西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

大泣きの意外な効果 はてなブックマークに追加
2006年07月23日 (日) | 編集 |

takuya_himawari.jpg


今日は昨日ほど強い精神力を発揮できる動機となるものがなかったせいか、痛みを押さえ込むことができず、一日中痛みと闘っていた。痛みで母のマッサージを中断したのは初めてだ。マッサージを中断し、お風呂に飛び込んだが効果なし。またもや精神が限界に到達し、夕方に大泣きした。
しかし、そのとき意外な効果を発見した。大声をあげて思いっきり泣くと、なぜか痛みが和らぎ、精神的に落ち着きを取り戻した後はかなり痛みが軽くなっているのだ。今日もそうだった。

実は、この効果は今日に限らず、前から少し感じていた。だから、もちろん激しい痛みだから泣くのであるが、ときにはわざと実際の痛み以上に大泣きすることもある。さすがに長く私とつきあっている主人はそれに気づいていて、時々「今回はすごく痛くて泣いているの?それとも精神的にやられているの?」と聞いてくることがある。そして私も時々「今は精神的・・・」と答えることがある(^^;)。

ただこの技も、残念ながらそう毎回通用するものではない。実は今日、2度目の痛みのピークが夜に来たので、夕方の1回目のときの効果を期待してわざと大泣きしてみたのだが、あまりにもわざとらしく泣こうとすると、大泣きすらできないようだ。涙もあまり出ないし、完全にうそ泣きの泣き方になってしまっていた・・・(^^;)。よって痛みも緩和されなかった・・・。

しかし、唯一ここのところ助かるのは、夜寝るときだけは痛みが抑えられるようになったことだ。一時期は、日中はまあまあ調子よくても、寝るときに痛みが激しくなり、眠れない日が何日も続いた。しかし今は逆で、日中は痛くて何もできないのだが、夜ロキソ2錠飲んで、エネマをやって1、2時間経つと、痛みがかなり和らぎ、そのまま眠りにつくことができるようになったのだ。これまたどうしてこのようなサイクルになったのか分からないが、やはり夜眠れないのが一番つらいので、どっちもどっちではあるが、やはり今のほうがまだましと言えよう。よって最近は、深夜12時から2時の2時間が、私にとって唯一痛みが軽い最高のときなのである。

この痛みについては、近々なんとかしなければならないと考えている。さすがにこの状況が長期間続くようではさすがに問題だと私も思う。個人的には1分1秒でも早く痛みから解放されたいとは思うが、やはり麻薬に頼る生活に突入するのはなるべく避けたい。しかも現状下痢の状態であることもこの痛みに多少なりとも関係していると思われるので、とにかくカマを調節して下痢をストップさせ、ある程度の状態を保った上で1週間ぐらい様子を見たいと思っている。ガンの闘病生活が長期戦であることを考えれば、たったの1、2週間ぐらい様子を見るために費やしても問題ないはずだ。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
精神的に非常につらいときにも、大人げなく大泣きすると、すっきりさっぱりしますよね。それと同じかしら・・・。
 しかしご主人さすがですね。つらい話ではありますが、お二人のご様子を想像すると何となく微笑ましくもあります。
 夜、眠れるようになったそうで良かったですね。
眠くなってきたら、睡眠優先でブログはお休みしても良いのでは?あるいは、心配している方々(お父様とか)が、今日はどうだったとか気にされているでしょうから、ひとことだけ報告して、眠るとか。
たくさん寝て力をつけて下さい。
2006/07/24(Mon) 10:18 | URL  | サポーター #-[ 編集]
痛みの調整、早くうまくいきますように。参考までにご紹介…指先5本で息を吐きながら垂直に腸を押す。それこそ背中に指が届くぐらい。そういうヨガもあるそうよ。腸が温まり、動きがよくなるそうです。
2006/07/24(Mon) 17:19 | URL  | あつこ #-[ 編集]
痛みとの戦い、つらいね。でも、前向きに頑張って。みんな応援しています。
早速主人が虹色のバラを買ってきてくれた!!主人とともに、みづきにも感謝。ありがとう~。うちは一輪だけど、すごくきれい。「星の王子様」いや、「美女と野獣」か???とにかく別次元、別世界で本当に素敵。
2006/07/24(Mon) 23:45 | URL  | みわ #-[ 編集]
早速バラを???
すごいね!早速あのバラを買ってきてくれたなんて!なかなか特別なことでもない限り買えないよ、あんな高価なバラ。さすがのぼる様。
2006/07/25(Tue) 21:53 | URL  | みづき #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック