西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

ボラギノール軟膏にMとAがあったって知ってました? はてなブックマークに追加
2006年08月26日 (土) | 編集 |
またもや私の薬に対する無知が露呈してしまった。とにかく薬嫌いで病気知らずだった私は、この35年間で飲んだ薬といったら、ほとんど生理痛のときのバファリンぐらい。あとは歯を抜いたときと急性気管支炎になったときと首ぎっくりになったときに医者から処方された薬ぐらいなもんだから、情けないぐらいに薬のことを知らない。

ところでTVでさかんに宣伝されている「痔に~はボラギノ~ル!」ってやつだが、みなさんはボラギノール軟膏にMとAがあることをご存知だろうか?けっこう知らない人もいると思うが、実際使うとなったら注意するべきことがあるかどうかは恐らくみなさん知っているのであろう。しかし私は知らなかった(^^;)。佐藤さんから指摘を受けるまでは。

3日前(21日)のブログを読んで、佐藤さんから「ネリプロクト軟膏はステロイドが入っているから注意して使ったほうがいい」とアドバイスを受けた。ステロイドってよく聞く言葉で、あまり良くないものらしいという認識はあったが、実際のところ良く分かっていない。まあ簡単に言ってしまえば、ステロイドが入っているほうが効き目は強いが、その分副作用もあるということらしい。だから入ってないもので十分な効果が得られるのであれば、入ってないほうを選ぶべきだということのようだ。こういうことを知っていて使うのとそうでないのとでは大きく違う。私の場合は、そういうことをまったく知らずに、たまたま家にあったから使ってみた・・・という人なので、これからいろいろな薬を使っていく中で、そういうことではいけないと思った。もっと薬のことを勉強する必要があると思った。ひいてはそれが自分を守ることにもなるのだから。ちなみにボラギノールMというほうがステロイドが入っていない軟膏で、我が家にあったのはMであった・・・ホッ。

それと、掲示板のほうでも別のご指摘があった。デュロテップパッチはモルヒネの貼り薬と書いてしまったが、モルヒネではなくフェンタニルであった。これまた細かい違いは私もまだ理解していないのだが、要するに同じ医療麻薬だが種類が違うということのようだ。フェンタニルのほうがモルヒネに比べ、若干副作用が弱めらしい。だからオキシコンチンを避け、私はデュロテップパッチを希望したのであった。
実際デュロテップパッチを使用開始して6日経ったが、思ったより便秘の副作用はないようだ。便秘だけは阻止せねばと前もってカマを増量してしまったため、下痢気味になってしまい、またその調節に今苦しんでいる・・・(^^;)。まあその調節ももうまもなくつくであろう。それよりも今困っているのは、眠気と倦怠感である。今飲んでいる薬の中には、特に副作用としてそのような注意書きはないのだが、実際常に身体がだるいというか眠いというか、やる気が起きない状態なので困っている。副作用でないとすると、単なる怠け病か!!??
今週は非常事態ということもあって、毎日両親に来てもらいマッサージをやってもらうなど、まさに女王様状態だったので、すっかり怠惰な生活が身についてしまったのかもしれない。痛みがとれたらまた気合を入れなおして、初心に戻ってがんばるぞぉ!
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
優しいご両親がいて、幸せですね。お母さんっていろいろ気がついて、細々動けるけど、お父さんって大抵何をしていいかわからない人が多いかなと思うので、みづきさんの父上は素敵!色々頼める事も、してあげられる事も幸せ!親子だものね!
2006/08/27(Sun) 00:29 | URL  | なおこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/27(Sun) 08:28 |   |  #[ 編集]
そもそも薬は毒なんだよね。
私も肝に銘じておかないと。
それにしても、ブログが再開してて良かったです。
でも、更新することをあまりプレッシャーに感じないようにね。
あとは、体重がもっと増えるよう祈っています。
2006/08/27(Sun) 17:53 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/02/13(Tue) 22:55:09 |