西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

あけましておめでとうございます! はてなブックマークに追加
2008年01月01日 (火) | 編集 |
toshikoshisoba.jpg
<写真の説明>毎年恒例の年越しそば

あけましておめでとうございます!思えば去年1年だけでも私には多くの困難がありましたが、何とかそれらを乗り越えて無事にお正月を迎えることができました。苦しいときにいつもあったのがみなさんからの励ましのメッセージです。それらのコメントにどんなに励まされたことか。本当にありがとうございました。
さてここ数日の私の体調ですが、実はかなり厳しい状況でした。痛くて痛くて、本当は大晦日は我が家では毎年、紅白を見ながら年越しそばを食べるというのが恒例なのですが、なんとかおそばまでは痛みをこらえて作ったものの、紅白を見ることはできませんでした。おそばを食べている間の30分だけ見て、食べ終えたらすぐにダウンしてしまいました。さすがに4時間もずっと椅子に座っていることは、今の私には不可能です。

そして迎えた本日元旦。去年は痛みが強くて恒例の元旦の親戚の集まりに残念ながら参加できず、両親と弟家族に我が家に来てもらったのですが、今年は気合で痛みが吹っ飛んだのか、朝から比較的痛みが軽く、予定通り実家のお正月の集まりに参加することができました。久しぶりに親戚にも会えたうれしさと、おせち料理のあまりのおいしさに暴走してつい食べ過ぎてしまい、途中で痛くなってダウンしてしまいましたが、でもそれもほんの30分ぐらいのダウンで済み、復活してからも快調さは続きました。昨日までのあの痛みはいったいどこへいったやら・・・という感じですが、まあこれで分かったことは、痛みはそう長いことは続かないということですね。レスキューを飲まないで我慢した甲斐がありました。早速明日はマッサージの予約が入っていますので(治療にお休みはないのですが、その患者の気持ちをくんで正月早々の2日だというのにやってくださるマッサージ師の方には感謝です(^^))、引き続き痛みが軽い日が続くことを祈るばかりです。

ところで、痛みが強くてなかなかKさんのお見舞いに行けず、すでに前回のお見舞いから1週間以上あいていたのでずっとそれが気がかりでした。ようやく昨日の午後、少しだけ痛みが軽くなったので、その隙に思い切って病院へ行きました。そしたら・・・やはりまたもや神様のお導きだったのでしょうね・・・今回は残念ながらぎりぎり間に合いませんでしたが、でも私と入れ違いでおうちに帰られたそうです・・・。前回のAさんのときはぎりぎり間に合ったのに、今回は間に合わなかったのが残念でしたが、でもまさに「その日」に病院へ行ったというのは何かあるとしか思えません。でもこれでとうとう病院に私の知り合いがいなくなってしまったので寂しいです。お見舞いに行くというのが私の外出の強い動機付けにもなっていたし、気兼ねなくおしゃべりできるというのが私のストレス解消にもなっていたので。

ところで最後に、私の友人たちへこの場を借りてお礼とお詫びのメッセージを書かせてください。今年もたくさんの年賀状をいただいてありがとうございました。そして私からの年賀状は今年も出せなくてごめんなさい。早く良くなって、一人ひとりに書きたいです。病気になってこれも考えが変わったのですが、ガンになる前は年賀状はむしろ私の中では縮小傾向でした。でもやっぱり年に1回の近況報告というのが、いかに大切かということが分かりました。ガンを克服した暁には、縮小どころか拡大傾向で書くつもりでいます。知り合いという知り合いすべての人に年賀状を書いていくつもりです。確かに年賀状を書くというのは一大作業ですが、でも年にたったの1回のことです。そしてその1枚のはがきのおかげで、大事なつながりが継続されるのですから、やはり年賀状というのは大切なものだと思いました。別にはがきにこだわる必要はないと思います。個人的には葉書がベストだとは思っていますが、忙しい人はメールでもいいと思います。とにかく年に1度でいいから、何らかの形で近況をお知らせするというのが大事なのだと思います。ですから、そういう意味では、しょっちゅう会っている仲の良い友達よりも、むしろなかなか会う機会のないお友達やお知り合いの人に対してのほうが重要だと思います。というわけで、今年の目標は「年賀状を書く!」です。痛みさえなければ可能だと思いますので、とにかく今年こそ痛みのない生活を目指してがんばります。それでは、今年もみなさんよろしくお願いします。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
ようやくブーツをゲットしました! はてなブックマークに追加
2008年01月04日 (金) | 編集 |
boots2.jpg
<写真の説明>バーゲンで購入したブーツとバッグ

リクエストにお応えして写真をアップしましたが、ようやくブーツをゲットしました!!Lサイズの私には基本の銀座ワシントンで買いました。そしてあまりにも軽くて履きやすかったので、色違いで2足買ってしまいました。実はブーツを買ったのはこれが初めてなんです・・・。ですのでとりあえず基本の黒とベージュで、デザインもオーソドックスなものにしました。ブーツが流行り出したときにはアメリカに住んでいて、カリフォルニアは暖かいし、それにあまりおしゃれする機会もなかったのでブーツは不要だったのです。日本に帰ってきていざ必要となったときにはみなさんもご存知の通りの状況でしたから買うこともできず・・・。
まだ見始めたばかりなのでもう少し見てから・・・とも思ったのですが、そこはバーゲンの欠点ですね、やっぱりこれにしようと戻ってきたときにない可能性を考えると、もう自分の直感を信じるしかありませんでした。というわけで思い切って2足買うことにしました。そして同じ状況で買ってしまったのがこのバッグです。前からグリーン系のバッグが欲しいと思っていて、銀座プランタンで一目ぼれしてしまい、在庫を聞いたら現品限りということだったので・・・。写真ではちょっと薄く写っていますが、現物はもう少しきれいな黄緑色です(^^)。

2年ぶりの自分のための買い物で気分は爽快です!!実は今まで何も買わなかったのは、洋服の場合サイズが最終的にどこに落ち着くか分からなかったのと、おしゃれする機会もなかったというのもありますが、遺品を増やすのはもったいないという思いもありました。でも今は気持ちも前向きになり、それにたとえ短い間でもやっぱり女性としておしゃれして出かけたいと思うようになり、そして(まだ請求すらしてないのですが(^^;))リビングニーズで少しまとまったお金が入りそうなのでちょっとぐらい贅沢してもいいかなという気持ちになったということがあります。それにブーツの場合は贅沢品ではなく必需品ですからね。買ってすぐに履いて帰ってきましたが、暖かさがぜんぜん違いますねー。とにかくブーツだけは1日でも早く欲しかったので本当にうれしいです!

それにしても今回、たった1店舗の限られた数の中でブーツを選ぶだけでもものすごい時間がかかって大変だったのですが、普通サイズのみなさんはあの膨大な選択肢の中からいったいどうやって一つを見つけ出すのか、今まで羨ましいと思っていましたが、あまりにも多すぎてかえって混乱する大変さがあることも知りました。私にとってのバッグがまさにそうでしたね。さすがの私もバッグに関しては制限がないので(笑)いくらでも選びたい放題なのですが、もうすべてを見てから決める・・・などというのはほぼ不可能ですね。というわけで感じたのは、直感の大切さと一期一会です。バッグに一期一会という表現もおかしいかもしれませんが、でも他にもっといいのがあるかもしれないけど、とりあえず今回の偶然の出会いの中で決定しなくてはならない、となると、一つ一つの出会いを今まで以上に大切に思うようになり、すごく意味を感じるようになりました。このバッグの話はなにか人生観を語る上でのヒントになりそうなのですが、今の私の脳ではここまでが限界です。尻切れトンボの話になってしまい恐縮です・・・。どなたか上手につなげてくださいませんかねえ?(笑)

それにしてもデパートに通っているという報告を聞くとみなさん調子が良いと思われるかもしれませんが、実は1日のうちになんとかデパートに痛いながらも行ける調子になるのがほんの数時間ある程度で、それ以外のほとんどの時間は痛みとの戦いでベッドで死んでいます・・・。元旦はあんなに調子が良かったのに、期待を裏切って2日、3日は痛くて泣きました。ブーツは昨日買ったのですが、選んでいる途中もけっこう痛くてつらかったですし、最後には腰を曲げながら亀の歩みで帰ってきて、家に着いたときには泣いてベッドに倒れこみました。せっかく父が来てくれていたのに、痛みが強すぎてびわの葉温灸もできませんでした。けっこう毎日こんな状態なのです。しかもこの数日間はブーツをゲットするという最重要任務が有りましたので、多少の不調は吹き飛ばすほどの気合があったからよかったのですが、その任務が終わってしまった今となっては、今後どうやって自分の気持ちを奮い立たせられるか・・・現在また別の強い動機付けを模索中です・・・。

でも今日は一日中わりと快調でした。外出しなかったからかなあ?やっぱり動くと痛くなるんですよね・・・。あと冷えると痛くなります。だから寒い中の外出が痛みを増大させるのかもしれません。動かないとだめだけど、動くと痛くなるしで・・・ほんといつも同じことばかり言ってますが、これが私の最大の悩みです・・・。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
痛い日が続きます・・・ はてなブックマークに追加
2008年01月09日 (水) | 編集 |
migawarikun.jpg
<写真の説明>高校テニス部の友人からもらったマスコット人形。私の身代わりになって苦しみを受けてくれるそうです。小学生の間では人気なのだとか!?

ブーツもバッグも無事にゲットしたところで、私のデパート通いの熱も冷めてまいりました。しばらくは再び近所を散策することにしようと思います。それにしても毎日毎日どうしてこんなに痛いのか・・・。ものすごい痛くてたまらないということは時々しかないのですが、とにかくいや~な感じの鈍痛が常にあり、それが私のやる気を失わせ、気分を暗くさせるのです。ただそんな中でも一つだけ私に希望を持たせてくれるのはマッサージ師の方の言葉です。彼が言うには、私の身体は明らかに変わってきており(もちろん良い方向に)、従って同じ痛みでも種類が違うはずだ、と言うのです。そうはいっても実際私の感覚としては痛いものは痛いわけで、今までと変わらず仙骨付近と腹部全体が痛みます。でも先日そう言われてよくよく神経を研ぎ澄ませてみると、なんとなく痛み方が以前と違うような・・・前よりももっと狭い範囲でキリキリとした痛みになったような・・・そんな感じもするのです。彼に言われてそう思ってしまっているだけなのかもしれませんが、でもとにかく今はそう前向きに痛みをとらえることでこの試練を乗り越えることができるならそれでいいじゃないか、という気持ちでそう思うようにしています。そうじゃないとくじけそうなので・・・。とにかくあと数ヶ月で方向性が見えてくると思うので、なんとか痛みに耐えてがんばっていこうと思っています。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
最悪な4日間でした はてなブックマークに追加
2008年01月13日 (日) | 編集 |
manshingwear.jpg
<写真の説明>大学ゼミの友人からもらいました。マンシングウェアのかわいいマフラー

ここ最近痛い話しかしていなくてすみません。でも痛くてしょうがなくて、今の私にはそれ以外の話題がないんです。そんなに痛いのならレスキューを飲めばいいのですが、やっぱりまだこの痛みは良い痛みなのだと信じていて、限界までは飲まずに我慢していたくて・・・。そんなわけでここ最近調子が悪い私ですが、この4日間はその中でも最悪な4日でした(涙)。

まず3日前ですが、再び激しい胃痛に昼間襲われました。胃薬のタケプロンを前倒しで飲んでベッドに寝ていることで時間の経過とともに胃痛は治まりました。先日の胃痛のときは温めたら逆効果でしたが、今回は気持ちよかったのでお風呂もきっといいと思い、その夜半身浴をしました。そしたらまた先日と同じ意識が遠のく体験をしてしまったのです!!今回は前回よりは多少のぼせが軽かったのと主人が在宅だったので気持ち的には安心でしたが、でもまた一瞬でも気を緩めたら意識を失って倒れそうで呼吸もかなり苦しく、身体が濡れたまま這うようにしてベッドまで戻り、そのまま倒れこみました。ベッドに倒れこんだまま1時間ぐらい眠ってしまいましたが、起きたときにはとりあえずのぼせは解消していました。今から考えると、胃痛で寝ていたときに変な汗をけっこうかいていたので、この日は身体の温度調節がうまくいってなかったのだと思います。

翌日もまた軽い胃痛が発生しました。昨日は1日中痛みで泣きました。夜も痛くてほとんど寝られませんでした。そして今日、朝起きた瞬間からすでに痛かったのでさすがに私の我慢も限界に達し、とうとうレスキューを飲みました。レスキューは効果を発揮するのも早かったけど(10分ぐらいで効きました)、2時間ぐらいで切れてしまい効果が薄れるのも早かったです。レスキューは1時間ごとに追加で服用していい薬なので、痛い場合はまた飲めばいいのですが、そこまでの痛みではなかったので結局追加で飲むことはしませんでした。よって今日も結局一日中なんとなく痛い一日となってしまいました。でもまあこうしてブログを書く気力が出るぐらいにはなったので、それだけでもレスキューを飲んだ甲斐があったというものでしょう。そうでなければ、とてもじゃないけどブログを書くことができない状態でしたから。

それにしてもいつまでこの痛みは続くのやら・・・。もうけっこう私の中では我慢の限界にきているので、今後はもう痛い場合はレスキューをすぐに飲むだろうと思います。レスキューを頻繁に飲むようになると、今度はまたモルヒネのベースをあげなくてはならなくなるので、せっかくしばらくの間ベースアップなくやってこれたのですごいショックです・・・。
ちなみに最近たまに起こる胃痛についてはさすがに心配になってきたので主治医に相談しましたが、やはり予想通り原因は分からずで、別の胃薬の処方をされるだけでしたのでお断りしました・・・。
みなさんも本当にごめんなさいね・・・。こんな話ばかりでなく、もっと他の話で書きたいこともたくさんあるのですが、いざ書くとなると痛いので時間もあまりかけられないし、そうなると結局体調報告だけで終わってしまうのです・・・。まだもうしばらく痛い話におつきあいいただく日々が続きそうですが、どうぞ辛抱くださいませ。ではでは。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
今度は高熱でダウン・・・ はてなブックマークに追加
2008年01月17日 (木) | 編集 |
gotoflower.jpg
<写真の説明>大学テニスサークルの友人からのお花。これの他にビデオレターももらいました。誰が撮影者なのかが個人的には気になります(^^)。みんなありがとうね!

ここのところとにかく体調の変化が激しく、苦しい思いを強いられている私でありますが・・・(涙)。先日は意識が遠のくほどの激しいのぼせでしたが、今度は原因不明の高熱にやられました。夜寝る前にお風呂で身体を温めてからベッドに入ったのですが、その日は夜中異常なぐらいずっとぽかぽかでした。しかし今から考えてみると、若干のぼせ気味だったように思います。
翌朝は朝から気持ちが悪く顔がものすごくほてっていました。案の定熱を測ったら38.5度ありました。その日はマッサージの予約が入っていたのですがとてもじゃないけど外出できるような状況ではなかったので、家まで来てもらうことにしました。マッサージ師の人が来る頃(13時)には37.2度まで熱も下がって少し気分も楽になっていました。ところが無事にマッサージを終え、それから2時間ぐらいしてからでしょうか・・・突然歯がガタガタするぐらいに寒気がしてきました。熱を測ってないので分かりませんが、恐らくこのときは39度ぐらいになっていたと思われます。暖房をつけたかったのですが、そのために布団から出ることのほうが寒すぎて私にはつらくて、とにかくひたすら寒い寒いと言って歯をガタガタさせながら布団をかぶって待ちました。1時間ぐらいしてからようやく寒気が落ちついてきました。そしたら今度はものすごい発汗が始まりました。この発汗は丸2日続いており、現在もかなりよくなってきたとはいえ、ベッドに横になっていると汗をびっしょりかきます。熱は平熱になったのですが発汗が止まらないのが不思議です。下痢も嘔吐も関節痛もないのでインフルエンザや風邪ではないとは思うのですが・・・?

そして今日のついさっきのことなのですが、びわの葉温灸が終わったら急に口の中に変な味がする液体が出てきました。見てみたらなんと歯茎から出血していました。口の中や唇を切ったわけでもなく、何もしていないのに、突然じわーっと血が出てきたのです・・・。出血は少量でしかもすぐに止まりましたが、でもなぜそんなことが起こるのか???とにかく最近の私には変なことが起こってばかりで、ここまでいろいろ続くと落ち込むどころか逆に「好転反応かあーー!?」と期待するようになってきました。こんな私ってやはりとことん能天気なのでしょうかね?(笑)
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
残念ながら好転反応ではないようです・・・ はてなブックマークに追加
2008年01月21日 (月) | 編集 |
cupshikimono.jpg
<写真の説明>義母手作りのクリスマス柄のコップ敷物。クリスマスパーティの演出にはもってこいです

みなさん応援のコメントありがとうございます。好転反応だと期待していた私ですが、金曜日にOクリニックで、化学薬剤を使用している間は好転反応は起こらない、とはっきり言われてしまいました(^^;)。院長によると、大量に薬を飲んでいるので、単にそれを排毒しているだけなのだそうです。だから今後もこういうことはときたま起こるでしょうとのことでした。それじゃあ私に好転反応が起こる日なんていったいいつになるのやら・・・ですね・・・はー。でもそれでも私は前向きに一連の症状を捉えています。確かに一般的に言われている好転反応ではないかもしれないけど、やっぱりここのところの変調は身体が良くなっていくための排毒症状だと思うのです。マッサージの人も言っていましたが、一番良くないのは何をやっても反応しないことで、私のように反応するというのはやはり良いことなのだと。ですので本人は苦しいかもしれないけどがんばって乗り越えて欲しいと言われました。ですので、苦しさの中に少しだけ期待感があるのです。もしこれが何もいいことがなくて単純にガンによるもので身体が悪化していくだけのものだとしたら、それこそもう耐えられないと思います。レスキューもがんがんに飲んで、希望も夢もなくただただ泣いている毎日になるでしょう。そう考えると、本当に気持ちの持ち方一つで、同じ症状でもこれだけ受け止め方/耐え方が違ってくるのですから、恐ろしいですね。

それにしても痛あああーーーーーーーいいいいい!!!!!前向きになれているとはいえ、痛いものは痛い!!!!昨日マッサージだったのでその影響が出ているのかもしれませんが、やっと夜になってブログを書ける程度にまで痛みが治まってきたものの、今日は朝起きた瞬間からかなりの痛みで、夕方までずっと痛くて寝てました・・・。こんな日には音楽が大活躍します。けっこう音楽を聴いていると痛みを忘れ、そのまま寝てしまっていることが多いんです(^^;)。ほぼ一日中ベッドで音楽療法をしているので、最近はiPodの充電がすぐに切れてしまうのが目下の悩みです。

最後に話は変わって胃薬のタケプロンですが、このブログを読んだ人に間違った情報を与えてはいけないと思うので書いておきますね。メールでももらいましたし、コメントでもご指摘いただきましたが、私の胃痛が治まったのはタケプロンの効果ではないと思います。恐らくじっと横になっていたこと、すなわち単純に時間が解決してくれただけのことだと思います。タケプロンにはあれだけの激しい胃痛を抑えるだけの力はありません。ある方が「胃痛の場合タケプロンは効果はないけれど、もしかしたらセルベックスだったら効果があるかもしれませんよ」とメールで教えてくださいましたが、確かに1年ぐらい前でしょうか、私の体験談として今回のような激しい胃痛が発生したのですが、そのときはタケプロンではなくセルベックスを処方されていたのでセルベックスを飲んだのですが、それで治まったことがありました。
ただ誤解のないように書いておきますが、決して胃痛にセルベックスをお勧めしているのではなく、とにかく最善は自分で判断せずに主治医に相談することです。ただこのブログの情報として、先日私がいかにもタケプロンで治ったみたいに完全に間違った情報を書いてしまったので、タケプロンは激しい胃痛を抑えるのには効果はないということだけをお伝えしたく書かせていただきました。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
入院しました はてなブックマークに追加
2008年01月25日 (金) | 編集 |
突然ですが本日、腸閉塞の疑いありということで、念の為入院することにしました。
詳細につきましては後日本人より報告致します。
取り急ぎ本日は入院のご報告まで。(夫より)
入院長くなりそうです はてなブックマークに追加
2008年01月28日 (月) | 編集 |
みなさん応援メッセージありがとうございます!コメント欄見てあまりの多さにびっくりしました。こんなにも多くの方に支えられているのですからがんばらないとですね。

他のトピックがあったのでなんとなく書きそびれてブログには書いていなかったのですが、実はずっとここのところ腸閉塞の恐怖にひそかに怯えておりました。ガスも便も一応は出ていたものの、確実にその量が少なくなっていたからです。しかも前回の入院時だって、入院前日にものすごくたくさん便が出たにもかかわらず腸閉塞だったわけですから、腸閉塞は決して出ていればいいというものではないという思いがあったからです。それに前回の記録を見ると、やはり明らかに通常より出方が少なくなっていました。そして今回も、ラキソベロンをかなり増やしてもさほど排便の量が増えなかったので、腸閉塞の傾向ありと自分で判断していました。そして金曜日の外来で自らレントゲンを希望したのです。

あ、そうそう実はこの外来の前日も一騒動ありまして、本当は木曜日だったのですが、また変な高熱にうなされ、病院までのたった7分すら歩くことが出来ず、金曜日に変更したのでした。そして前回同様一日中大汗をかいて毒素を出したので、翌日なんとか復活して歩いて行くことが出来るようになったのでした。とにかくそんなこんなでいろいろありまして金曜日に外来に行ったわけですが、血液検査をしたところ炎症を示すCRPという項目が高値を示しており、レントゲンでも腸閉塞の兆候が出ていましたので、その場で即入院を勧められました。入院したらまた科学薬剤攻めの毎日で、しかも最も使いたくない抗生物質を使うと言われたのでかなり悩んだのですが、よく考えてみたら、もし自然の治癒力でも治るのであれば入院してもすぐに退院できると考えまして、それにやはり一番怖いのは手遅れになることだったので、それで私としては珍しくすぐに入院を承諾しました。
前回よりは少しだけ早めに行動したので当初は前回ほどの長期入院にはならないだろうとの予想だったのですが、実際入院したらやっぱりいろいろ考えてみると最低でも3週間、なんだかんだで1ヶ月ぐらいになってしまいそうです。

現在の治療についてですが、とにかく腸の炎症を抑えることを最優先にしています。従いましてラキソベロンやパントシンといった今まで腸を動かすための薬をたくさん飲んでいたのですが、それらをすべて休薬しているので、当然ながら便もガスもほとんど出ません。まさに腸閉塞一歩手前というところまできています。食事も完全にストップで、許されているのは水分だけです。おかげさまで炎症のほうはかなり治まってきていますので、近々再び腸をがんがん動かす方向の治療に切り替えになると思います。それで便もガスもきちんと出るようになれば食事が開始され、また前回同様、あの懐かしのリックA、B、キザミ食・・・の階段を上っていくことになります。
とにかく現時点の予定としてはこんなところです。それにしてもようやく今日こうしてブログを書く気力が出てきたのですが、昨日までは半死人の状態でした。TVを見る気も起きないし、とにかく何もする気が起きなくて、ただひたすらベッドで寝ているだけの3日間でした。これからはまたこの緩和ケア病棟の入院生活を楽しむようにしたいと思います。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
食事が開始されました はてなブックマークに追加
2008年01月31日 (木) | 編集 |
rukashoku.jpg
<写真の説明>これがルカ食です。左から時計回りにプレーンヨーグルト、洋風スープ、バニラアイス、プリン、そして真ん中のはココア味の葛湯

今日で入院してから6日目ですが、今回は栄養の点滴をしていないのでまったく栄養をとらずの状態で6日間を過ごしたことになります。先生からはジュースを飲んでいいと言われていましたが、ほとんど市販のジュースは飲んでませんので糖分もほぼゼロ、人参ジュースと水とびわ茶だけで今日まで過ごしてきました。さすがに体重は2kg減りましたが、それでも人間そんなに体力は落ちないものですねー。
ところで炎症が完全に治まったかどうかは確認されていないのですが、先生の腹部の診察および高熱が発生していないこと、それとなんといっても私の強い希望により(^^)、本日の昼食から食事が開始されました!やはり人間調子が良くなってくるとお腹がすくもの、今まで以上に空腹感が強くなり、だめもとで先生にお願いしてみたところ、意外とあっさりOKになりました。

それにしてもここの食事システムというか種類の多さには良くも悪くもびっくりですね。写真の食事はルカ食といって、聖路加=St. LUKA=ルカ、つまり聖路加食ということになりますが、ご覧の通りほとんど食事というよりはデザートのオンパレードのようなものです。本当はルカ食はもっとお豆腐とかサラダとかも選べるのですが、私が水分系のものしか許可されていないのでこのようなメニューになってしまっただけなのですが、これがリックAよりグレードが低いとは到底考えられません。ちなみにリックはLiquid=液体ですので、ほとんど水のような食事ということになります。忘れてしまった方は去年の11月1日の記事をご覧戴きたいのですが、1日の写真はリックAよりグレードが上がったリックBで、Aはだいたいいつも具のない味噌汁か清汁と葛湯の2品、よいときでも3品しかありませんでした。それなのにこのルカ食は5品も出てきて、さらに1食だけは6品出てくるのです。つまり最大3食分で16品まで選べるのです。ただあくまでも「最大」なので、人によっては数品しか選んでいない方もいらっしゃいますが、当然私は最大まで選び、6、5、5品という感じで振り分けました。私はなるべく「食べる系」のものを選んだのでこんなおやつみたいなものばっかりになってしまいましたが、私に許されている範囲内でのこれ以外の選択肢としては、コーヒー紅茶、飲むヨーグルト、りんごジュース、具のない味噌汁、ゼリー等々があります。

でも繰り返しになりますが、これがリックAより先に始める食事と誰が考えられるでしょうか?しかもサラダを選べる人もいるので、そう考えるとますますおかしいですよね。それにこんなすばらしい食事があるのだったら、前回もルカ食から始めたかったですよぉーーーー。まあでも恐らく今回はそんなわけで、ルカ食の次はAに行くのではなく、一気にキザミ食とかになると思います。というかもしそうでなければ、私が断固として主張いたします!!(笑)
今日の昼食だって、本当は週明けの予定だったのを、先生がアイスだったら食べていいとおっしゃった後、自分で「あ、そっか、アイスだったらルカ食を始めてもいいか」と言い出して開始に至ったわけですから。やっぱり先生は治療のことを最優先に考えますから、けっこう食事のタイミングって後回しにされがちなので、患者さんが主張するとけっこうあっさりその主張が通ってしまうことが多いです。私も最近ようやくそれが分かってきたので、食事に関しては自分で管理するようにしています。週明けと今日から開始では雲泥の差ですものねー。本当に今日お願いしてよかったぁー。それにしてもこの病院には今回のように豊富な食事種類がありそうですから、まだまだ知らない隠し玉がありそうな気がしますね(笑)。実は時折見かけるペースト食というのが気になっているんです。実物を見るとその名の通り全部ペースト状のものしか出ていないのですが、つまりは私が現在食べているのはペーストみたいなものなので、いったいどこが違うのだろうかと・・・。もしかしたら本来のおかずをペースト状にしたものの可能性があるので、もっとおかずを食べている気になれるかもしれません。うん、そうだ、早速あとで看護師さんに確認してみようっと。ルカ食は確かにおいしいですが、毎食アイスとかプリンばかりなのでさすがに甘すぎて飽きる可能性があります・・・。それに入院中は思い切って諦めていますが、私の本来の食事療法からすると最悪な食品ばかりなので、少しでもそれを避けなければなりません。

まあそんなわけで本日から食事も開始され、私のQOLは一気に急上昇、そのせいもあるのか体調もいつになくよかったです。これでもう少し便がちゃんと出てくれるといいんですけどね。でも今日はまあまあ出たので、自分としてはかなり満足な一日でした。だいぶここの生活を楽しめるようになってきましたし、明日は節分のイベントがボランティアさんによって開催されます。豆まきを実際にするかどうかは分かりませんが、福豆茶が提供されるようで、母も私も楽しみにしてましてぜひ参加しようと思っています。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット