西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

みんなが思っているほど私は元気じゃない はてなブックマークに追加
2006年09月08日 (金) | 編集 |
皆さんを驚かすつもりは毛頭ないが、恐らく皆さんが思っているほど私は元気ではない。かといって、皆さんが思っているほど深刻な状況でもない。ブログを読んでいる人たちは、けっこう私が元気だと思っているようだが、逆に、初めて私が進行がんで余命1年だなんていう話を聞いた人たちは、もうやせ細ってベッドから起き上がれないような、かなり深刻な状況下にあると思っているようだ(^^)。

なぜこんな話を今日書くかというと、弟が私の状態を見て、想像以上に具合が悪いことにショックを受けていたという話を今日母から聞いたからだ。弟夫婦と両親は、家は別だが同じ敷地内に住んでいる。おととい練馬の実家に一時避難した話はブログに書いたが、急な話だったし短時間だったので、弟には私が行くことは知らせてなかった。ちょうど父に話があったらしく、弟は私が来ていることを知らずにたまたま仕事帰りに両親の家に立ち寄った。そしてタイミングが悪いことに、ちょうどその時は私の痛みがピークを迎えているときで、緩和ケアに電話したのにつながらず、私がおいおいと泣いているときであったのだ。私も痛みに耐えるのに精一杯で、あまり弟の様子をじっくり観察している余裕はなかったのだが、弟は私の姿を見てかなり驚いているようであった・・・。

弟は、私のブログと母からの話で、私の状況はほぼ把握しているものの、直接会うことはほとんどなかったので、まさかここまで痛がっているとは思っていなかったようだ。それは父も最初そうだった。最近は仕事が楽になったのでしょっちゅう我が家に来ているため私の状況をかなり把握しているが、以前は母からの話がすべてであった。もちろん母も私がかなり痛がっているという話はしたのだろうが、やはり「百聞は一見にしかず」のようだ。父も、初めて私が大泣きしている様子を直接見たとき、ここまで痛みがひどいものだとは思っていなかったと、あとで母に話していたようだ。

やはりブログのように、文字にすると正確には私の状況は伝わらない。ブログを読んで皆さんを暗い気持ちにさせることが目的ではないので、やはり軽いタッチで文章も書くし、ましてやいちいちどのぐらい痛いのかなどという話を伝えるために書いているわけではないので、ある程度はそういうことも書くが、それ以外のことも書く。だっていつも言っているように、ブログを書くのは、今の私にとってはとても楽しいことだからだ。しかし実のところ毎日そうなのだが、ブログを書く1時間という時間はぎりぎり捻出できているのであって、それ以外の時間はほとんど撃沈状態なのである。

少し話が横道にそれるが、ブログを書くことがいかに楽しいことか、そしてそのためにはどんなに苦しくてもがんばれるかというエピソードを紹介しよう。その人も私と同じ状況、つまりかなり具合が悪いにも関わらずブログだけはほぼ毎日欠かさず書いていた人がいた。私と同じぐらいの30代の女性であったが、かなりガンは進行しており、自分で言っていたが、延命目的の生活を送っていたようだ。そして実は残念ながらその方は先日亡くなった・・・。しかし超驚きなのは、なんと亡くなる3日前までブログを書いていたという事実だ。これにはさすがの私もびっくりした。ブログを読むと、最後のほうは酸素吸入を自宅でしながらの生活だったようだが、そんな状況でもブログだけは欠かさず書いていたのである。彼女のブログに対する熱い思いにも驚きだが、人間死ぬ3日前までブログを書くことができるのだということにも驚いた。

なんか今日は変な話になってしまった(^^;)。重ねて言うが、別に皆さんに私の大変な状況を知ってもらいたいからこの話を書いたわけではない。ただ、多少実際の私の状況と皆さんとの想像にギャップがあることは、事実としてお伝えしておこうと思った次第である。そしてこのギャップが生じることについては、しょうがないと思うし、私も気にしていないので、どうぞ皆さんも気にしないで欲しい。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
気にしないよ~だから、みづきも気にしないで!
そういうサバサバした感じ大好きよ。
希望としては、ブログがみづきにとって常に”楽しみ”であって欲しい。それ以上でも無く、それ以下でもなく。
私は、想いの違いはあるとしても、繋がることができるのが嬉しいよ。ブログってすごいね。
2006/09/09(Sat) 04:23 | URL  | yuko #-[ 編集]
私も、数ヶ月前まではまったく知らなかったみづきさんと、ブログを通して思いの共有ができることが嬉しいです。今、私にとってみづきさんは、大切な親戚(従妹)のような存在です。
 みづきさんのつらい状態もブログの全体、みづきさんの性格から大体わかるような気がします。
今どんな状態であっても、みづきさんが元気になるのを信じて応援してます。
2006/09/09(Sat) 08:50 | URL  | サポーター #-[ 編集]
しばらく出かけていたので久しぶりにブログをみました。私も周りにガンを患った人が今までいなかったので、痛みについては甘く想像していると思う。でもこれからもわからないがら一緒に一喜一憂していきます!よろしくね~。
2006/09/09(Sat) 09:23 | URL  | あつこ #-[ 編集]
「泣きが入る」ってどんな痛み??っていつも考えていました。私の場合お産くらいしか想像できないけど、大きな違いはお産には終わりが確実に目の前に見えることだと思う。これがみづきの痛みを想像できない最大の理由だと思う。でも、みづきのブログを見ながら一緒にどうしたら良いか考えたり、頑張ってる気持ちになったり、つらい気持ちになったり、一喜一憂しています。
もちろん現実とのギャップはあってもその気持ちがみづきのパワーにつながってくれるはずと勝手に信じています。
2006/09/09(Sat) 11:10 | URL  | みわ #-[ 編集]
宮田美乃里という歌人を今年の春知りました。
ガンで亡くなってから知ったのですが、その人の病床での短歌が私には衝撃でした。自分がガンになったら精神をどう保つか、どう時間を使うか、考えさせられます。
そして、死んでから知ったのでは意味が無い、そんな気持ちが強かったです。
宮田さんは亡くなる前の日まで、短歌を作っていたそうです。その亡くなる少し前のいくつかの短歌は、胸に突き刺さりました。(森村誠一さんのサイトに有ります)
短歌を書くのと、ブログを書くのは同じだと思います。どう生きるか。。だから、ブログを休んで下さいとは言ってはいけないと思いました。
2006/09/09(Sat) 14:24 | URL  | yas #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック