西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

神経性頻尿 はてなブックマークに追加
2006年02月28日 (火) | 編集 |
点滴もはずされ、すごく身軽になった。点滴をしていると、いちいちベッドを離れるときにバッテリーのコンセントをはずさないといけないし、ベッドの反対側へ行くことができないし、点滴の針が刺さっているところを気にしながら寝ないといけないしで、やっぱり不便だった。身軽になったことで、気持ちも明るくなった。

しかし、一つ困ったことが起こった。1時間おきぐらいに尿意で目が覚めトイレに行くので、夜ほとんど寝られなかった。でもそれは点滴をしているからしょうがないことだと思っていた。だから点滴がはずされたらぐっすり眠れるだろうとものすごく期待していたのだ。なのに!!点滴をはずしたにもかかわらず、同じように1時間起きに目が覚めるではないか!!なぜなんだ!!??ものすごくイライラした。目が覚めるたびに時計を見るのだが、うわっ、前回からまだ1時間しかたってない・・・とがっくりしたものだった。

そこで主人のリサーチにより持ち上がってきたのが「神経性頻尿」。症状を見るとまさにそのものだった。症状といっても大したものではないのだが、要するに膀胱とかに問題がなく、1日10回以上、就寝中に3回以上トイレに行く場合は神経性頻尿と呼ぶのだそうだ。そして唯一の克服法は「気にしないこと」。なーんだ、そうだったのか。病気はなんでもそうだが、病名やその原因がわかるとちょっとホっとするところがある。私も原因がわかったので安心し、これからは夜トイレに起きても時間を見ないようにした。そしてイライラしないようにした。実はそれから2ヶ月たった今でも変わらないので、どうやら神経性頻尿ではないみたいだが、とにかくイライラしないようにするだけでも気持ちが楽になった。いったい原因はなんなのかなあ。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック