西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

見出せぬ解決の糸口 はてなブックマークに追加
2006年07月07日 (金) | 編集 |
昨日の夜というか今朝というか、とうとう痛みで発狂した。夜中の1時から明け方6時ぐらいまで、痛くて痛くて一睡もできず、主人も巻き込んでの大騒動だった。寝ても起きても歩いても立っても座っても、とにかくどんな体勢をとっても痛い。足つぼマッサージ、ゆたぽんで温める、お風呂等々、ありとあらゆることを試みたがどれもだめだった。とうとう夜中の3時にびわ葉温灸までやった。それでもだめだった。何度も大泣きし、もう身も心もボロボロであった。

そんな中、唯一少しだけ効果があったのが、主人の「気の注入」だった。おしりに手を当てて気を入れてもらったのだが、それをやっている間だけ、なぜか痛みが少しだけ和らいだ。気の注入は何もこれが初めてではなく、いつもびわの葉温灸中に1回やってもらっている。が、いつもは特に変化はないのに、なぜか今回は明らかに痛みが和らいだ。やはり主人の本気度が違ったからだと思う。当てていた手から、ものすごくエネルギーが私のおしりに伝わってきた。日本語で「手当て」というが、まさにそのとおりだと思った。科学的にはどういう作用があるのかは分からないが、手を患部に当てるだけで、なにかの作用があるのだと思う。まさに今回この身をもってそれを感じた。

何をすれば痛みがとれるのだろう。どうしてこんなに痛いのだろう。
この言葉を何百回、何千回繰り返したことか。母もこの言葉が口癖になってしまったようだ。夕方になんとか痛みが治まったので、築地市場の駅まで一緒に歩いたのだが、母の口からまたこの言葉が出ていた・・・。
こうして今日も解決の糸口を見出せぬまま、夜を迎えた・・・。果たして今宵はどうなることやら・・・(^^;)。最近夜になるのが怖い・・・。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
そうか、痛みがとれないんだね。
気功のパワーは私もすごいと思う。たまに子供がお腹が痛いと言う時、自分の手にパワーを感じながらお腹をさすってあげることがあるよ。熱が指先に伝わってくるんだよね。ご主人に気功を練習してもらおう!!友人が気功を習いに行った時、その人に合ったCDをかけながら気を送ると効果が倍増になるといわれ、CDをつくってもらったんだって。
痛み飛んで行け~
2006/07/07(Fri) 22:36 | URL  | みわ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/07(Fri) 23:06 |   |  #[ 編集]
旦那様の愛がミヅキの痛みを緩和したんだね。これからも、もっともっと威力を発揮しますように。みづき、あまりに痛みがひどいようなら、病院にいってみてね、心配です。
2006/07/08(Sat) 01:07 | URL  | もとみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/08(Sat) 04:08 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/08(Sat) 04:12 |   |  #[ 編集]
私もみづきの痛みが少しでも和らぐように遠くから気を送らせてもらいます。ご主人やお母さんの気持ちも痛いほど分かります。

駅まで歩けたのが回復の兆候であったと願っています。今こうしてコメントを書いている間、みづきの痛みが引いていますように。。。
2006/07/08(Sat) 07:13 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
駅まで歩けたのはよかったけど…どうすればいいのだろう?辛いね…。どうすればいいのだろう?…こんな時、祈ることしかできない私、無力で悲しい…。みづき頑張ってね。
2006/07/08(Sat) 09:45 | URL  | あつこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/08(Sat) 09:58 |   |  #[ 編集]
「手当て」って、本当にすごいパワーがあるんだね。
痛み止めは慣れてくると効かなくなってきたりすることがあるらしいので、今の薬が効かないのなら、新しい処方なり対処方法を考えてもらったほうがいいかもね…
病院で相談してみたらどうかな?
眠れないと身体が休まらないもんね。心配です。
2006/07/08(Sat) 21:32 | URL  | A2KO #LkZag.iM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/09(Sun) 02:51 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック