西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

自分のことを考える時間を持とう はてなブックマークに追加
2006年06月09日 (金) | 編集 |
昨日ブログに書いたとおり、今日は便秘解消に朝から大忙しだった。結局夜は圧迫痛でよく眠れず、これ以上ベッドに横になっていても眠れないと観念し、朝5時に起きた。それから3時間、たまっていた仕事をこなしながら便意を待ったが、一向にその気配がない。おかげでかなり仕事がはかどった(^^;)。ようやく朝9時になって少し便意を感じトイレに入ったが、便秘解消されるほどではなく、今日は朝と夜の2回もエネマをやって、なんとか難を逃れた格好だ。それでもまだ完全にすべてを出し切ったわけではないので、また明日も排便に苦労しそうだ。しかし、その一方で明るいニュースもある。昨日、今日と痛みが軽かったので、ロキソを1回飲むだけで1日過ごせたことだ。いつも必ず排便後にくる痛みも、この2日間だけはさほど強い痛みが来なかったので、痛み止めなしでちょっと我慢するだけでやり過ごせた。毎日同じように生活し、排便状況もさほど変わらないのに、なぜ痛みの強さがこうも変わるのかといつもながら不思議である。

さて、今日はこんなことを書きたいのではない。久しぶりに長時間仕事をしてみて、ふとお客さんのことばかりを考えている自分に気がついた。そうだ、思い起こせば大学卒業してからというもの、私はいつもお客さんのことばかり考えていた。銀行時代は最たるものであった。仕事中はもちろんだが、通勤の電車の中でも、ごはんを食べながらでも、はたまたトイレに座っているときでさえ、常に今日はどのお客さんのところへ行こうか、あのお客さんの案件の進捗はどうなっているだろうか等、営業をやっていた私はそんなことばかりを考えていた。銀行を辞めて今の主人の会社を手伝うようになってからも、お客さんのことや、社員のこと、資金繰りのこと、取り掛かっている仕事のこと、また主婦業もあるため、今日のおかずは何にしようか、洗濯や買い物はどのタイミングでやろうか等、そんなことばかりを考えていた。
要するにいつも「自分以外のこと」ばかり考えていたのだ。

しかし、今の生活はまったくその逆で、毎日自分のことばかり考えている。自分の体調のこと、自分の今日のスケジュールのこと、自分の将来のこと、自分の食事のこと等・・・。これってものすごく幸せなことで、そして人間にとって必要なことなのではないだろうか?
「自分のことを考える時間を持とう」
これは特に、妻としてママとして大忙しの私の友達に送りたい言葉である。恐らく彼女たちは、一日中子供のことばかりを考えていて、自分のことを考えることなどないだろうから。昔の私がそうだったように。
でも、ほんの少しでも自分のことを考える時間が持てたら、それだけでも少し幸せな気分になれると思う。今の私がそうであるように。

ぜひ自分のことを考える時間が持てていない人は、意識してそういう時間を作るようにしたらいいと思う。寝る前のほんの数分でもいい。特に寝る前の数分は、精神に作用する意味で非常に重要な瞬間だそうだ。これはイメージ療法として紹介されている。よって私も必ず寝る前の数分は、自分の病気が良くなるイメージを描いたり、自分の行きたい方向を思い描いたりしている。
そして逆に私は、まだ今の時点ではこれでもいいかもしれないが、少し余裕が出てきたら、自分のことばかりを考えるのではなく、また以前のように他人のことも考えられる人にならなければいけないと思う。でもとにかく今は、自分のことだけを考えて生きていられる自分に幸せを感じる。
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
確かに今子供の用事に振り回され、自分はいつも後回し。それこそトイレに行くのも我慢することもしばしば。
まだまだ夢を持っても良いよね。
アドバイスありがとう。
2006/06/10(Sat) 01:15 | URL  | みわ #-[ 編集]
現代人は意外とみんな『自分のことを考える時間がない』のかもしれないね。うん、考えさせられた。大人になって、自分のことを考える時間をもとう!と立ち止まれる。。。素晴らしいことだね。そう、話は変わるけど、以前病院の先生に言われた事があるのを思い出したの。排便する時、腸管内圧が変動して、一過性の血圧低下がおこるんだって。私はもともと低血圧なんだけど、病気だった時や体調の悪い時は、トイレの後、目の前が真っ暗になり、しばらく立ち上がれない事があるんだ。もしかしたら、みづきも排便時に腸管内圧が変化して気分が悪くなったり、痛みが引き起こされたりするのかもしれないね。カマを飲んでると特にそういう現象がおこる、とウチのダーリンが言っていたのを思い出したので、カキコしてみました。だからって、対処しようがないのだけど、理由がわかるとなんとなく少し気持ちが楽になるかな、と思いました。
2006/06/10(Sat) 07:31 | URL  | もとみ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/10(Sat) 15:07 |   |  #[ 編集]
そっかー!やっぱり寝る前の数分は大事な時間だったんだー!今年小学校に入ったうちの息子、学校から帰るとすぐに友達と遊びに行っちゃうし、あまりじっくり会話する時間もないせいか、学校生活のこと、お友達のことなど、こちらが知りたいと強く思う核心に迫ることはなかなかしゃべってくれないんだよね。だけど、寝る前の数分だけは違う!えーー、こんなことがあったんだー、とかこんな風に感じてたんだー、とか心をさらけ出して話してくれる特別な時間がこの時間なの。この時間のコミュニケーションが、私にとっても息子にとってもすごく大切だと強く感じていた今日この頃・・・。

あっ、また自分以外自分以外のことばかり考えてるね。これからは少しずつ自分のことを考える時間を意識して作ろう。。。
2006/06/11(Sun) 07:09 | URL  | テニスのみー #-[ 編集]
自分にとって
大切な人や事について考える時間は、ある意味自分が望むことを考えてるんだろうから、結局は自分自身のために思ってることにもつながるのかなあって気がしますよ。
バランス感覚のあるみづきのことだから、自分自身のことと、周囲のことを各々考え分ける術を身につけたんだろうね。

2006/06/11(Sun) 13:27 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック