西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

レスキュー発動! はてなブックマークに追加
2006年09月05日 (火) | 編集 |
flower0905.jpg


なんとか今ブログを書いているが、実はひーひーふーふー状態なのだ。夜10時の排便で強い痛みが出始め、なんとか痛みを軽減すべくあらゆる手を尽くしたが、今日の痛みは頑固でまったく軽減される様子がないので、とうとうレスキューの痛み止めを頓服することにした。まずはリンサコデインを飲んでみた。これは咳止めの薬なのだが、一部痛み止めの成分も入っているので、私にはレスキュー薬として処方されている。しかし飲んでから30分経過してもまったく効果が現れてこない。よって次なる薬をどうすればよいか、また立て続けに飲んでも良いか分からなかったので、聖路加の緩和ケアに電話した。そしたら飲んでもいいということだったので、例の抗てんかん薬のランドセンを飲むことにした。それからボルタレンも飲んでいい時間になったので飲んだ。その他、今まで痛くてぜんぜん飲めていなかった通常の薬たち・・・カマや大建中湯、タケプロン、サプリ類、等々・・・膨大な量の薬を一気に流し込んだ。

以上のことから、痛くてとても書けるような状態ではなく、実は今日もブログはお休みする予定でいたのだが、レスキュー薬を飲んでちょうど痛みが引いてくるまでの間、寝てても起きてていても同じように痛いので、だったらブログでも書くか、ということで、このように書いている次第である。最近、ブログを書く余裕すらなくなってきている。私の楽しみを奪わないで欲しい。ブログを書くのは唯一の楽しみなのだから。
それにしても、夜中に緩和ケアに電話して相談できたのは、本当に心強かった。今まではそういうことができなかったから、なすすべもなく翌朝までひたすら痛みに耐えていなければならなかった。そういう点でも、緩和ケアに変更した意義は大きい。

少し痛み止めが効いてきたかな?ランドセンの副作用である眠気も出てきたようだ。ちょうどいいタイミングなので、このまま眠ることにしよう。本当は便秘解消にエネマをやってから寝ておきたかったが、もう今日はその気力も体力もすでに使い果たしてしまった・・・。なかなか思うようにことが進まず、毎日悪戦苦闘だ。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/06(Wed) 22:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック