西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

最近イライラしなくなったのは玄米菜食のおかげ? はてなブックマークに追加
2007年03月06日 (火) | 編集 |
chakura.jpg
<写真の説明>友人が私の治療に役立つ本を贈ってくれた

玄米菜食の勉強をして驚いたことが一つあった。それは、食事はその人の体質を改善するだけでなく、性格をも改善するということである。ゆえに最近の子供にアレルギー体質の子が多いのは欧米型の食事が原因なのはもちろんだが、落ち着きがなかったりすぐにキレたりするのも食事のせいだとか。今の私は精神と肉体はものすごく強く影響しあっているということを知っているので、食生活の変化により体質が変わり、その結果性格まで変わってきたことを理解できるが、当時は精神と肉体との結びつきがそこまで強いとは思っていなかったので、欧米型の食事によってキレる子供が増えたという事実にはとても驚いた。

ところで私は、ふと今日自分の性格が少し穏やかになっていることに気がついた。今日は普通であれば、というか今までの私だったらかなりイライラするような場面に何度も遭遇したのだが、私は大してイライラすることもなく行動&対応していた。どういう状況だったかというと、まず始めに障害者控除を受けるのに必要な書類を提出しに区役所の住民課へ行った。詳細についてはここでは割愛するが、とにかく担当者が書類は区役所ではなく税務署に提出しろと言う。だったら昨日なぜそう言ってくれなかったのかと思ったが、どうやら私と担当者との間で認識の違いがあったようで、とにかく無駄足になってしまった。
次にその足で助成額の確認のため区役所の福祉課へ行き、確認後ストーマ製品の購入契約をしている業者のところへ、区役所からもらった1~3月分の交付券を渡しに行った。すると業者から「4月以降の交付券の申請はしたか」と聞かれたので「していない」と答えると「申請が必要だ」と言われたので、またついさっきまでいた福祉課へ戻ることになったのだ。ちなみに業者と区役所の距離は徒歩にして10分。決して近くはない。私の場合は散歩も兼ねているので歩くことはいやではないが、やはり逆戻りするというのは気分的にいいものではない。しかも業者のところには先週の金曜日にも行って交付券の話をしていたのだから、そのときに再申請のことを言ってくれていれば今日往復する必要はなかったのである。
とにかく私は再び福祉課に戻った。そして4月以降の申請のことを伝えると、本来は確かにその都度申請が必要なのだが、中央区の場合は(ストーマの場合は永久であることが前提のため本人からストップがかからない限りは)本人に代わって区役所が申請手続きをあらかじめしているので本人がやる必要はないとのこと。極め付けに、私の契約している業者は付き合いも長いので当然そのことは知っているはずだというではないか。

以上のように今日は「先にそう言ってくれていれば」と思う場面に何度も遭遇した。もちろん区役所にも業者にもそれについて私に教える義務はない。よって私も彼らを責める権利はない。だから文句を言えるわけではないのだが、とにかくこういう状況であれば通常はイライラするものであろう。しかし今日の私にはまったくそういうマイナスの感情が沸いてこなかったのである。業者から言われたときも、区役所から言われたときも、「ああ、そうですか、じゃあ○○へ今から行ってきますね」といった感じであった。よって無駄にストレスを感じることもなく過ごすことができた。

なぜイライラせずに済んだのだろう???家へ戻る道すがらお得意の「自己分析」(笑)をしながら歩いていたのだが、別に無理にイライラがガンにいけないと思ってその感情を押さえ込んだのではなく、そもそも最初からイライラしていないことに気がついた。こんなにイライラ因子がいっぱいあったというのに、私は仙人にでもなったかのようにごく普通のことと受け止め、すべてのことに冷静に対応していた。どうやら少し性格が変わったみたいだ。やはり人間を穏やかにするという玄米菜食の影響なのだろうか(^^)。
とにかくイライラすることは人間にとって何一つよいことはない。まさにタバコと同じ、百害あって一利なしである。玄米菜食がガンを治すと言われている所以は、体質改善だけでなく、こういうところにもあるのかもしれない。つまりイライラしないようになる=ストレスがなくなる=ガンが治る、ということである。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
みづきさん、こんにちは。
玄米菜食=良く噛む。
きっと良い素材を十分咀嚼しておられるのも精神の安定にも繋がっているのでしょうね。とかく現代人は噛む回数が減ったと言われてますが、
噛むこと(唾液と混ぜる)によって
顎も強く、老化防止、肥満予防、
がん予防などの効果があると巷で言われていますものね。
私自身も一口30回は噛もうと思っているのですがなかなか出来てません(笑
2007/03/07(Wed) 17:48 | URL  | orie #-[ 編集]
みづきさんと佐藤さんへ感謝申しあげます。
みづきさんが受けられた個人的なアドバイスも、ブログへ紹介して下さって有難うございます。今年の正月に、無意識に関する佐藤さんのお話を書いていただいたおかげで、わたしは毎日お風呂に入る度、思い起こし自分へ言い聞かせています。
佐藤さんのアドバイスは、考え方の癖や根幹に触れ、正して下さるので、わたしも多くの恩恵に与っています。いつかお礼を申しあげたいと思っておりました。
ご著作がおありでしたら、ご紹介いただけましたら幸いです。
2007/03/07(Wed) 23:07 | URL  | ミナミ #-[ 編集]
たぶん死ぬか生きるかの経験をする事で、そんな事はどうでも良い事と思うようになるはずです。自分は直腸癌ステージ3aですがそんな些細なことは、ガンの経験上そう思うような気がします。(玄米菜食の為ではなくて。)最近のお話はご自分の考えに洗脳する様な伝え方が多いですね。意固地にならず西洋医学も頼りになる物ですよ。ご自分の考えの為に西洋医学(現在大多数の人が当たり前として頼っているもの)をスポイルしているのではないかと・・・・・・・・。心配ですよ。
中途半端に西洋医学に頼っていると言うか、モルヒネの痛みのケアは良いけど、それ以外は毒と(もちろんモルヒネもやりたくない毒だけど、背に腹はかえられない?でも動物性蛋白は毒で、西洋医学は根本治療ではなくて、コーヒー洗腸は良いもので、いったいどのレベルのものを根拠のある良い物としているのか・・・なんだか解らなくなってきた。)
ほとんどの人がまやかしと思っている代替医療(心の持ち様如何ではどうでもなるんじゃないの)は完全治癒の可能性のある地球上で唯一の物だと・・。
難しいですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
でも関心を持っていつも情報を頂いています。ですが、今の自分には「ああ、こういう人もいるんだぁ」という感じです。

