西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

抗がん剤の思わぬ功名 はてなブックマークに追加
2006年08月16日 (水) | 編集 |
f02.jpg


今日は気の治療院の予約が入っており、相変わらずの下痢で直前まで行けるかどうか分からなかったが、なんとかぎりぎり外出することができた。ここのところ散歩もまったくできていなかったので、久しぶりの外出であった。しかし案の定、途中で一度もよおし、近くのトイレに駆け込んだ。帰りも築地の駅を降りてからやばくなったが、なんとか家のトイレまで我慢できた。そういう意味では、なんとかもらさず行って帰って来れたので、ついていると思った(^^)。
しかし、どうやらこの下痢も収束に向かっているようだ。一応今日の感じでは、昨日ほどひどくはなかったので、昨日が山場だったと見ている。前回の便秘のとき同様、今回の件ではかなり気力・体力ともに消耗してしまい、いろいろと狂ってしまったので、また一つずつ元の状態に戻していかねばならない。
・・・と、すっかりトンネルを抜け出たような書き方をしてしまったが、まだ現時点でそう判断するのは時期尚早である。そう言えるかどうかは、明日、あさっての状態にかかってくるであろう。あー、早く下痢とおさらばし、また前のように治療に専念できる状況にもっていきたい!!

ところで、今日外出するとき眉毛を描いていてふと思い出した。そう、思えばなぜか一時期やたらに眉毛がりっぱになったときがあったのだ。私の眉毛は自分でもいやになるぐらい貧弱な眉毛で、途中で切れていたりするので、とてもじゃないが描かないと人前に出られないぐらいの眉毛である。それがどういうわけか、2ヶ月ぐらい前だろうか?ある日鏡を見ていて、あまりにもりっぱな眉毛になっているので驚いた。切れていたところもふさふさになっていて、しかもちょうどよい感じに生えており、まるで描いたようなりっぱな眉毛になっていたのだ。だからもちろんそのときは眉毛を描かないで外出した。
なぜ突然りっぱな眉毛になったのか???正確な理由は分からないが、私は抗がん剤の逆副作用(?)ではないかと思っている。髪の毛のように生えているところからは抜け、逆にないところには生えてくるという・・・。その証拠に、髪の毛の脱毛が終わったと同時に、眉毛も結局元の貧弱な眉毛にすっかり戻ってしまった。ああ、あのりっぱな眉毛にはもう二度と会えないものか。抗がん剤の思わぬ功名がこんなところにあった(笑)。抗がん剤も悪いことばっかりではなかったようだ(^^)。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/17(Thu) 09:18 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/17(Thu) 13:01 |   |  #[ 編集]
眉毛?え~抗がん剤がそうなの?それにしてもすごい前向きな発想!!アデランスに報告する?!
体調回復の兆し、良かったね。気の効果もあるのかな?私も気孔にはとても興味があるので、変化を感じたら是非教えてね。
それから例のレインボーのバラ、お祝いに使わせてもらってます。夏はすぐ枯れちゃうからもったいないけど、喜んでもらってます。ありがとう。

2006/08/17(Thu) 21:49 | URL  | みわ #-[ 編集]
想定外のラッキーな副作用ってありますよね。

僕は最近、頭頂部の薄毛が進行したため、飲む毛生え薬「プロペシア」を服用しているのですが、髪の毛はなかなか生えないのに、副作用でまつげがくるりんと長くなってしまいました。

初コメントがこんな内容ですみません(^^ゞ
コメントは初めてですが、ずっとブログは拝見してて、いつも心を側に寄せて、むっちゃ応援しています!
2006/08/18(Fri) 16:23 | URL  | Atsushi@IIR39 #1Y7zhRuQ[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック