西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

ザ・塩酸モルヒネ はてなブックマークに追加
2006年10月08日 (日) | 編集 |
今日も昨日とほぼ同じ状況であったが、唯一違ったところは、なぜか痛みが激しかったこと。おとといオプソ(レスキューの麻薬系痛み止め)1包では効かず2包飲んだので、今日は最初から1錠でオプソ2包分に値する塩酸モルヒネ錠を飲んでみた。効き目は絶大、まさにザ・塩酸モ・ル・ヒ・ネ!!という感じであった。服用後5分で痛みは和らいでき、1時間後にはかなり無痛に近い状態に。でもやはり怖いなあと思ったのは、前にも書いたが、痛みを感じない分、他のことも感じなくなるということだ。尿意をもよおしたら、もたもたしていると間に合わない。もよおしたらもうその直後すぐにしないと漏らしてしまう。今日も何度も危ない目に遭った。それから尿意でトイレに行ったのに、なぜか便も少し漏れること。トイレに座っているときだから漏らしても問題はないが、でも出ると思わなかったものが出るのは、やはり人として怖いものがある。ある意味コントロールが効かなくなっているわけだから。

おとといのオプソ、今日の塩酸モルヒネと立て続けにレスキューを使ったので、副作用の便秘が出てきたのかもしれない。夜には下痢もまだしているが、便秘モードに入った感覚になってきた(涙)。エネマをやってみたが完全に失敗。感覚が変になっているため、肛門に力は入らないし、コーヒー液すらうまく入らなかった。むしろせっかく落ち着いていたのに無理に便意を起こしてしまったため、痛くなってしまい眠れなくなってしまった。そんなこんなでまたもや現在午前4時。明日(というかもう今日か)もまた生活時間が狂ってしまうなあ・・・。なかなか午前中に起きて行動を開始するというパターンにすることができない。やはり人間はなるべくお天道様と同じ動きをしたほうがいいのでそうしたいのだが、完全に昼夜逆転の生活になってしまっている。

痛みがまた最近出るようになってきたので、今日からパッチも増量することにした。2.5mgを1と1/4枚(=3.125mg)、つまり計2枚貼っていたのだが、コストを考慮して5mgのパッチ1枚で調節するようにした。よって今日から3.75mgを2日に1回交換という頻度に切り替えた。
1時間前に飲んだボルタレンがようやく効いてきたようだ。このブログを書き始めたときはけっこう痛かったのだが、今はかなり緩和されてきた。これならなんとか眠れそうだ。ああ、早く痛みと排便コントロールの調整がつかないものか。来る日も来る日もこの調整を朝から晩まで考えている生活にも少々疲れてきた。特に排便の調整がもう少しつけばいいなあと思う。便を出すこと、エネマをやるタイミングのことだけを考えて生きる生活も疲れてきた・・・。今日は久しぶりに愚痴っぽいブログになってしまった。明日は気持ちを切り替えて楽しい話題でブログを書けることを祈って寝ることにしよう。おやすみなさい・・・。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
ブレサリアンなんて、まったく想像できない未知なる世界。病気の時は食べて体力をつけるんじゃないの~?
でも下痢のときは確かに水分だけとるように医者によく言われるけど、元気になってきたらやはり食べた方が良いハズだったのに・・・
肉が栄養がないとか、ストーマにして良かったとか、最近のこのブログ、刺激的過ぎる・・・
頭の中の混乱を正常化するためにはやはり文献をたくさん読むしかないね。
みづきも下痢を止めるため、絶食する???
2006/10/09(Mon) 23:43 | URL  | みわ #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック