西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

待ちに待った検査結果 はてなブックマークに追加
2006年02月16日 (木) | 編集 |
今日は待ちに待った検査結果を聞きに行く日だ。いったいなんて言われるのだろう・・・天国か地獄か・・・。主人と母と私の3人でどきどきしながら診察室へ入った。
開口一番、先生は「肝臓と肺への転移はありませんでした。婦人科検診のほうも問題はありませんでした」と言った。一同ほっと胸をなでおろす。「しかし、右の卵巣が肥大化しているのが気になりますね。卵巣はとることになるでしょう。子宮はわかりませんが、子供を産む可能性はあるんですか?」「いえ、ありません」「そうですか、じゃあ場合によってはとるかもしれません」「はい、けっこうです」「問題の人工肛門についてですが・・・たぶんならなくてすむと思いますよ。実際あけて見ないと分かりませんけどね」「はー、それだけはなるべく避けるようにぜひお願いします。で、先生、結局のところステージはいくつなのでしょうか?」「ステージ2か3でしょうね。1の可能性も否定はできませんがその可能性は低いと思います。」「そうですか」「ですので、手術してとってしまえば、5年生存率は2の場合は80%、3の場合は70%ですから安心してください。とにかく希望を持って安心して大丈夫ですよ」「ありがとうございます。それでは手術よろしくお願いします」

なーんだ、ガン=死と思って一時は落ちこんだけど、ぜんぜん大丈夫なんじゃーん。3人ともほっとして、病院を出た。まさに気分はジェットコースターだ。アメリカでガンと分かってどん底に落ち、でも日本に帰ってきてからいろいろリサーチをしてみると、大腸ガンは今やさほど恐れる必要のないガンだということが分かり気分も楽になり、さらに検査結果でステージ2か3と聞いて、ますます希望が沸いてきた。手術さえすれば治る。そう確信できた日であった。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック