分的な甘えもあったので・・・。そんなわけで土曜日にAさんとKさんと久しぶりに再会してきたのですが、残念ながらAさんの退院は延期になっていました。

今日は今日で、まだ調子は良くなかったのですが、これまた無理やり「正しい血圧測定の仕方」という講習会に申し込んであったので、それに参加するために病院に行ってきました。そしてKさんにも会ってきました。Aさんは残念ながら不在でした。
このように今は無理やり外出する機会がないとなかなか散歩に出られない状況ですが、まあ焦らず、でもなるべく早いうちにまた毎日散歩に出られる生活ペースを取り戻すようにしたいです。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
たしかに24時間いっしょだと 疲れてしまうだろうね。息抜きは大切だと私も思います。

 ところで夜間は、オイルヒーターというのがいいみたいです。空気を汚さずホンワカ室内を一晩中やさしく暖めてくれます。多分デロンギっていう外国製が有名みたい。
参考
http://www.electrolux.co.jp/household/products/EOH1208_1511/index.html
2007/11/26(Mon) 23:12 | URL  | tosi #N2XizVaE[ 編集]
病はみんなで協力して力を合わせて治して行くものですもんね。でもやっぱり一番辛いのはみづきさんを初め病を患っているご本人の方々ですよね。焦らずゆっくり体調を治して下さい!
オイルヒーターは良いですよ~私も使ってます!
2007/11/27(Tue) 00:06 | URL  | トム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/27(Tue) 00:25 |   |  #[ 編集]
みづきさん、初めまして。
2週間前から、拝見させていただいておりました。
私の母が、10月に直腸ガンのステージⅣであることがわかり
手術を受けました。
そして昨日からUFTという抗がん剤治療が始まりました。
母は広島。私は横浜。
この距離がもどかしくて仕方ありません。
でもでも、母にたくさんの笑顔や楽しい話を
届けていきたい、と思っているんです。
みづきさんのこと、私、母を想うのと同時に
この2週間、みづきさんの事も想っています。
今日より明日、明日よりあさって、と、みづきさんも、私の母も
体調が上向きになりますよう願っています。
またおじゃまします。
2007/11/27(Tue) 09:11 | URL  | のんた #-[ 編集]
私は2度目の手術入院のとき殆ど毎日妻に付いてもらっていましたが、介護者の苦労やイライラが分かるので、調子のいい日は帰っていてくれたほうがいいな、と思っていました。ありがたいけども気持ちの負担を感じることもありますね。

暖房の話ですが、オストメイトになって初の冬場を迎えるにあたり、トイレの寒さ対策が気になるようになりました。皆さんはどうしていらっしゃるのでしょう?
私は、今のところ、在宅中は150ワットの電気パネルヒーターを付けっぱなしにしています。

ところで、tosi さん、トムさん、ひどく寒い日でもオイルヒーターは効きますか? 関心はあるのですが、電気代が高くつくと聞いたことがあるので躊躇しています。
2007/11/27(Tue) 17:50 | URL  | まあちゃん #7mlVvgOg[ 編集]
すごく素敵なChristmasTreeですね。
木製のTreeなんてとても暖かみを感じますv-22
退院してしばらくは倦怠感が残ると思います。
主人も退院してから2週間ぐらいはダラ~ンとしてましたよ!
お散歩に出られるようになったら、暖かくしておでかけしてくださいね。
2007/11/27(Tue) 23:00 | URL  | まはろ #iWfHidvU[ 編集]
帰って来られて良かったですね!
病院のほうが居心地がよかったなんて思ったら
だめですよ!
家に帰れるんだもの・・ 負けるな
2007/11/27(Tue) 23:18 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
まあさん オイルヒーターの件
価格.com  のオイルヒーターで検索するとデロンギというメーカーが検索されます(下のURL)
http://search.kakaku.com/ksearch/search.aspx?query=%83I%83C%83%8B%83q%81%5B%83%5E%81%5B&search.x=37&search.y=4

このページの各々の機種(青い文字の型番)をクリックすると口コミということでいろいろな方の感想が記載されています。 参考にしてください。
我が家も子供が生まれたばかりの頃 使用しておりました。 たしか400Wで使用していたと記憶しております、ほんのり暖かいという感じで800wだと寝ている時は 乾燥してしまうように感じました。 なお 夜中は電気料金が割安です。 

質問 ひどく寒い日でも暖かいか?
回答 この件に関しては ◎だと思います。
うちのかみさんは朝方の冷え込みの厳しい時間帯に授乳してました。 
ちなみに一般的な電気製品は1000wで一時間当たり25円程度と記憶しておりますが・・・
2007/11/27(Tue) 23:37 | URL  | tosi #N2XizVaE[ 編集]
だるくて眠い、何もしたくない、そんな時は思いっきり
ダ~ラダ~ラしててよいんじゃないかと思います。
食事もあまりほしくなければ、身体が「いらない」と
いうことでしょうから、食べないほうがいいんですよ、きっと。

お薬の影響もあって身体がうんとがんばっている状態、
というのは本当じゃないかと勝手に思いました。

みづきさんが痛みなく、心穏やかに日々を過ごされ
ますように!
2007/11/27(Tue) 23:40 | URL  | カメロン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/27(Tue) 23:53 |   |  #[ 編集]
両方の立場の経験をした友人の話です。
もう10年以上前の話ですが、事故でかなり大きな怪我をした友人は約2ヶ月入院しました。退院後もしばらく不自由を強いられていました。

その間、お母様は毎日のようにお見舞いに来られ、退院後も日常の買い物などを始め、身の回りのお世話をしてくださったそうです。
お父様も週末にお見舞いに来てくださったり、退院後の通院の送り迎えやリハビリのお手伝いなどをしてくださったそうです。

友人にとって、もちろんご両親の支えは本当にありがたかったのですが、反面、大好きな旅行をキャンセルしたり、お友達と会うこともできなかったりしているご両親を見ていることは、怪我の痛み以上にとても辛かったそうです。

友人の場合は3ヶ月で回復しましたが、ご両親に多大な迷惑をかけている生活がもっと続いていたら、いくら親子とはいえあまりにも申し訳なくて自分の方が耐えられなかっただろうと言っていました。

その友人の大事なお父様が半年程前から入院しています。友人は恩返しの意味も込めて毎週のようにお見舞いに行っています。でも、お見舞いの大変さを知っているお父様はいつも申し訳なさそうにしているそうです。

最初の内は、そんなお父様を見るのが辛いと言っていた友人ですが、病気が長引くにつれてお見舞いに行く自分の心身が正直辛くなってきたと言っています。友人はとても思いやりのある優しい人です。それだけに、お父様のお見舞いを辛く感じ始めている自分にとても自己嫌悪を感じているようです。

ご両親もいつも相手の事を第一に考える温かい人達です。だから病気の身でありながら、お見舞いにくる我が子を気遣ってしまいます。こんな優しい人達がお互い苦しい思いをする病気とは、なんて残酷なのだろうと思います。

みづきさんのブログを読みながら、一番大変なのはもちろん病気のみづきさんでしょうが、ご主人やご両親の疲労やストレスはいかばかりかと心配しています。みづきさんも病気と戦いながら、自分のために少なからず犠牲になっているご家族に対して、大きな申し訳なさをもちろん抱えていることでしょう。

そんな非日常から一日も早く解放されますようにお祈りします。
2007/11/28(Wed) 01:10 | URL  | ベス #-[ 編集]
寒くなりましたよね。出かけるときは、冷えないように。シャワーも良いかもしれませんね。

都内の美術館行きますか?
つき合いまっせ!
2007/11/28(Wed) 01:37 | URL  | yas #-[ 編集]
オイルヒーター
補足情報:オイルヒーターでも乾燥を感じるときは、ぬれたタオルなどをかけておくととてもよい具合に湿気が保たれますよ~。うちも使ってました。デロンギのサイトに載ってたかな?
2007/11/28(Wed) 11:03 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
tosi さん、情報ありがとうございます。

みづきさんのブログを借用する形になってしまいました。みづきさん、ごめんなさい。
最近病院に行くと決まって「風邪を引かないようにしてください。」と言われます。病人に風邪は大敵なのでしょう。みづきさんも風邪を引かれませんように。
2007/11/28(Wed) 11:11 | URL  | まあちゃん #7mlVvgOg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/28(Wed) 12:31 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/28(Wed) 17:36 |   |  #[ 編集]
本当に寒い日が続いています。風邪には本当に気をつけてください。早く調子が整うようお祈りしています。まあちゃんさんへ。私の母は抗がん剤で手足がしびれている為、ふとした瞬間に思いもよらぬところに手をついてしまいます。そしてひどい喘息のためエアコンもNGです。オイルヒーター
はホコリも舞わないしもし手をついてしまってもやけどをする心配がないので重宝していますよ。即効性がないので何かと併用するとよいかもですね。
2007/11/29(Thu) 10:54 | URL  | トム #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可