西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

信じてがんばれという神からのメッセージか? はてなブックマークに追加
2007年07月31日 (火) | 編集 |
sajitomato.jpg
<写真の説明>生まれたときから私のことを知っている実家の近所の90歳近い?おじいさんが、私のためにと自家栽培のトマトを下さった

つい先日痛みのコントロールはついたとブログにも書いたし、私もさあこれからだと前向きになるようにがんばろうとしていたら、もうすでにこの2、3日で痛みのコントロールがつかなくなってきてしまい、私も少々精神的に参っている・・・(^^;)。今までの仙骨の痛みはブロックできているのだが、新しく肛門ぎりぎりの内側あたりが痛むようになり、昨日も今日もほとんど動けずで、昨日はその痛みでかなり寝にくかった。
とくにこの肛門痛は食後に起きることが多いため、最近は必ず食後に1時間ぐらい横になる必要が出てきてしまい、それがまたさらに私の貴重な時間を奪っていく・・・。

このように痛みはちっとも良くならないどころか増すばかりで、外出もままならなくなってきている現状から、じり貧状態という感じがしている私の心は暗い。そしてさらにそれに追い討ちをかけるように先日のCTの検査結果が悪かったので、今の治療法が延命にはかなり効果を上げていることは実証済みだが、やっぱり完治は無理なのかなあなどと、マイナス思考に陥っていく私である・・・。やっぱり完治できる!と思っているのは単なる過信のような気がしてきた。

そしたら今日、私の子宮に異変が生じた。ガンになってからこの1年半、まともな生理というものが1回も来ていないのだが、元々生理不順であったことと卵巣を手術で1つとったためしょうがないということもあり、生理についてはあまり気にしていなかった。それにどっちみち今はこういう状況にあるので、今更子宮がんだと言われても動じないし、どうすることもできない。まあそのうちなんとかなるであろうぐらいにしか思っていなかった。そして体質改善すればガン同様に生理不順も治るであろうから、それでいいと思っていた。

私の場合もうかなり長い間、生理のように大量に鮮血が出ることがなく、だからといってまったく血が出ないというわけでもない、とにかく毎日少しずつ出血があるという状態が続いていた。よってずっと生理用ナプキンはしているという、男の人には分からないと思うが、ものすごく不快な生活であった。それが今日、1年半ぶりに生理のような出血があったのである。つまり、子宮が少しではあるが本来の機能を取り戻してきたようである。私はこの現象を、くじけて不信になっている私に対する、信じてがんばれという神からのメッセージと感じた。日中の倦怠感も夜になったら少し改善したし、ここ最近の不調はたまたまだったのかもしれないと、また少し前向きになれるようになってきた。もし今日の生理が私が思っている通りなのであれば、確実に身体は良い方向に向かっているということになる。どうかそうであって欲しい(祈)。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/31(Tue) 23:28 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/01(Wed) 00:33 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/01(Wed) 00:53 |   |  #[ 編集]
パッチでコントロールがうまくいってると思ってました。
この1年半、MSコンチンを少しでも減らし痛みに耐え自然療法してきたのに残念でなりません。しっかりコントロールさえすればこの1年半は10年ぐらいに匹敵するほどの有意義な時間になってたであろうと思われます。
とても生理とは思えませんので聖路加の緩和、か婦人科に行かれますようにお願いします。
2007/08/01(Wed) 08:33 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/01(Wed) 10:38 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/08/01(Wed) 13:25 |   |  #[ 編集]
ユキです。
痛みがあるとネガティブになってしまう気持ちもよくわかりますが、それはガンにとって最大のエサになってしまいます。子宮のことも病院でしっかり見てもらってほしいと思います。みづきさんがおっしゃるように良い方向へ向かっているとわかれば、みづきさんもここへ来る皆さんも私も安心できますし、もし悪い結果が出たとしてもみづきさんが信じていらっしゃる更に厳しい食事療法などを実行し克服してほしいのです。とてつもなく厳しい道だけど今は色々な力を借りて頑張るしかないのです。

私は39歳で宣告され、今はぶっちゃけ43歳です。みづきさんより気持ち?年上です。手術から正確に3年と5ヶ月でしょうか。私が再発転移した時には西洋医学に頼ると同時に今の甘々な食事療法はキッパリ捨て、ここで教えて頂いた厳しい食事療法やその他に入ります。子供が自立できるであろう20歳になるまではなんとしても頑張らなければという一心でここまで来ました。20歳となるとあと1年半ほどなのですが、小さい頃から何かのきっかけの度に道徳心を教えてきたつもりですが、実体験をした時の親の言葉は右から左ではなく体に沁み込むようで、うちはそれが始まったばかりでまだまだ教え力にならなければならないことが山ほどあります。(私も教えられること沢山ありますが。。)また、色々な方に助けて頂いたように私も人助けをするのだと神様に教えられたように感じたので、最終的にはある場所で誰もがいつでも気軽に出入りでき、助け合える場所を造ることを生涯を通しての目標としています。
一番には信じる心だと私も思っていますが、それも現実と照らし合わせながら進めていかなければならないと思うのです。
みづきさんにとって苦難の道は続きますが、一緒になって闘ってくれるご主人やお姑さんやご両親のためにも、ガンなんかに負けてたまるか~~クッソ~ですよ!
どんなことがあっても応援していますからね。辛いけど頑張って!

ところで、非公開のコメントが多いのですがどうしてなのでしょうね?個人情報なんかが書いてあるのでしょうかね?
2007/08/01(Wed) 16:39 | URL  | ユキ #rO8MZ.K.[ 編集]
みづきさん、いたくてたいへんそう。みんなで少しずつ、代わってあげられたらいいのにな、と思います。辛いときは辛いって、どんどん言っていいと思うし!
痛みのコントロールができれば、気持ちも元気になると思うので、どうしたらここを切り抜けられるか、考えましょう。できるタイミングを見計らって、コントロールの方法について、適切な方に相談してみてくださいね。復活をお祈りしてます。
2007/08/01(Wed) 17:34 | URL  | しふりん #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可