西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

好転反応なのか!? はてなブックマークに追加
2006年04月12日 (水) | 編集 |
実は1週間前から歯茎が痛くて、これまた抗ガン剤のせいで歯槽膿漏になったのかと思っていたのだが、もしかしたら好転反応なのか!?と思うようになってきた。というのも、歯槽膿漏も歯茎が痛くなるようだが、基本的には歯がぐらついたり、歯茎が腫れたりするようだ。でも私の場合は歯茎は腫れていないし、もちろん歯のぐらつきもない。そして今日読んだ本によると、食事療法をやったときの好転反応として歯茎の痛みがあるようなのだ。ちなみに好転反応というのは、食事療法やびわの葉温灸など、自然療法をやっている際、一瞬病気が悪化したと思うような症状が出ることで、しかしその後は必ず良くなることから、「好転反応」と呼んでいるそうだ。つまり今まで溜まっていた膿を出すようなことらしい。

うわー、もしそうだったらいいなー。でも、もしそうでなくても、この好転反応というのは便利だと思った。なぜなら、ちょっと調子が悪くなったりどこか痛くなったりしても、「ん?これは好転反応か!?」と思えば、前向きに捉えることができるから。もちろん好転反応でなくて単なる病状の悪化なのに、そう誤解して放置してしまうのは問題になるが、それさえ気をつければとてもいいことだと思った。現に私の場合、歯茎の痛みが出てきたときも、好転反応だと思うことでイライラすることもなかったし、実際今日あたりから何もしていないのに自然に痛みが引いてきたのだ。また歯茎の痛みとほぼ同時に足に湿疹も出ていたのだが、それもやはり今日辺りから消え始めた。やっぱり、好転反応なのかなあ。いや、きっとそうだ。そしてきっと近いうちに今より体調が良くなるだろう。どのぐらい好転するか今から楽しみだ。(^^)

今日の体調報告。体調はまずまずといったところ。食欲は相変わらず旺盛なので、その点は心配ないが、昨日同様おならを出すのにとにかく一苦労。今日も午後散歩に出かけたが、結局トイレから離れることができず、またもや聖路加の近くをぐるぐる回るのが精一杯であった。でも10分も歩くとすぐにお腹が張ってきて、トイレに行って出すのだが、そのときに少量の便も一緒に出てしまうので、散歩から帰ってきたときは痛みもピークであった。それでもがんばってロキソを飲まずに、ホカロンでおしりを温めることで痛みを軽減、結局昨日に引き続きノーロキソ(痛み止めなし)で一日過ごすことができた。2日連続で痛み止めを飲まないで過ごせたのは、何ヶ月ぶりだろう。ものすごい快挙だと思う。びわの葉温灸が効いているのかな?(^^)
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
2日間も痛み止めなしで過ごせただなんてスゴい!良かったね!私も貴女のブログを読んで、痛みを共有してるような気になっているので(実際そうできると良いのにねー!)嬉しいよ。歯茎の痛みなんかも、貴女のように好転反応と考えると、治療へのエネルギー源(励み)になるよね。がんばれ、がんばれ!
2006/04/12(Wed) 22:46 | URL  | もとみ #-[ 編集]
毎日応援しています。私の姉もびわの葉温灸とゆたんぽがダイブ楽になると言ってました。後、私は足裏マッサージをしてあげるのだけどお湯に足をつけて揉んであげるととても楽になるそうです。お勧めです。
2006/04/15(Sat) 21:18 | URL  | かば高 #-[ 編集]
応援ありがとうございます
もとみ、いつもコメントありがとうね!そしてかば高さん、「毎日応援しています」というお言葉が、ものすごく私に活力を与えてくれました。ありがとうございます。お姉さんがガンなのですか?もしそうだったら一緒にがんばりましょうとお伝え下さい。マッサージ、早速やってみますね。過去の日付のものも、遅ればせながら時間を見つけてアップしていますので、もし興味あったら読んでみてください。闘病の参考になれば幸いです。
2006/04/15(Sat) 22:53 | URL  | みづき #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック