西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

今どきガンは珍しくない はてなブックマークに追加
2006年06月08日 (木) | 編集 |
最近TVも新聞もあまり見ていないのですっかり世の中の情勢に疎くなっていていけないと思っているのだが、まあその件はさておき、何を思ったか超久しぶりに芸能ニュースのHPを開いて見てみた。
そしたら、なんと3人のガンの話が出ているではないか。しかも内2名は有名な人が亡くなったというニュースでびっくりした。岡田真澄(俳優)と今村昌平(映画監督)だ。もう一人はあまり有名ではない女性シンガーが卵巣がんを告白と書いてあった。まだ20代だそうだ。かわいそうに。しかも彼女の場合、2歳のときに小児ガンにかかり、せっかく克服して20年以上元気に過ごしてきたのでなおさらかわいそうだ。

今や国民の3人に1人はガンで亡くなっているそうだ。そして毎年新規に60万人が癌患者になっているのだそうだ。ガンはまったく珍しい病気ではなくなった。ただそれは高齢化がかなり関係しているので、やはり今でも私のように若い人がガンになるのは珍しいと言える。まったく私も貧乏くじをひいたものだが(^^;)、でも逆に考えればこれだけ低い確率のくじを当てたのだから、それを克服するという低い確率も当てられるということではなかろうか。私は心からそう信じている。

今日も「母効果」のジンクスは破られなかった。昨日私があんなことをブログに書いたので、母も少しプレッシャーを感じていたようだ(^^)。帰り際、「今日もジンクスが破られずにすんでよかったわ」と喜んで帰っていったからだ。今日は日中特に調子がよく、少し仕事もはかどって私も気分がよかった。が、母を駅まで送って、その足で夕方の散歩に出かけたのだが、散歩中トイレにいって排便してから調子が悪くなってしまった。ウォーキングどころか、よろよろと歩いて家にたどりつくのがやっとという状態になってしまった・・・。今はロキソを飲んでなんとか痛みは落ち着いているが、原因は便秘だと思う。ここ3日間、食べた分が出きっていないので、少々圧迫痛が出てきているようだ。明日は心して便秘解消に努めなければいけないであろう。あー、また忙しくなるなあ。でもがんばるぞお!
関連記事
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
この記事へのコメント
お母様は御守りがわりだね。病は気から…ってね。今日から梅雨でしばらく憂鬱だけど、お互い明るく頑張りましょう!
2006/06/09(Fri) 08:17 | URL  | あつこ #-[ 編集]
おはようございます。みづきさん、今日は便がすっきり出るといいですね。それから、お母様、休めるときは、ゆっくり休んで下さいね。
 食事に関する話がコメントでも出ていましたが、『病気にならない生き方』新谷弘実著 も面白いと思います。 新谷先生は世界で初めて内視鏡のポリープ切除をされた方で、これまでに30万例以上の胃腸を診てきたそうです。食事を変えると、胃相、腸相も変わり、きれいな、ピンク色のとてもきれいなものになるそうです。胃などは、きらきら輝いて見えるそうですよ。
 今まで、牛乳や、ヨーグルト、お茶なども身体に良いと思って、摂り過ぎていたので、変えて行こうと思います。
 新谷先生も、毎日、コーヒーエネマしているそうですよ。
2006/06/09(Fri) 09:50 | URL  | サポーター #-[ 編集]
<克服するという低い確率も当てられるということではなかろうか>
当てられるよ。今日もがんばろう。その前向きさが大好き!!

2006/06/09(Fri) 10:04 | URL  | みわ #-[ 編集]
若いからこそ
逆に考えれば、気力も体力も底力も湧いてくるんだと思うよ。
強い意志と努力を貫くパワーが威力を発揮できるんだよ。
細胞が若いというデメリットだけに捉われず、若さのメリットを信じて進んでいければいいね。
みづきには、願ったことを可能にする特別なパワーが備わってるから。
2006/06/09(Fri) 22:16 | URL  | TOMOMI #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/09(Fri) 23:13 |   |  #[ 編集]
みづき、私も貴方なら絶対克服できると思ってる。信じる心が一番大切、ゆるぎない信念を持ち続けてね。お母様のジンクスもそう、きっと何かのパワーが働きかけてるんだね、それって実に心強いじゃないの!
2006/06/10(Sat) 07:14 | URL  | もとみ #-[ 編集]
コメントを投稿
コメントの受付は終了しました
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック