西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

出たとこ勝負 はてなブックマークに追加
2006年06月11日 (日) | 編集 |
困った!完全に便秘モードに突入してしまった!!
便秘といってもまったく出ていないわけではないので、恐怖の腸閉塞の心配をするまでには至ってないが、5日前からだんだん排便量が減り、特にこの3日間は食べた分の半分ぐらいしか出ていない計算だ。その割には圧迫痛がさほどないのが唯一の救いだが、でももうおなかはカッチカチ。ガスの出も悪いのでパンパン。かなりやばい状況である。
というわけで、とうとう今日はいつものカマ(緩下剤)に加え、プルゼニドという別の下剤を飲んで寝ることにした。カマは水分を吸収し便のかさを増やして排便を促す薬だが、プルゼニドは腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にして排便を促す薬である。これで明日出るといいのだが、出なかったらどうしよう・・・。

今あえて「出なかったらどうしよう」と書いたが、これが今までの私の悪い癖だった。まだそうだと決まったわけではないのに、悪い状況を想像してくよくよ悩むところである。これに最近気づいたので、最近は「出たとこ勝負」するようにしている。今回の件で言えば、出るように薬を飲んだのだからたぶん出るだろうし、最悪出なかったらそのときに次の対策を考えればよい。「出たとこ勝負」を習慣づけると、かなり気持ちが楽になる。場合によっては出たとこ勝負ばかりやっていては問題になることもあるかもしれないが、その辺は臨機応変に使い分ければよい。前もっていろいろ予測して慎重になることも悪いことではないが、それによってくよくよするぐらいなら、あれこれ前もって考えないほうがいいと私は思う。
明日は便秘が解消されますように!!今日の寝る前のイメージトレーニングは完全にこれだ!
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
「まだそうだと決まったわけではないのに、悪い状況を想像してくよくよ悩む」これは私の悪い癖でもあるの。「出たとこ勝負」かー。そうだ、私もミヅキみたいにコレを習慣づけてみよう。確かに少し気持ちが楽になるかもしれないね、ありがとう!便秘の苦しみ。。。辛いよね。でも、大丈夫、ちゃんとミヅキなりに対処してるんだもの、今日は出るわよ!良い1日をね。
2006/06/11(Sun) 06:20 | URL  | もとみ #-[ 編集]
先週、家の1歳が便秘。お尻も切れちゃったら痛くて、出そうになっても踏ん張らない。お腹がカチンコチンだったから、タイミングを見計らって、その硬いのを出口に向かってお腹の上から押して出したよ!やっぱり出る時は痛かったみたいだけど・・・物理的な押し出し法ちょっと活用できるかなぁ・・・
出ろ出ろ~

2006/06/11(Sun) 08:33 | URL  | yuko #-[ 編集]
きっとヨーグルトやコーヒー、紅茶で出すわけには行かないんだよね。水を沢山飲んだり、氷いっぱい食べてお腹冷やして下痢にしちゃうってのは悪療法・・・だよね~尚希にはよくやっちゃうんだけど、、、(虐待?)
2006/06/11(Sun) 13:09 | URL  | みわ #-[ 編集]
確かに
ネガティブシンキングで悪い結果ばかりを気にしていると、気持ちが閉じてしまうよね。
私もすぐにそうなってしまうので、周りの人たちから「考えすぎだよ。愚の骨頂。」と言われます。
「出たとこ勝負!成るように成す!」の考え方は
大切なんだろうね。
2006/06/11(Sun) 13:38 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
便秘によいもの
ガンがあってもなくても便秘はほんとうにつらいものですね。わたしのガン闘病時代にやっていた浣腸は1日にだいたい5~7回。

寝覚めとともにはじめ、寝る直前まで、コーヒー浣腸ととサメ軟骨パウダー浣腸を交互にやりました。ですからガン細胞でほとんど腸閉塞状態でしたが、便秘にはぜんぜんなりませんでしたよ。

それから、一般的には便秘のときはプルーンジュースかプルーンそのものを一日にいくつか食べるといいと言われています。

昔、あんまり口当たりがよいので知らずに飲みすぎてひどい下痢をしたことがあります。
2006/06/11(Sun) 15:25 | URL  | 雅子 #-[ 編集]
コーヒーエネマ
雅子さん、5-7回の浣腸とは大変ですね・・・(^^;)。私なんて一日に2回もやったらヘトヘトです・・・。そもそも肛門が痛くて浣腸に耐えられないです・・・。でもそんなに何回もやって、便は出るものですか?最後のほうはきれいなコーヒー液しか出てこないような気がしますが・・・
2006/06/11(Sun) 22:47 | URL  | みづき #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック