西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

初心に戻って一からのスタート はてなブックマークに追加
2006年06月27日 (火) | 編集 |
今日も下痢だが、とりあえず落ち着いてきた。ただあまりにも落ち着きすぎてしまって、また便秘気味になってきているのが少々気にかかるところだが、今日のところは朝1回だけ便が出たのでよしとしよう。明日出るかもしれないから、今から悩むのはやめよう。

そうそう、コメントに書いてあったが、とりあえず昨日の主治医の外来予約はキャンセルした。来週の月曜日にもCT検査の結果を聞くための外来予約が入っていたし、どっちみち昨日行ったとしても「便秘が解消されて良かったですね。それではこのまま便が出るように気をつけてください」と言われて終わるのがおちだったからだ。そしてさらに実は、主人とじっくり話し合った結果、あさって受ける予定であったCT検査もキャンセルしてしまった。よって自動的に来週月曜日の予約もキャンセル。これにはいろいろと悩んだのだが、やはり5月27日の記事に書いた考えは変わらず、唯一の懸念であったリンパ球活性化療法もCT検査結果にかかわらず継続することに決めたので、検査の意味がなくなってしまったのだ。

もちろんCT検査の意味があることは分かっている。現状を把握しておくことは決して悪いことではない。しかし把握することによって何か変化が起きるなら意味があるのだが、どんな結果になろうと今やっていることを変えるつもりがないのであれば、やはりデメリットだけが残ってしまうと思うのだ。ましてや良い結果であればいいが、悪い結果であったとすると、今やっていることへの不信感が生まれてしまう。自分の現在の身体の状況を考えてみても、さすがに今回のCTでガンが縮小しているとは考えられない。よって、良くて変化なし、もしかしたら大きくなっているなんてこともあるかもしれない。やっぱり自然療法は時間がかかるので、最低6ヶ月は必要だと思うのだ。だからCT検査をずっとこの先も受けないと言っているのではなく、単に現時点で受けるのは「時期尚早」と考えているだけなのだ。

そういうわけで、今回CT検査を受ける受けないを議論している過程で、初心に戻ることができた。3月7日に退院してから約4ヶ月経ち、少し中だるみ的な感じも出てきていたので、そういう意味では今回の腸閉塞騒動は無駄ではなかったかもしれない。この4ヶ月でいろいろな情報も入ってきて、また本当に効果があるのかという不安も出てきていたのだが、改めて今自分がやっていることの正しさへの自信が沸いてきた。ここで気持ちをリセットして、初心に戻って一からやり直すつもりだ。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
旦那さまとよく話し合った末の決断、きっと功を奏でると思います。そうやって常に新しい気持ちになって取り組んで行く姿、素晴らしいわ。みづきが信じた道を進むのが一番です。応援してるからね。
2006/06/28(Wed) 07:02 | URL  | もとみ #-[ 編集]
決断しなくてはいけない事も多く、大変でしょうけれども旦那さんやご家族の人達と力合わせて、焦らずに頑張ってね。陰ながら応援しています!
初心に戻ってか・・みづきに色々と教えてもらっています。有り難うね~。
2006/06/28(Wed) 07:10 | URL  | まりこ #-[ 編集]
何に対しても、いつの間にか欲張りになっていくものだよね。子供だって最初は「五体満足なら…」と思っていたのに、だんだん望みが増えてきてるもの…反省。定期的に初心に戻ってみること、私もしなくちゃね。まずは今日をその日に。
2006/06/28(Wed) 08:28 | URL  | あつこ #-[ 編集]
いつもながら、みづきさんの前向きな姿勢、
どんな状況にあっても常にポジティブ思考に
変えていかれる強い精神力に感服します。

誰よりも自分自身が信じてこその代替療法です。頑張ってください。
2006/06/28(Wed) 10:58 | URL  | 雅子 #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック