西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

イージーゴーイング!自分を信じよう! はてなブックマークに追加
2006年10月11日 (水) | 編集 |
とうとう今日は排便がなかった・・・!!いつもであればこんなことになったら精神的に確実に追い込まれ、大泣きして大変なところであるが、今日は不思議なぐらい落ち着いている。というか、完全に開き直ってしまったというほうが正しいかもしれない。
なぜこのようにマインドコントロールに成功したのか!!??それは母の一言がきっかけとなり、さらに主人の言葉が後押ししてくれた結果である。

私の好きな科目は数学、もちろん得意な科目も数学であった。つまり1+1は2になるようなことが好きで、物事を合理的に考え、またすべての事象には理由があると考える性格である。コメントに書いてあったのかあるいはメールでもらったのか忘れたが、とにかく私が直接知らないある人が私のブログを読んで、私のことを「みづきさんは恐らく優等生で生きてきていらっしゃった人」と過去に書いていた。別の人からはメールで「みづきさんは固く物事を考え頑固」とも称された。そして昨日母からは「あんたは生真面目だからもう少し楽に考えたら」と言われた。昨日はまさに便秘ヘ向かってまっしぐらで、精神的にかなりやられており、大泣きしていたときである。
私が優等生??固い??生真面目??自分をそんな風に思ったことはなかったが、このようにいろいろな人から言われてみると、そうかもしれないと思うようになってきた。そしてもっといい加減に考えてもいいのかも?と思ったのである。

主人に言われた後押しの一言は「今回もカマの調節がうまくいっていないだけ。出るときは出るさ」である。確かに今までも何度も便秘で大変な状況に陥ったが、その度になんとかカマを調節して、苦しみながらも苦難を乗り越えてきた。そしてその度にこう思ったものである。「人間、本当に苦しくなれば(=ぎりぎりになれば)出るものだ」と。出る前まではそれはもう苦しいなんてものではないが、でも出なくて死んでしまうということにはならないものだなあと思ったものである。必ずぎりぎりのところで身体が応えてくれるのである。

よって今回もかなり危ない綱渡りになりそうではあるが、自分の身体を信じることにした。実際、よく考えてみれば、昨日はとくに圧迫痛の痛みはあることはあったが、精神的なものがなければたいした痛みではなかった。今日は当然昨日よりはさらに圧迫痛がきているが、それでもまだ死ぬほどの痛みではない。ということは、もしかしたらまだ身体としては余裕があるということなのではないか?そう思うことにした。痛くなければ、苦しくないのなら、それでいいじゃないかと。いつも前もって心配しすぎて、無駄に落ち込んでいたような気がする。よって今回は痛くてしょうがないのならまだしも、そうでないのなら先のことを案ずるのはやめにしようと誓ったのだ。そしたら気持ちが落ち着き、大泣きすることもなくなったのである。

明日もこの調子だと便秘にさらに加速がつき、かなりつらい状況なることが予想されるが、でもせめて精神的に無駄に落ち込むことだけはないようにしようと思う。とにかくカマの調整が一刻も早くつき、便秘解消されることを祈るのみである。イージーゴーイング!自分の身体を信じてがんばるぞ!!
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
私もおとといの下痢の後、昨日は一日便は出なかったよ。きっと私の方がみづきより便になって出てくるようなものをそれなりの量で食事として摂ってるから、下痢の後、みづきのうんちが一日や二日お休みしても当たり前のことなのかな~とも・・。(でもみづきの体のことはみづきが一番わかってるもんね・・・)

今日こそみづきも私もうんちくんに再会できますように~!
2006/10/12(Thu) 06:47 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
きっと明日はうんちくんもイージーゴーイング!みづきの気持ちが乗り移りますように。
2006/10/12(Thu) 19:46 | URL  | あつこ #-[ 編集]
みづきは確かに優等生で生真面目。
だけど、同時にスーパーポジティブになれる人でもあるからね。
これまでのブログを振り返っても、自分自身で答えを出せてるし、
ブログのコメントのなかで皆さんとのやりとりをしていくなかで答えが出てきてる。
イージーシンキングで過ごしてるうちに、良い結果と答えがまた出てくる。
近いうちに「ついに排便!」というブログを読めることと思うよ。
2006/10/13(Fri) 00:06 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック