西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

大腸内視鏡検査、そしてガンの宣告 はてなブックマークに追加
2006年01月17日 (火) | 編集 |
2006年1月17日大腸内視鏡検査を受けた。話では、内視鏡自体はほとんど苦痛はなく、むしろその前に飲む下剤のほうがつらいと聞いていたので、安心して受けたが、実際はとんでもない苦痛であった!検査中あまりの痛さに私は泣き叫び、なんと3人の看護婦に押さえつけられたのである!!もちろん下剤もつらかった。アメリカの場合、日本と違い、自宅でジュースを飲みながら下剤を飲むのだが、もうまずいのなんのって、今でもあのときのホワイトグレープジュースを見るだけで吐き気がしてくる。恐らくもう二度とホワイトグレープジュースは飲めないであろう。

それにしてもアメリカは動きが速い。私が内視鏡検査終了後、瀕死の状態でベッドにうなだれていたところへ、もう写真付の検査結果及び医師のコメントが書かれた紙を持ってきた。そしてあっさりと「ガンです」と言われた。cancer という単語が聞こえたので、自分がガンらしいということは理解したのだが、あまりにも唐突で、しかも瀕死の状態だったので、「ああそうですか、ガンですか」ってな感じで、そのときはあまり実感が湧かなかった。さらにはアメリカで治療を続ける場合の医者までが引継ぎの挨拶に来た。医者にはアメリカで治療を続けるか、日本に帰国するか、とにかく至急決断したほうがいい、と言われた。とくに私の場合35歳という若さだったので、ガンの進行も早い。素人ながら直感でそう思った。だからすごく焦った。家に帰るとだんだん自分がガンであるという実感が湧いてきて、ものすごい恐怖を感じた。その日の夜は、自分の悲運を恨み、夫と泣いた。声を出して大泣きした。夫の涙を見たのは初めてだった。とてもうれしかった。ほんの少しだけガンに感謝した。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック