西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

生かさず殺さずももう限界・・・ はてなブックマークに追加
2006年10月16日 (月) | 編集 |
heloween.jpg


今日友人から秋を感じさせるリースが届いた。写真にはないがハロウィーンの飾りつけも一緒に入っていた。ああ、もうそんな時期か。思えば去年の今頃はアメリカにいて、ハロウィーンのキャンディを用意するかしないかという話をしていたっけ。まさか3ヵ月後にガンを告知され日本に帰国するとは夢にも思わずに・・・。

昨日快調に出ていたガスも今日はまったく出なくなり、便のほうも相変わらず出ず、肉体的にもさることながら、いささか精神的にも限界がきたようだ。今日は両親が来る日ではなかったのだが、父のマッサージだけ受けたくて、悪いけど父に来てもらった。「マッサージだけやりに来てあげてもいいよ」といつも言ってくれていたのだが、今までは逆にそれだけで来てもらうのは悪いと申し出を断っていたぐらいだったのに、今日はどうしても心の癒しが必要で、自分から来てくれないかとお願いしてしまった。

マッサージはとても気持ちよく心の癒しには十分効果を発揮してくれたが、今日はそれ以上に肉体的な苦痛が大きかったようで、いつもはマッサージ中ものすごく力が抜けてリラックスできるところ、マッサージ中でさえ全身に妙な力が入ってしまい、あまり集中できなかった。
父が帰ってからしばらくして、MUSTの気持ちになってしまったのがいけなかったのだろう。散歩をするかエネマをするか、とにかく寝てばかりいては便は出ないので、苦しくても何かしなければと考えたら精神的にきてしまって、泣きが入った。そして呼吸困難みたいになってしまった。最近泣くとこのような症状が出るのだが、急に呼吸が苦しくなって、ハーーッっていう感じで喉が締め付けられ息が吸いにくくなるのだ。完全に精神的なものからきているものである。

生かさず殺さずとは言うものの、このままでは殺されそうである・・・。かといって自分から人工肛門にしてくださいと病院へ行く勇気も出ず、今の正直なところ、いざとなったら救急車で運ばれてそのまま緊急オペで人工肛門・・・というパターンしかないかなと腹をくくり始めている。今回の山はあまりにも乗り越えるには高すぎる。私のがんばりもあと何日もつか・・・。自分でも自信がない・・・。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
お気持ちはわかりますが冷静になって下さい。
緊急オペなんてできませんよ。
消化器系の場合は、まず体内をきれいにしてもらわないと。
2006/10/17(Tue) 03:41 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
調子の良い時の事、思い出してやってみよう!些細なことで良いから・・・
びわの葉温灸・お花のみずやり・アロマ・ジャズとか好きなんだっけ?お手軽なことからやってみて。
辛い気持ちだけでもをリセットしてあげたいよ。
2006/10/17(Tue) 06:30 | URL  | yuko #-[ 編集]
相談を!
精神的にもたいへんおつらいことと思います。
とにかく、病院側に今の状況を、気持ちを含めて率直に訴え、相談してみてはいかがでしょうか。
「ストーマにしてください」ではなく、こういう状況でこう感じていて、大変つらい、と、医療関係者にきちんと話し、彼らからの現実的な情報を得ることが大事ではないかと思います。
本当にたいへんな状況だろうと思います。もっともっとご両親など周りの方々に甘えてください。みな、とってもみづきさんの力になりたいはず。
2006/10/17(Tue) 10:42 | URL  | 匿名希望 #-[ 編集]
みづきさんは十分頑張ってるし、戦ってるし、これ以上頑張れとはいいません。でも、もう少しだけ、周りに甘えましょう。うちは母が頭の病気だから特別かもしれませんが、セカンドオピニオンに行ったり、ネットの相談室で相談してみたり、母の意志はそっちのけで、家族が勝手に動いてました。きっとみづきさんのご家族も必死で動いていらっしゃると思います。自分で主治医に話をするのが辛いなら、ご家族にしてもらうとか、もっともっと楽になりましょう。負担を減らしましょう。もっとわがままになっていいと思います。
2006/10/17(Tue) 12:20 | URL  | キワ #-[ 編集]
辛い日が続くと、つい投げやりになってしまうけど、もうちょっとがんばって。
みんな力になりたいと思っているはず。でもどう力になってあげたら良いのかわからない。だから、疑問に思うこと、やって欲しいこと、すべて心の中の声を外に出してみて。
いろいろ自分で考えて解決することも大事だけど、話しているうちにきっと心が軽くなって、楽になれるよ!
こんなにみんなが応援しているんだから、大丈夫。もっともっと甘えて大丈夫。
2006/10/17(Tue) 12:49 | URL  | みわ #-[ 編集]
みづきちゃん、よくがんばったね。
あらゆることを調べ、できることはほとんどすべて、したね。昨年までみづきちゃんの身体がみづきちゃんの願いをかなえようと黙ってみづきちゃんに従ったように、今年はみづきちゃんが身体の声を必死で聴いて、こたえられるようがんばったね。だから信じよう。みづきちゃんの立派な欠けがえない身体が、みづきちゃんの真の願いにこたえてくれる、今までもそうであったように。
みづきちゃんのまわりの人たち、誰もあきらめてないでしょ。大好きなご家族もお友達も、ブログの愛読者も。だから安心して、みづきちゃん、なにもかも投げ出して放り出しちゃって。そして一瞬でも多く、最上の眠りを得てちょうだい。気がついたら救われているよう祈ってます。
2006/10/17(Tue) 18:35 | URL  | まる #-[ 編集]
今までどんなに落ち込んでも何度も復活してきた様に、今度もきっと大丈夫!!
 きっと誰かの一言か、どこからかのひらめきか、誰かのマッサージか何かで、楽になってくれることと思います。
2006/10/17(Tue) 19:15 | URL  | サポーター #-[ 編集]
がんばって
初めてコメントします。自分は今年の2月に大腸ガンを宣告され、4月に手術したものの縫合不全で現在ストーマ生活です。いつも読ませてもらってます。自分はガンを宣告されてクリスチャンになりました、毎日お祈りしています。今日からはみずきさんの為にもお祈りさせて頂きます。がんばってください。
2006/10/17(Tue) 20:58 | URL  | KOHKI #-[ 編集]
あまり我慢されないで、病院に相談されたほうがいいと思います。緊急手術は今の状態では命取りになりかねません。
1分でも早く今の苦しさかから開放されるように祈っています。がんばるのは少し休憩してください。
2006/10/17(Tue) 21:49 | URL  | めろん #-[ 編集]
セカンドオピニオン
みづきちゃん 会社の同僚でした本澤です。覚えていますか?今日はいてもたってもいられなくなり 書き込みいたします。実はうちの母も9年前に乳がんを宣告されました。その時の本人 家族の苦しみはとてもよくわかっているつもりです。
その時代はまだセカンドオピニオンなどと言う言葉自体なかったのですが 2つの病院に行き納得した方で治療をうけました。現在は普通の人と
ほとんど変わらない生活を送れています。家族の方だけでも良いので別の病院を回られてはいかがでしょう。会社時代の上司同僚もみんな心配し応援してますよ。
2006/10/17(Tue) 23:00 | URL  | FUMIKO #-[ 編集]
辛そうですね。
直腸の腫瘍の一部だけでも取れればいいのにね。
先日、腫瘍に輪っかをかけて焼き切る手術をテレビで見ました。6センチの直腸ガンだったかな。焼き切った回数が24回。

でも、みづきさんにはダメなのかな。
2006/10/18(Wed) 01:42 | URL  | yas #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック