西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

散歩があだになりレスキュー&号泣 はてなブックマークに追加
2007年04月27日 (金) | 編集 |
enishida.jpg
<写真の説明>実家の庭に咲いていたエニシダ

今日も引き続き最悪な1日だった。昨日よりさらに悪かったのは、激痛に耐えかねて号泣、とうとうレスキューを飲んだことであった。午前中は比較的調子が良かったのだが、区役所に行く用事があったので散歩がてら外出したところ、転落が始まった。せっかく1週間ぶり(もしかしたら10日ぶりの外出かもしれない(^^;))に外出できて喜んでいたのに、このように最近は散歩に出ると痛くなり、その後必ずダウンの一日になる。最近の散歩は、まさに行きは良い良い帰りは・・・ってやつなのだ。

これでせめて一日の締めくくりであるコーヒー洗腸が成功してくれたら機嫌も直ったのだが、今日も不調に終わり、しかも不調どころかぜんぜん排便がなかったので、これまた気分の落ち込みが大きい。泣きっ面に蜂とはこのことだが、きっと今はこういう時期なのだろうとあきらめることにした。何をやってもうまくいかないときって人間あるものさ。

ところであまりにも最近の私が不調で、しかも精神的に落ち込んでいるためさすがに母も心配になったらしく、昨日は来ない日であったのだが、サービスで手伝いに来てくれた。母がいるからといって痛みがなくなるわけではないが、やはり母がそばにいてくれるだけで心強い。痛みからは解放されないが、少なくとも精神的な落ち込みからは解放される。
世の中はどうやら明日からゴールデンウィークというものに突入するらしいが、我が家にはまったくといっていいほど関係ない。完全に世間の流れから外れている。早く不調の波から脱出したい。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/28(Sat) 00:51 |   |  #[ 編集]
なるべく薬を飲まないように頑張っておられるのですね。みづきさんの、出来ることなら化学物質を体に取り込みたくないというお気持ちわかりますよ。玄米菜食をして浣腸をして、体質改善をめざしている訳ですからね。
みづきさんは信念に基づいて常に正しい選択をされてきたと思いますよ。
ただ、痛みは必要以上に人を苦しめ不安を増幅させると思うんです。
もし、みづきさんの痛みが痛み止めで解消されるのであればそれはすばらしい事だとも思うのです。残念ながらどんなに手を尽くしても痛みや苦しみを解消できないケースもあるからです。
こんな時に、本人の苦しみはもちろんの事ですが、目の前に苦しんでいる人がいるのに助けられないでいる周りの人間もとても辛く耐えられないものがあります。そして、助けてあげられない無力な自分が情けなくなります。
以前の記事に常にジレンマとの戦いと書いていらしたので、今もその状態でいるのでしょうね。
薬を飲みたくないお気持ちがあるのでしょうが、一度、痛みから解放されて心をリセットしてみるというのはダメでしょうか?
みづきさんもがんとの戦いは長期戦と書いていらしたと思うのですが、やはり食事療法を中心とした自然療法で治癒をされた方々は2年半から3年位は時間が掛かっているようです。心をリセットしてから、ゆっくりと治療をされてはどうかと思うのです。
体の治癒には時間が掛かるかもしれませんが、痛みさえ取れれば心は幸せを感じられるようになるのではないかと思うのです。
ご病気の事は本当につらい事でしょうが、みづきさんは大勢の人に愛され支えられ助けられて、周りには沢山の幸せがあると思うのです。
2007/04/28(Sat) 12:00 | URL  | As #-[ 編集]
こんにちは
久しぶりにおじゃまします。
Asさんのコメント、その通りですね。。
とても分かりやすいし。。
私も近頃、少しですが背中の痛みがあって、
だから不安感、それと焦燥感、、
実際の疲れ、眠れなくて体力を奪われる。
そういう悪循環を少しですが、分かりました。

これからひどくなっていくのかなと
思うと、落ち込みますし。
自分のことばかりですが。

どの人も、この辛さと一緒だと思います。。
ある程度進行すると。
痛みを絶つこと。
大事ですよね。
なかなか効かなかったり、副作用もあるし。
ため息がでますが、、
このブログで気持ちを吐き出して、
それで、、長い闘病に向かわれる。

私もネットでずいぶん助けられましたから。
これからも出来るといいなと思っています。

あまりコメントしていませんが、
女性の大腸、直腸がん患者は、
ネットで少ないので。
おじゃまはしています。

とても真面目だし、几帳面だし、、
だから落ち込むのでしょうから。

お母様よく来られているようで、
助かりますね。
ブログは、ほんとに気持ちを吐き出して、
その上で、ご家族には言えないでしょうしね。

お互い、無理せずに、、
長い時間を生きたいですね。
生活の質も大事だと思うので、、
お薬は必要かとは思いますが。

どうかお大事に。。
散歩も短時間、続けられるといいですね。
2007/04/28(Sat) 12:20 | URL  | ケイ #ADR/QmPY[ 編集]
QOL向上のためにも、オピオイドを適正に使用して痛みをコントロールし、がんの治癒状況は定期的にCTやMRIやPETや血液検査等で判断されたら如何でしょうか。
みづきさんが「元気な人生を1日でも長く」過ごせますように・・。
2007/04/28(Sat) 13:39 | URL  | メロン #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可