西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

電車やバスの優先席に対する複雑な思い はてなブックマークに追加
2007年06月24日 (日) | 編集 |
makipan12.jpg
<写真の説明>友人手作りのパン。今回は淡路産玉ねぎのリュスティック(左)とドライフィグ・レーズン・くるみのバゲット。玉ねぎ大好きな私は、袋を開けたときのあのなんとも言えない玉ねぎのよい香りに、ランチ後だったにもかかわらず、ブログ用に写真を撮ってすぐにかぶりついた(^^)。もうおいしくておいしくて、いくらでも食べられる状況だった・・・

昨日は幕張メッセに行ってきた。以前からやるやると言って未だに何も進んでいないリビングのインテリア改装のための家具を買うためだ。ブログで報告したかどうか分からないが、一時期ほとんど決まっていたのだが、最終段階で買うつもりで訪れた大塚家具で、現物を見てあまりの違いにショックを受け振り出しに戻ったのだった。そしてその後私の体調があまり良くなくなったことと、まったく悪いことは続くもので、会社の業績悪化でそれどころではなくなったことで、一時期(というか今でも)インテリア改装そのものを見直す必要が出てきてしまい、しばらくこの件に関しては中断していたのだった。それに私のインテリアコーディネート熱が一時期に比べかなり冷めてきてしまっているというのもある。
そんなわけでまだ現時点でも気持ちは揺れているのだが、とりあえず家具大バーゲンのイベントがあったので、買うのであればそういう激安のときに買ったほうがいいし、ちょうど散歩に無理やり出るチャンスにもなると思い、気合を入れて行くことにしたのであった。

それにしても昨日の私の気合の入れようはすごいものがあった。八丁堀からJRに乗ったのだが、案の定我が家から八丁堀駅までの徒歩10分だけでけっこう痛くなってしまった。しかし電車に乗って座ってしばらくすると痛みは治まった。ほんと不思議なぐらい、動かないと痛くないのである。よって、ちょっとでも歩くと痛くなるのが最近の傾向なので、とてもじゃないがイベント会場を何時間も歩くことは不可能だと思った私は、なんと予防のために前もってレスキューを3錠も飲んでおくほどの気合の入れようだったのである。しかし電車の中で飲んでおいたレスキューがまったく効果を発揮せず、海浜幕張駅から幕張メッセまで歩いている途中、ものすごく痛くて、腰は何度伸ばしても歩いているうちに曲がってきてしまう始末、目には涙もたまってくるしで、メッセ到着前にくじけそうだった。しかしせっかくここまできたのだし、恐らく私のことだから大好きな家具を見れば痛みが吹き飛ぶだろうと思い、痛みで腰を曲げながらしかめっ面をしながらなんとか会場までがんばって歩いていった。

しかし私の予想ははずれた・・・。家具を見てわくわくしてもぜんぜん痛みは消えなかった・・・。しかしここまで来てしまったらもうとにかく見て帰ろうと思って、あまりにも痛いときはソファーに腰掛けて休みながら、結局2時間ぐらい見て回った。残念ながらお眼鏡にかなう家具は見つからなかったが、やっぱりインテリア大好きな私にはとても楽しい時間だった。そしてさらに楽しかったのは、その後のショッピングだった。なんと海浜幕張駅前にアウトレットモールがあったのだ!帰る頃にはレスキューが多少効いてきたのか!?到着したときよりはかなりましだったので、まだ痛みはけっこうあったが洋服やバッグを見て回った。
というわけで、帰ってきて自分でもびっくり。なんだかんだでトータル5時間も外出していたのである!でも朝早起きしたおかげで、それだけいろいろやってもまだ14時半。いつもは朝ごはん食べてちょっとメールチェックしたりしているとそんな時間になっていることが多いので、昨日はものすごく得した気分になった(^^)。と同時に、いかに日々の生活がだらけているかが分かり、反省した・・・(^^;)。

ところでいつもはすいている時間帯にばかり電車に乗っていたのでこのような思いをすることは今までなかったのだが、昨日私は障害者としてある複雑な思いを抱いた。今までの私の優先席に対する取り扱い方が良かったのかどうか、なんだかよく分からなくなってなってしまったのである。
まずは障害者としての私だが、上にも書いたように、八丁堀駅に着いたときは痛くてかなりしんどかったので、とてもじゃないが昨日は座らないでいることは不可能であった。よって「すいてますように」「座れますように」と祈っていた。到着した電車はすいてはいなかったが、ものすごく混んでいるというわけでもなく、とにかく私は幸運にも座ることができた。しかし実際には座れたといっても、何とか確保できたという感じであった。つまり、ちょっと怖い感じのお兄さんが幅を取って座っていたので、いつもだったらあきらめて立っていたところだが、昨日の私はそんなことにひるむ私ではなかった・・・というよりは痛くてあきらめきれなかったので「すみません、つめてください」と言って自分でスペースを確保したのであった。
帰りはラッキーなことにガラガラだったので余裕で座ることができた。こうして昨日は常に無事座ることができたのだが、仮にもし座席が一杯になっていたとしたら、そのときには優先席に行って「すみませんけど席を譲ってもらえますか?」と言うつもりでいた。

以上は障害者としての私であるが、一方今までの私はどのように優先席を取り扱っていたかというと、優先席というのは何も健常者や若者が座ってはいけない場所という意味ではなくて、あくまでも助けが必要な人がいたらその人に必ず席を譲る場所、というふうに捉えていた。よってよく普通席には座るけど優先席には座らない人とかがいたが、私はそれは違うと思っていたので、躊躇することなく優先席に座っていた。もちろんお年寄りや身体の不自由な人がくればすぐに席を譲ったし、それはもちろんシルバーシートだけに限ったことではなく、普通の席でもそうすることは当たり前のことである。だからそもそもシルバーシートの存在そのものにクエスチョンであった。

昨日私は座りながらとても複雑な心境であった。もしかしたら私の今までの優先席に対する考え方は間違っていないかもしれないが、そうするべきではなかった、即ち座るべきではなかったのではないかと思ったからである。なぜなら障害者の私として上に書いたことを、いったい何人の人が同じようにできるだろうか、言えるだろうかと考えたとき、恐らくほとんどの人ができないだろうと思うからである。怖そうな人に「つめてください」と言うことも、優先席に行って席を譲るようにお願いすることも、普通の人にはなかなかできないことであろう。どんなに自分がつらくてもじっとがまんしてしまう場合が多いだろうと思うからである。

そう考えると、やはり優先席は初めから「あけておくべき」なのかもしれない。というより、優先席自体があるべきなのか、という疑問も持ち上がってくる。下手にシルバーシートなどを作ったがために、それ以外のところは関係ない、みたいな錯覚を生む可能性もある。本当はそんなものを設けなくても、すべての席においてみんなが気持ちよく座ることができ、助けが必要な人がいたらすぐに譲ってくれ、そして私のように外見ではそうと分からない人でも助けが必要な人は躊躇することなく言える雰囲気があるといいのだが、なかなかそうもいかないので何らかの対策が必要になってくるわけだが、他に何か弱者を守るよい方法はないのか・・・と私の思いは尽きない。最近妊婦さんには妊婦さんシールをメトロが無料で配布しているようだが、そういうシールを少なくとも外見では病気と分からない人にも配布するといいなあと思う。障害者や病気の人は証明できるが、その日だけものすごく具合が悪い人はどうするのかなど、運営上細かい点でいろいろと問題が出てくるとは思うが、とにかくこのシールのいいところは、対象者が全員そうしなくてはいけないのではなくて自己申告制なので自分の希望でそうしてもらえることと、大変な状況なのだと外見では分かってもらえない人で、自分で口で言いたくても言えない人の助けになるということだから、妊婦さんマークを始めたことはとてもいいことだと思うし、その対象を少しずつ拡大していってくれることを私は希望する。

話がなんだかどんどん大きくなってしまったが、とにかくそんなわけで昨日私は優先席に対して複雑な思いを抱いたのであった・・・。しかし長々と書いている間に、優先席とはむしろ健常者に対して作られたものではないか?と思うようになり、とりあえず現状においてはセカンドベストなのかなあと思えてきた。つまり私のように物怖じしない人にはあまり効果がないのだが、上にも書いたように中には優先席に座るのは気が引けるという人もいるので、その心理を利用しているのである。少しでもそうやって優先席に座る人が減ることで、本当に必要な人に席が回ってくるというわけである。
いずれにしても繰り返しになるが、一番理想なのは先に書いたような状況である。どのようにしたらそういう社会になれるのか、それとも人間として実現不可能な世界なのか・・・?追究しだしたらものすごい時間が必要になるのでこの辺で終わりにしておくが、私にとってはとにかく昨日はよい体験となったし、いろいろと考えさせられた一日であった。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
つわり時の通勤、いかにも妊婦の頃、そして子連れになった今・・・電車に乗るたび何回も色んな場面に遭遇しその度優しい行動に感動したり、無関心極まりない態度に腹が立ったり、自分を省みたりする機会となりました。残念なケースでは、譲れと他のヒトに言われ、逆ギレする男子高校生とか見たりしたこともあって、私は我慢できる限りは自分から言えなかったです。ただいつか外国人の男性が車両中で近づいてきて、優先席に向かって「アナタタチ!ナンデ 席アケナイノ?オッカシイヨ!!!」とすごんでアカチャンと幼児連れの私に助け舟出してくれたことも。それでも、一番年配のヒトが真っ先に席をたち一番の若者(だぶん学生)が「ちぇっ」とにらみつけてきたときには、この国の未来って!?って大げさながら考えてしまいました。
2007/06/25(Mon) 00:44 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
楽しい時間が過ごせたようで良かったです!
優先席の話ですが、私は実家が札幌なのですが、私が高校生までは、つま先立ちの満員でも、誰も優先席には座りませんでした。優先席は、杖をついたご老人が座るものである、という認識を市民全員持っていました。(満員電車にご老人が乗るはずもなく、朝晩はいつも空席でした)。たまに若い人が座っていると、「ああ、重いご病気なんだな」と皆が納得していました。

大学で京都、社会人で東京に住みましたが、優先席の取り扱いに、本当に驚きました。
若者が我が物顔で座っている。。しかもみづきさんのようにご老人が来たら席を譲る、ということもなく、ご老人が優先席の前に立っている姿を見るにつけ、心底、情けなく思っています。
以前、友人に、「がら空きだから優先席座ろうよ」と言われて座りましたが、5秒と座っていられませんでした。そんな私を見て、友人は変な顔をするし・・・。

この文化、なんとかならないものでしょうか。
やはり、「優先席には健常者は絶対に座らない」という仕組みが必要なように思います。

とにかく、みづきさんだけでも、「ちょっと空けてください」と言い続けて欲しいと思います。
つまるところ、自分を守るのは自分だけなのかもしれません・・悲しいですね。
頑張って!!
2007/06/25(Mon) 01:03 | URL  | ちえ #-[ 編集]
今まで「躊躇することなく優先席に座っていた」のですか・・・!
病気にならなければ、今も躊躇なく座っていたのでしょうね。
そういう人に何も言えない、外見だけでは障害がわからない弱者は、やむを得ない事情がある時以外は、空いている時間帯を選んだり、可能なら始発や各駅に乗るなどして自衛するしかないわけです。
外見が若くて健康そうでも障害が見えない人もいれば、健常者でも立っていられないほど具合が悪い人もいます。
どういう事情で優先席に座っているのか分からない人に、普通はそう簡単に声はかけにくいと思います。
2007/06/25(Mon) 01:53 | URL  | こん #-[ 編集]
ちえさんのコメントを読んで清々しい気分になり
ました。札幌の方の優先席に対する認識、素晴
らしいですね。感動しました。街中でも知らない
同士みんなが、もっと当たり前にお互いのことを
思いやれる文化になれたら最高だなぁ~。

私も以前独身の時、小さな子を連れて電車の
中でヨロヨロしているおばさんを見つけたので「ど
うぞ」って席を譲ったら、私の隣に座ってた中年
の男性が、社内に響く大声で「子供に“どうぞ”だってよ!」ってバカにするように笑われたことが
あります。悔しかった~(T_T)
今になって実感するけど、小さい子を連れて電車
内で立ってるのって大変で危ないんだよね。

みづきには説得力を持って教えてもらうことが多
いです。ガン保険のことにしても、今回の優先席
のことにしても・・他にもいろいろね。
これからは、見た目に分からなくても立っている
のが大変な人が、もしかしたら声をかけられない
で立っているかもしれないことも、よくよく念頭
においておこうと思います。
そして引き続き、うちの子供には優先席は空け
ておくように教えていこうっと。
2007/06/25(Mon) 07:30 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
私も優先席は「必要のない人は座らないもの」という認識でしたので、ある時「空いていたら座ってもいいんだよ」と言われた時には「え?そういうもんなのー?!」とかなりびっくりした記憶があります。
ヨーロッパなどで、お年寄りの方や小さいお子さん連れの方に席を譲るのがごくごく当たり前に行われているのを目の当たりにした時には、「日本ではわざわざ”優先席”を作らなければいけないほど、席を譲るという当たり前のことすらできないなんて、情けないなあ」と思っていました。
でも、席を譲るのもちょっと勇気がいることだったりしますよね?特に妊婦さんはかなり難しいです。違ったら失礼だし笑
分からない時は降りるフリをしてさり気なく席を空けるしかないですもんね。
だからそういう意味では”優先席”があるのはいいことなのかもしれませんね。
見ただけでは分からない方もたくさん乗っていらっしゃるでしょうから。
でもやっぱり優先席があろうがなかろうが、席を譲るという当たり前のことが当たり前にできる、そういう世の中になってほしいですよね!
2007/06/25(Mon) 09:13 | URL  | ふじこ #-[ 編集]
「若者」だから?
 匿名希望さんの「一番年配のヒトが真っ先に席をたち一番の若者(だぶん学生)が「ちぇっ」とにらみつけてきたとき…」のご意見にちょっと一言。

 もしかしたらその学生さんこそ、体調が悪かったのかもしれませんよ。なのに、“見た目が若いから”という理由で皆に非難の目で見られ、辛かったのかも知れません。

 なんだか、「見た目では分からない障害者が優先的に席に座れるように」という議論と、「若者が席を譲って当然」という理屈は、矛盾しているように思います。結局のところ、見た目で判断しているのは同じ自分ではないですか?

 「若者だから」「妊婦だから」「障害者だから」などの固定観念を捨てて、みんながもっと大らかに、相手を尊重することが結局、誰もが必要な時に席に座れる文化に結びつく気がします。
2007/06/25(Mon) 10:37 | URL  | ねね #-[ 編集]
お久しぶりです。
昨日はおでかけができてよかったですね!
優先席のことですが、私も絶対優先席には座りません。私の母は車椅子ですが、そういう視点で見ると、本当に腹の立つことも多いです。
歩いている人から見ると、車椅子は視点が低く、平気でぶつかってくる人もいます。急いでいる気持ちもわからなくもないのですが、こちらからすると安心して外出もままなりません。外出するときは、当然のようにタクシーがメインです。また、バリアフリーのところは、本当に少ないです。
話がそれてしまいましたが・・・
電車に乗れる方は、まだ元気な方かもしれません。でも、その中でも、体調の悪い人、障害者はいらっしゃるはず。そう思うと、優先席には座れなく、平気に座ってる人を見ると、腹が立ちます。特に東京は多いと思います。混んでても優先席だけ開いている電車を他県では見ますから。
本当にそういう世の中になってほしいですね。
2007/06/25(Mon) 10:48 | URL  | キワ #-[ 編集]
ガン研に通う人もいますよ
電車は、いろんな人が乗りますが、有明ガン研は、抗がん剤を受けるのに通う人がほとんどですから、外見では解からないですね~!

友人の子供は、高校生で骨髄癌でしたからね・・・

そういうときは、会話から入るといかがかしら?
「具合がわるいですか?もしそうでなければ代わってもらえますか?」
と言う風にね!

外見上ではわかりませんからね~!
日本人は、会話が下手のかもね?

櫻は、外見は、普通ですが、ガン研に通っている時は大変でしたよ~!
2時間近くかかるところを、電車とバスで通うから、体力が消耗するのです。
診察が終って、20時という時もありました~!
満員電車に乗るのは、普段乗らない櫻にとっては地獄でしたから~!
右胸全摘だから、さわられると痛い!ので、わざわざ三角巾を巻きましたね~!

まあ、相手を責めるような態度ではなく、優しく聞くことで、相手も気持ちよく譲ってくれるのでは?

櫻は白髪頭なので、元気で立っている時などに、後から肩をトントンされて、どうぞって言われる時があるけど、ちょっと嫌だわね~!

そういうときは、「結構です」と言って断わるけどさ♪

自分の考えで、判断しないことが大事なのでは?
2007/06/25(Mon) 14:14 | URL  | 櫻 #dDm6s.8Q[ 編集]
私は10数年前よりバリアフリーやユニバーサルデザインの啓蒙活動をやっております。東京や地方でシンポジュームに参加したり、講演をしたりして来ました。
優先席に関してはこれまで色々と論議されてきましたが、決定的な解決というものが無いというのが現状としてあります。法的なガイドラインの作成も考えてきましたが難しい状況ですね。よく道交法の高齢者マークのようなマーキングがアイデアとして出てきますが、誰に交付するのか(障害の種類やグレード?何歳以上の高齢者?妊婦?)ボーダーが引きにくいですですし、席を譲るというルールも決めにくいですね。優先席を空けておくというのも効率や都市部のラッシュ時の事を考えると難しい状況です。
ただ一つ言えるのは、困った人がいれば助けてあげるという簡単な事ができない人が増えて来ているということです。指摘されたら逆切れしたりする人もいます。根底には格差社会から来る効率主義や個人主義が原因だと思っています。優先席の問題に限らず、給食費を払わない親とか、タバコのポイ投げ、タクシー代わりに救急車を使う人、クレーマーと呼ばれる人々。キリがありませんね。
「美しい国」になるにはみんなが優しくならなければ!!
※オキノーム(モルヒネ)効かなくなってきました(汗)
 今日はケツ痛てェ~(激汗)
2007/06/25(Mon) 18:15 | URL  | ゲイリー矢田 #-[ 編集]
人間関係。。。
こんにちは!みずきさんのいつでも応援隊のシルクですm(_ _)m
5時間のお散歩とは素晴らしい♪やはり女性ですものお洋服や靴も気になりますよねぇ♪私もこの間抗ガン剤治療終了を機に一年ぶりで一人でデパートデビューを果たしお目当ての夏のお帽子をget!しました。買い物中は夢中ですからねぇ~でも無理は禁物ですよぉ~ちなみに私はデパートから帰宅後ひっくり返りました。。。てへへ・・・(^^;)
私もお仕事柄(看護師現在休職中)実感しておりまして・・・昨日まで癌を告知する側にいた人間が今日癌告知されて初めて告知される人の気持ちが本当の意味で理解出来るのです。シルバーシートやデパートのエレベーター、公共の座席の管理意識もしかり!自分がその様な困った状態になってみないと真剣には考えない方の方がこの世の中には多いのかもしれません。。。身体が弱っているときは心も弱っている、あと見た目では判断出来ない方も・・・私的にはみずきさんのおっしゃるようなシールも良い考えだと思いますが。。。
自分がその人の立場ならどうするのか、どう思うのか、どうしてほしいのか。。。*その人の立場になって考えてみる*これは私のモットーです。
2007/06/25(Mon) 19:42 | URL  | シルク #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/25(Mon) 23:07 |   |  #[ 編集]
札幌では「優先席」ではなく「専用席」という表示になっています。
それでは、そうしないと元気でも座ってしまう人がいるからです。。。

母親が身障者なのですが、見た目大丈夫な感じに見えるので、あまり譲っていただけません。
やはり優先席、専用席の存在はありがたいです。

逆に、小さい子はともかく幼稚園年長以上なら親は座っても子どもは立たせればと、個人的に思います。大人が思っている以上に子どもは丈夫で弱者ではなく、足腰の鍛錬にもなるのですから。
子どもの運動能力、体力が低下していますよね。。。
済みません。話が広がりました。
2007/06/26(Tue) 20:37 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
「専用席」が増えるといいですね
札幌は「専用席」という表示だったのですね!
毎日見ていたはずなのに、深く考えていませんでした;;

他の地域でも「専用席」が増えるといいですね。
たとえば東京では、優先席が向かい合っているケースが多いと思うのですが、片方を「優先」、片方を「専用」としていただくと良いかもしれませんね。こうすると徐々に意識が変わるかも・・・。

それにしても、こちらにコメントされる優しい方々は、ご自身やお身内に辛い思いをされている方が多くていらっしゃいますよね。・・やはり自分自身が痛みを知らないと、他人に気を遣えないものなのかもしれない・・と思うと、逆にやるせない気持ちになってしまいました。

私は医療関係の仕事をしていますが、医師や看護師にも「痛みや苦しみを経験したことがない人(且つ想像出来ない人)」がいて、それは会話の端々や患者さんへの対応で、分かります。

仕方のないことなのでしょうか・・・・。
そんなことを考えてみても、意味のないことなのでしょうか。

なんだか、話が逸れてしまいましたが、みづきさんのブログで、いつも色々考えさせられております。

おそらく、私の家から相当近所に住んでいると思われるみづきさん!元気に歩くお姿を見かけられないかなー、、と、ブログの横顔を想像しながら、いつもキョロキョロと歩いている私でした♪



2007/06/27(Wed) 22:33 | URL  | ちえ #-[ 編集]
みなさんコメントありがとうございます。今回のトピックが予想以上の反響で私自身ちょっと驚いておりますが(^^)、でもみなさんのご意見はとても勉強になりました。

ほんと、ちえさんのおっしゃるとおり、なかなか「関係者」にならないとそういうやさしい気持ちになったり弱者の気持ちを考えてあげたりすることがしにくいのかもしれません。恥ずかしながら実際に私も多少そういう部分があったと思いますしね・・・。

食事療法をしている人やその他西洋医学以外のいろいろな治療法を試している人についても、必ず自分が患者自身かもしくはその家族です。まったくの健康体で周りにもそういう人がいない人で実践している人はほぼ皆無ですね。もちろん実際には探せばどこかにいるのでしょうが、とりあえず私の知る限りではゼロです。
そう考えますと、大病が人間を成長させるのかもしれません。私もガンになって大きく成長しましたから(^^)。理想は病気になどならなくてもそういうことに気がつくことなんですけど、なかなか現実は理想のようにはいかないものですね・・・悲しいですけど・・・。
2007/06/27(Wed) 22:58 | URL  | みづき #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可