西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

少し前進した一日 はてなブックマークに追加
2006年04月09日 (日) | 編集 |
体調のほうは相変わらずで、今日も下痢が続いた。でもこれはたぶんカマの量が多すぎなのだと思うので、少し減らしてみよう。薬の量が減るのはとにかくうれしいものだ。いつの日か、カマ無しでうんちが出てくれる日がくるであろうか?あー来て欲しい!!

今日のタイトルに「前進」と入っているのは、一つはようやくまともにゲップが出るようになったこと。そしてもう一つは、3ヶ月ぶりに台所に立って主人のために料理を作ったこと(料理といってもホットケーキを焼いてあげただけだが(^^;)、そして洗い物をしたことだ。主婦だというのに、台所に立たずしてこの3ヶ月過ごせたことだけでも、なんともありがたい環境であると思うが、とにかく洗い物一つしなかった私が、今日は母も義母も来なかったということもあり、たまりにたまった洗い物をようやく片付けようという気になったのだ。そしてそうする時間的な余裕も出てきたというのも、また前進である。なんせ今までは、起きている時間の半分をトイレで過ごしていたのだから、洗い物どころか、まともな生活をすること自体が無理だったのだ。このように明るい兆しが見えてくると、心も自然と明るくなる。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック