西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

コメント欄について はてなブックマークに追加
2007年06月04日 (月) | 編集 |
今日は記事ではなく、最近コメント欄において、本文とは関係ないことで議論がなされたり、私がコメントを無視している/軽く扱っている、あるいは返信に偏りがあるという意見が多くなってきたことを受けまして、ここで私のコメントに対するスタンスを明確にしておくとともに、皆さんへのお願いを書いておこうと思います。よってこの文章はいつでも皆さんが確認できるように、ブログ右側の「プロフィール」の下の「リンク」の中に置いておきます。そして今後必要に応じて随時内容を追加していきます。

まず私のコメント欄に対するスタンスですが、ブログ記事同様、「皆さんの役に立つ情報発信の場」にしたいという思いがあります。よってコメント欄をなくしたらどうかというご意見をいただきましたが、今のところはその考えはありません。また承認制にしてはどうかというご意見もいただきましたが、そうしますと敷居が高くなってしまいますので、私はやはり誰でも自由に参加できて自由にコメントできる今の体制を保っていきたいと思っています。

最近私がコメントに返信をしていないことが多くなってきたことから、私がコメントを無視(=スルー)しているという意見がありますが、決してそのようなことはありません。私はすべてのコメントに目を通しています。しかし現実問題、以前のようにすべてのコメントに返信をつけることは不可能になってしまいました。ブログ開設当初は1日2、3件のコメントでしたから必ず返事できていましたが、おかげさまで最近はアクセス数の伸びに比例して非常に多くの方からコメントをいただくようになりましたので、とてもすべてのコメントに返信することは不可能です。ですので、質問が書いてある場合など、私が答える必要があるコメントを優先してしまいがちです。よって私からのコメントがないからといって、決して無視しているとかコメントを軽く扱っているとかいうことではありませんので、その点をご理解いただきたいと思います。

またこれは言い訳ですが、日々本当にブログを書くだけでも精一杯なのです。さらに申せば、ブログを書く以前に一日一日を生き延びていくことだけでも精一杯なのです。ですのですぐに返信できないこともあります。よって、コメントをいただいてすぐ翌日に私からのコメントがなかったからといって「コメントがなかった」と判断しないようにしていただきたいと思います。私としては1週間は猶予を与えていただきたいです。

応援メッセージに対してのお礼がないという意見についてですが、上にも書きましたように質問を優先しているとどうしても後回しになりがちです。しかし何度も申し上げていますとおり、ただ時間に余裕がないだけで、いつも読みながら心の中で感謝しています。故に、各人宛でなくまとめてになってしまいますが、少しでも私の感謝の気持ちを伝えようとできるだけお礼のコメントをつけるようにしているつもりです。感謝しているならば一言だけでも書けばいいのにという意見がありますが、そういった小さな一つ一つの積み重ねが私にとっては大きなものになりますので、そこはどうぞご容赦いただきたいと思います。特にここ最近落ち込みがちな私ですので、応援メッセージは本当に私にとってはありがたいもので、毎回勇気付けられ、助けられています。

私のことを心配してくださってのご意見で、「みづきさんは病気なのだからそもそも厳しい意見をコメントするべきではない」というご意見がありますが、私は病人だからと特別扱いをあまり望んでおりません。確かに苦しいときに励まされるのはとてもうれしいです。でも私が苦しい状況にあったとしても、私のことを思いやって私を成長させるためにくださる厳しい意見であれば、私はうれしいです。とにかく私を成長させてくれる建設的な意見、みなさんの役に立つような意見・情報を私は望んでいます。しかし最後に付け加えておきますが、これはあくまでも私の性格だからであって、病気の人全員がこのようなことを望んでいるとは限りません。やはり自分が苦しいときはやさしい言葉をかけてもらいたいと思っている方も多数いらっしゃいますので、そういう方にはぜひ暖かいメッセージを寄せてあげてください。

以上がコメント欄についての私のスタンス及び私からのお願いです。私は独りよがりのブログではなく(ちなみに独りよがりのブログを否定するものではありません。そういう目的のブログを作ることはいいと思いますが、単純に私の目的ではないというだけです)、活発に意見や情報を交換し、皆さんの役に立つブログ作りを目指しています。従いましてコメント欄もそのように作っていきたいと思っていますので、ぜひ皆さんもご協力ください!それでは今後ともよろしくお願いします。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
賛同します。
初めてコメントさせて頂きますが、みづきさんのお考えに賛同します!というか闘病されながら、ここまでやられ、オープンになられて役に立とうスタンスでいらしゃる事にある意味大げさですが感動します(私は大の大人、男ですが、恥ずかしながらとても出来ません)。きっとみづきさんの言っている事や、姿勢が多くの人の励みになり勇気を与えていると思います。少なくとも私はそうです!もちろん返信は不用ですよ~。ではでは。
2007/06/06(Wed) 01:05 | URL  | IT #-[ 編集]
はじめまして。以前から拝見させていただいておりました。9年前母を53才という若さで肺癌で亡くしました。原因は間違いなくタバコです。その時の闘病の状況は人生最大の辛い出来事として今でもはっきり覚えております。それを思うと、癌と闘いながらこんなにも気丈にまめに日記をつけ、コメントも全部読んで一部お返事もするみづきさんは、わたしに言わせれば信じられない奇跡のお方です。これをご覧になられている皆様、みづきさんは、「ご病気」なのですよ。それも命を懸けて闘わなければならない病気なんです。そこをお間違えなきよう切にお願いいたします。身近な人や自分自身がこの病気にかかった事が無い方にはわからないかもしれませんが、風邪で39度の熱が出るのとは訳が違います。だけど、果たしてわたしたちが39度の熱を出しながら日記を書き、コメントを全部読んで返信する事が出来るでしょうか・・。
2007/06/06(Wed) 12:49 | URL  | ryu #JalddpaA[ 編集]
ちょっと違うのでは・・・
確かに闘病生活の中でまめに更新されてことは大変でしょうし、立派だと思います。
でも、誰かに頼まれたわけでも、義務でもないですよね?
このブログはご家族への体調報告を兼ねているとのことですし、(だから更新が夜になり、夜11時就寝がなかなか守れないんですよね?)書きたいから書いているわけですよね?
ある程度の使命感はお持ちかもしれませんが、それは生き甲斐に繋がっているのでないでしょうか?
結果的に、他の闘病者への情報提供などを果たしていることもあるでしょうが、私は、お好きなことをお好きなように楽しまれていると捉えています。それ以上でも、それ以下でもないと思います。

「同じことがおまえにできるのか」という的外れな逆襲がくるかもしれませんが、比べるものではないと思います。
2007/06/06(Wed) 22:32 | URL  | N #-[ 編集]
いつも覗かせていただいています。
このところとっても凹んでいて、何とかせねばともがいているところでした。
他の方のことはわかりませんが、みづきさんのブログを読んでいて、私は頑張ろうという気がわいてきました。
みづきさんがどういうスタンスで書いているのか、ブログというものがどうあるべきかは、私にはきちんと理解できていないのかもしれません。
でも、読んでいるうちに、問題に向っていこうと思えたこと、それは確かにこのブログのおかげです。ありがとう。


2007/06/06(Wed) 23:57 | URL  | リボン #-[ 編集]
何を曲解なされているのかわかりませんが、みづきさんの「日々本当にブログを書くだけでも精一杯なのです。さらに申せば、ブログを書く以前に一日一日を生き延びていくことだけでも精一杯なのです。」という必死の心の叫びをご理解なされる事を切に願います。現状ではお好きなことをお好きなように楽しめなくなってしまうペースを要求されつつあるため、こんなにも苦しい心の内を打ち明けられているのではないのでしょうか。わたしはそう解釈しています。
みづきさん、もしわたしの解釈が間違っているならどうかわたしのコメントを削除してください。
2007/06/07(Thu) 07:22 | URL  | ryu #-[ 編集]
4日のみずきさんのブログでコメントに対する
考え方を述べられてますので
そのことに対する意見は賛成にしても反対にしても、もうこれ以上はここで繰り広げることはないと
思います。

でも議論するのは別に悪い事じゃないので
場所変えてやられた方が良いですわ
そうじゃないとみずきさんの賛同者の方さえも
賛同者に見えません。
2007/06/07(Thu) 10:01 | URL  | くるまえび #-[ 編集]
ブログを書く姿勢がいいの悪いの、健康な人はいろいろ言いますが、ここは正しい意見ポイ意見を書く場でも問題でもないと考えます。早い話、病人に対してヨコから立派な話をして欲しくない気分です。
敢えて言えば、病人の病状に合わせて話をして欲しい。苦しい時には慰めを、快方に向かう時には希望と夢を、完治目前なら激励を書いて欲しいです。
2007/06/07(Thu) 13:13 | URL  | 若いのに寝たきり経験者 #-[ 編集]
>若いのに寝たきり経験者さんへ
投稿ありがとうございます。私へのお気遣いでそのように書いてくださったのだと思いますが、私は病人だからと特別扱いをあまり望んでおりません。確かに苦しいときに励まされるのはとてもうれしいです。でも立派な意見であれば、別に私が苦しい状況にあったとしてもいただけるのはとてもうれしいです。たとえそれが私にとって厳しい意見だとしても、私のことを思いやって私を成長させるためにくださる厳しい意見であれば、私はうれしいです。私はそういう性格です。とにかく私を成長させてくれる建設的な意見、みなさんの役に立つような意見・情報を私は望んでいます。
2007/06/07(Thu) 14:13 | URL  | みづき #-[ 編集]
みづきさん
すばらしい!
2007/06/07(Thu) 22:46 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
パソコンで癌撲滅を
このブログをみて癌関連なのでコメントしました。
もしよろしければ、癌撲滅めざしてパソコンボランティアしませんか。BOINCを使います。
詳しくは僕のブログをみてください。
2008/07/11(Fri) 14:17 | URL  | kaha #N6kp4qTg[ 編集]
うふっ   みづきさん  元気になってきたね 
私もみづきさんにまけないぞぉ~~~~!
2008/07/11(Fri) 16:38 | URL  | ゆ~ #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可