まるで西洋医学に洗脳するような意見でしたが、そこまで中途半端にやるなら(もちろん相当な努力で食事療法をされている事はわかっていますが。)その事でかなりストレスになっているであろう事は傍から見ていて一目瞭然の事ですが、西洋医学をもっと取り入れては如何でしょうか?今の生活ではたばこが好きなら、たばこを吸ったほうが精神的に、ストレス的に良いのではないかと思う状況です。お灸で煙も吸っているみたいですし。別に人間は雑食動物で、動物性蛋白や脂肪を摂取することは至極当然、もしくは、そうしないとダメな動物にも思えるのですが・・・草食動物なんですかねぇ。
まあ、そんな意見を取り入れたブログだと人気は落ちるのですが・・・
人生諸々、難しいですねぇ・・・・・・

いつも思うんですが、自分がガンになったのは運が悪かっただけじゃないかと・・・。いくらみずきさんが言う完璧な生活習慣、食事制限でもガンになる人はいると思うし。
本当に本当に難しいですねぇ・・・・・・・
そんな事解ればこんなに偏りませんもんねぇ・・
あ~~~~~~~~~~~~難し。
2007/03/07(Wed) 23:35 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
癌になってから生活習慣をまるごと変えて癌を克服した人もいれば、特に何もしていない(サプリを飲まない、お肉を食べる、お野菜も食べる)20年近く今でも生きている方がいます。その人たちがステージ3か4の人です。私に励まし言葉を下さった人たちです。心から感謝しています。
自分がどのような医療方法を選択するには、やはり、癌を克服した人と直接あって勇気をつけてもらうほうが心のサプリですね。
2007/03/08(Thu) 15:10 | URL  | りん #-[ 編集]
興味深い本の紹介
ここのコメントに関してのお勧めの本です。興味があったらお読み下さい。本も出会いですから。
「内なるドクター―自然治癒力を発動させる、奇跡の処方箋 」グラディス・テイラー マクギャレイ (著)
「いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 」ロバート・C. フルフォード (著)
「医者が患者をだますとき」ロバート・S. メンデルソン (著)
「チャクラで生きる―魂の新たなレベルへの一歩」(原題:Why people don't heal and how they can  直訳:何故人々は治らないのか、そしてどうしたら治るのか)キャロライン メイス (著)
2007/03/08(Thu) 22:00 | URL  | 佐藤 #SFo5/nok[ 編集]
>orieさん
そうなんですよね、咀嚼がとても重要なんです。私はもともとよく噛んでゆっくり食べる人だったのですが、ガンになって咀嚼がものすごく重要だと知ってから100回噛むようになりました。時々ちゃんと数えてみると、気合が入って150回噛めるときもあります(^^)。

>ミナミさん
私はミナミさんのコメントで忘れていた無意識の重要性を思い出しました。ありがとうございました。

>りんさん
癌を克服した人と直接あって勇気をつけてもらうほうが心のサプリ。まったくおっしゃるとおりです。
2007/03/09(Fri) 00:05 | URL  | みづき #-[ 編集]
さらにさらに御礼申し上げます。
ご本を教えていただき、誠に有難うございます。四冊の本の入手の手配を済ませました。
佐藤さんを「導き手」と常々感じておりました。今回も間髪入れず手を差し伸べていただき、お礼の言葉もございません。目の前で深く手を合わせています。

末筆となりましたが、みづきさんいつも有難うございます。みづきさんのブログと、様々なお立場からの多様なコメントに日々学ばせていただいています。
2007/03/09(Fri) 19:58 | URL  | ミナミ #-[ 編集]
過分なお言葉、ありがとうございます。
>ミナミさん
過分なお言葉、ありがとうございます。
少しでもお役に立てればよろしいのですが……。
そして、お祈りをありがとうございます。

祈りは本当に美しいエネルギーですね。
ミナミさん、みづきさん、そしてこのブログを読んでいる方全ての幸せと健康をお祈りいたします。
2007/03/10(Sat) 13:56 | URL  | 佐藤 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可