西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

エネマのコーヒーはいったいどこへ消えた・・・? はてなブックマークに追加
2006年08月13日 (日) | 編集 |
昨日便秘解消の兆しが見え始めたと明るい報告をしたばかりなのに、今日は見事にその期待を裏切られた。症状はさらに悪化、今日は便もガスもほとんど出なかった。しかもエネマをやってまったく便が出なかったのは今日が初めてである。そしてさらに追い討ちをかけるように、昨日の頻便のせいでまたもや痔になってしまった。ガンの疼痛に加え、痔の痛みが新たに加わり(しかも痛みが強烈!)、ここまで私を苦しめるか!!??と、半ばあきれてしまった。
よって便秘解消という課題だけでも大変なのに、痔も治さなくてはいけなくなり、またもや肛門をいじめまくりの日々の再来だ(涙)。とうとう私の大嫌いな座薬にも頼らざるをえなくなった。どうやら今回のトンネルは思った以上に長いようである・・・。

ところで、未だに不思議に思っていることがある。それは今日やったエネマのコーヒーの行方だ。上に書いたように、排便に結びつかなかったので私としてはかなりがっくりだったのだが、とりあえずコーヒーは久々に650cc注入でき(私としてはかなり上出来)、さらにちゃんと12分間腸にためておくこともできたので、途中まではかなりいい感じであった。さあこれで今日こそは便秘解消だあ!!!!!と期待してトイレに入ったところ、出てきたのはコーヒーだけ。しかもどう考えても650cc全部出てきていない。300ccぐらいしか出て来てないのだ。結局そのあとかなり長時間トイレでがんばったのだが、それ以上出てこなかった。残りの350ccはいったいどこへ・・・?たったの12分間で腸に吸収されてしまったのだろうか???それともまだ腸の中に残っているのだろうか???後者であればそのうち出てくるだろうと気楽に構えていたのだが、結局今日一日コーヒーは出てこなかった・・・。うーん、不思議だ。いったい350ccのコーヒーはどこへ行ってしまったのだろうか?まあ飲めるコーヒーを入れているので毒ではないから、たとえ腸にたまっていたとしても害はないとは思うのだが、とにかく不思議なのである。

それにしても昨日の夜は大変だった。2時から3時までの1時間、一人でベッドで痛みに耐えていたのだが、さすがに唸り声を上げ始めた。隣の部屋で寝ている主人を起こしてはいけないと、それでも小さい声で唸っていたつもりだったのだが、聞こえてしまったらしい。主人が起きてきた。それからはまさに朝の6時まで、二人三脚の苦しい3時間であった。3時の時点でびわの葉温灸、やっている間だけは少し痛みが和らぐのだが、終わるとすぐに痛みが復活する。結局通過痛を怖がらずに出すものを出さないと一生この痛みは消えないということで、3時半にトイレでがんばってみた。だめだった。4時にお風呂に入ってみた。やはり同じく入っているときだけはいいのだが、出た瞬間に痛みが復活する。もうこの頃には外が少し明るくなってきた。身体を動かしていたほうが気が少しはまぎれるのではないかということで、家の中を痛みをこらえて歩き始めた。だめだった。ベッドに戻り、ひたすら主人になぐさめられながら痛みに耐えた。そして朝の5時。ようやくロキソ(痛み止め)を飲める時間になったので、2錠飲んだ。すると40分ぐらい経過して効果が現れ、こうしてようやく6時に眠りにつくことができた。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
どこへ行っちゃたんだろう?コーヒー・・・
体も便も水分が欲しいのかな?
今晩は眠れますように。。。
2006/08/14(Mon) 00:25 | URL  | yuko #-[ 編集]
普通に腸内に吸収されます。
無害ですから、心配しないでください。
2006/08/14(Mon) 05:10 | URL  | 佐藤 #-[ 編集]
実家へ行ってる間、パソコンが見られないので
みづきの様子が心配だったよ。痛みに苦しんで
ることが多かったみたいで・・・。この痛み、やっつけてしまいたい。

ところで野菜ジュースなどの他にも水分はたっぷり摂ってるんだよね?

今日の夜はぐっすり眠れますように。。。
2006/08/14(Mon) 06:11 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
とにかく便秘にしろ痔にしろ、痛いのは勘弁だよね。
本当に治まってほしいと祈ってるから。
2006/08/14(Mon) 13:40 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/14(Mon) 17:24 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック