西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

ただいまボルタレンの再実験中 はてなブックマークに追加
2006年08月01日 (火) | 編集 |
いやはや神様は飴と鞭をうまく使い分けるものだ。昨日あれだけ調子良かったのに、今日はぜっ不調だった(涙)。昨日の夜も痛くてあまり寝られず、朝からエネマも失敗、そのせいで気分がふさいでいたせいか、なんとなく一日中倦怠感が漂っていた。夕方の散歩中も、いつもの軽さはなく、一生懸命腕を振るものの、あまり前に進まず身体が重かった。そして極め付けに夕食後の圧迫痛である。ガス出しのために父と母が代わる代わるマッサージや腸もみをやってくれた。その甲斐あって、痛みはあるものの、なんとかガスは出るようになってきた。それでもまだ現在もおなかはパンパン状態である。

夜明けの来ない夜はないとも言うが、夜の来ない夜明けはないとも言えると思った(苦笑)。でも今日夜が来たので、恐らく明日は夜明けであろう。そう思ってこれからがんばって2回目のエネマをやることにしよう。

ところで、実はおとといの夜から再びボルタレンを飲み始めた。この前のあの発疹が薬疹だったのかどうか確かめるためだ。とりあえず現在のところ何も変化はない。ただ前回も飲み始めてから5日目に発疹が出始めたので、まだ予断は許さない状況である。しかし、もしこれで今回発疹が出なかったら好転反応だったと考えられる。乞うご期待というところだ。
私としては、好転反応を期待する部分も大いにあるが、それだけでなくぜひボルタレンの汚名を晴らしてボルタレンを服用できるようにしたいという思惑もある。なぜならボルタレンの場合、1錠でロキソ2錠と同等の効果が得られているので、その点でもボルタレンのほうが私には合っているのではないかと思うのだ。ボルタレンのほうが効き目がある感覚は、以前飲んだときもそう思ったから。だからボルタレンのせいで発疹が出たとなると、ちょっと困ったことになるなあと思っていたのだ。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
私も、肘の内側とか、内股の膝近くとか、1、2年に一回ぐらい発疹が出ます。 たいがい、ろくなものを食べてなかった時+疲労気味の時です。栄養と体力の両方が落ちた時です、私の場合。
2006/08/02(Wed) 00:38 | URL  | yas #Nc2AnN8g[ 編集]
息子に蕁麻疹が出たとき、蕁麻疹は食べ物が原因ではなく、90%は体調の弱っているときに(疲れが原因で)出ると、皮膚科で言われたんだけど、その可能性もあるのかな??
もし今回また発疹が出ても、もう一度くらいチャレンジするのはどうだろう??でも痒みのリスクが・・・
う~ん、つらいところだね。やはり今回は蕁麻疹には出ないでもらおう。
2006/08/02(Wed) 01:03 | URL  | みわ #-[ 編集]
ガスがうまく出ないのはなぜだろ?腸がまだ冷えてるのかな。マッサージの他に温かい飲み物飲んでみるとか?おいも食べたら余計に張っちゃうかなあ。私もいろいろ実験してみるね。
2006/08/02(Wed) 12:56 | URL  | あつこ #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック