西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

15年ぶりの先輩との再会 はてなブックマークに追加
2007年07月04日 (水) | 編集 |
ksflower.jpg
<写真の説明>先輩が持ってきてくれたお花。私の好きな色=グリーンを多用したアレンジにしてくれた!

おとといは大学時代のサークルの先輩が我が家に遊びに来た。先輩とは卒業以来会っておらず、なんと15年ぶりの再会だった。今回の先輩との再会を通じて、すべてのことは偶然ではなく必然なのだと思った。必ずすべてのことに意味=メッセージがあるのだと思った。そしてその意味は、そのときすぐに意味がある場合もあるし、かなり後になって意味を持つ場合もある。今回の先輩との再会は、すぐに意味をつものだと私には感じた。ガンからのメッセージだと感じた。どんなメッセージなのかについては今日は時間がなくて書ききれないので、明日以降へまわそうと思う。

とにかく今回の再会話はとんとん拍子に進んだ。治療に関する情報提供で先輩が私にメールをくれたのがほんの1週間前。それをきっかけにメールでいろいろな話をしているうちに「会いたいね」という話になり、あっという間に日にちが決まり実現に至った。
しかし再会が実現するというのは、今の私においては、けっこう簡単なようでそうでもないというのが実情である。実際ここ最近において「会いたいね」という話をした友人は何も先輩だけではない。それどころか、会う日にちまで決定していたのに当日私の具合が悪くなってしまってキャンセルになった友人や、私のインテリア改装が理由で延期になってそのままになってしまっている(ごめんなさい!)友人たちがいる。それ以外にもけっこう「近いうちに会おう」という話は持ち上がるのだが、なかなか私の体調が整わないこともあるし、お互いのプッシュが足りないこともあって、話だけで終わることが多い。それが今回の場合は実現したのだ。これには意味を感じずにはいられない。別に今回先輩と会うことが他の友人に会うことよりも重要だったとかそういうことではない。私が思うに、タイミングの問題だと思っている。どの友人にも会うことは同じように重要であるのだが、タイミングとしては先輩との再会が今の私にとって意味をもたらすものであったのだと思っている。それがガンからのメッセージだ。

それにしても、先日のロサンゼルス在住の友人といい、おとといの先輩といい、本当に友人というのはいいものだ。ちなみに彼女らは同じサークルなのだが、このサークルがこれまたものすごくいいサークルで、その心地よさは学生時代から何も変わっていないと思った。どのように心地よいのかというと、誰でも受け入れてしまう器の大きさがあり、具体的にはサークルの合宿だというのに、友人や親兄弟、親戚を連れてきてもまったく違和感がないというサークルだ。私は大学時代もう一つ別にテニスサークルにも入っていたが、テニスのほうはテニスでまた別の心地よさや楽しさがあったが、このサークルはそういう心地よさがあった。ゆえに15年のブランクなど微塵も感じなかった。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
最近、きっちり毎日でなく、みづきさんのペースで書いている様子で、何か安心します。
今日の話題と関係ないコメントですみません。
2007/07/05(Thu) 21:33 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可