西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

かなりブルー入ってます・・・ はてなブックマークに追加
2006年08月17日 (木) | 編集 |
kumikoasakura.jpg


今、かなりブルーになっている。いったい自分は今どういう状態なのか、いったいどうしたらいいのか分からないのだ。一応1日に10回もトイレに行くような頻便の下痢からは脱出できたが、まだおなかは一日中ぎゅぎゅるしていて気持ち悪いし、下痢も止まっていない。かといって、簡単に出るわけでもなく、かなり力まないと出ない。力んだ末にようやく出るのが下痢というわけだ。しかも自分の感覚としては、なんとなくまだ肛門付近に硬い便が出ないで残っている、すなわち便秘の状態が続いているのではないかという感じもしている。ただ、直腸がんの症状として残便感というのがあるので、それではないかという思いもある。しかし実際、今日は量としてもほとんど便が出ていない。昨日まで下痢でけっこう出していたので、さほど今日出ないことに関しては気にする必要もないとは思っているのだが、どうしても便秘に関しては人一倍ナーバスになってしまう。何度かトイレには行っているが、いずれもほんの少ししか出ず、それなのに時間もかかるし、何度も力んでいるため、とうとう痔が悪化してしまった。ただでさえ痛いのに、痔の痛みが追加され、まったく踏んだり蹴ったりだ(涙)。

とにかく下痢と便秘とでは対処法も正反対なので、せめてそれだけははっきりさせたい。もし便秘ならまたカマを増やして下痢にして出さないといけないし、そしたらせっかくここまで回復してきたのにまた元の木阿弥だ。便秘でないのなら、このまま回復を目指してやっていくだけだが、とにかく今日一番私を悩ませたのは痔の痛みである。昨日までは血は出ていなかったのだが、さすがに今日は血が出るようになってしまった。いやはや痔の痛みは強烈である・・・。アメリカから緊急帰国してきて痔と闘っていた日々を思い出す・・・(^^;)。

そして次に私を悩ませたのはガスが出ないことである。とうとう今日は一度も下からまともに出ることはなかった・・・。排便時に一緒に少しは出ているのだろうが、あまりその感覚はない。とうとう下からあまりにも出ないものだから、上からゲップとして出てくるようになってしまった。まあ「ガスを出す」という意味では上からだろうが下からだろうが身体的には出ればいいようだが、やはり下から出ないというのは大問題であろう。これについてはなんとかしないと大変なことになりそうで、よって私もかなり精神的に参っているのだ・・・。もちろん肉体的にも相当つらいのは言うまでもない。
今日は上からだの下からだのと、汚い話になってしまった・・・。私自身、いい加減こういう話題から離れたいと思っているのだが、こういう話題から離れられないのも直腸がんの宿命なのである・・・(^^;)。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
以前、腸がまったく動かなくなってしまって
お腹がはってとても苦しんだ時に
薦められてハリをしました。

終わって数時間後にお腹がポカポカ動いてガスが出て救われた経験があります。
2006/08/18(Fri) 00:55 | URL  | まこと #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/18(Fri) 01:46 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/18(Fri) 02:29 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/18(Fri) 06:41 |   |  #[ 編集]
便秘にしても下痢にしても、腸の調子が整えば良いんだよね。やはりモーツアルトか?!(モーツアルトは脳の副交感神経を刺激し、腸の運動を活発にする)
うちではビオフェルミンを飲むと調子良くなるんだけど、これまたへんなものがいろいろ入っていたりするのかな???
痔は漢方の紫雲膏(しうんこう)という薬を塗ると早く治るんだ。
2006/08/19(Sat) 00:02 | URL  | みわ #-[ 編集]
鍼がガス出しに効果ありというのは他の人にも言われたことがあり、かなり前向きに検討中なのですが、いかんせんその治療を受けに行くまでが問題でして・・・。外出ができないのです・・・。ぐすん・・・。

他の方もコメントありがとうございます。参考にさせてもらってます。
2006/08/19(Sat) 00:19 | URL  | みづき #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック