スポンサーサイト はてなブックマークに追加
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病気にならない人に対する説明がない はてなブックマークに追加
2006年12月31日 (日) | 編集 |
photo20061231.jpg
<写真の説明>私から主人へ贈った「年忘れオードブルー美味十二樂膳ー」(クリックして拡大)

今日が年末だなんて未だに信じられない。私はほぼ毎日銀座へ出かけているので、デパートのディスプレイなどでそれなりに季節や各種イベントを感じることができているが、会社勤めをしないでほとんど外出しない主人にはまったく実感が沸かないのも無理はない。「今日が大晦日だなんて信じられないよ」と言いながら、主人は今日もいつもとなんら変わらない一日を過ごしている。

我が家の大晦日は紅白を見ながら年越しそば(しかも必ず主人は海老天がないとだめ)を食べるのが恒例なので、今朝主人に今日も年越しそばを食べるかどうか聞いてみたところ、今年はいらないという返答だった。しかしそのときの主人の様子がとても寂しげだったのが私はすごく気になっていた。そもそも年越しそばを食べるようになったのは主人が言い出したことであり、むしろイベントを重視しているのは私よりも主人だからである。そんなわけで、今日も日中の散歩で銀座のデパートへ行ったのだが、主人にサプライズのプレゼントで密かにてんぷらを購入して年越しそばの準備をするつもりでいた。

そしたら松屋の地下食品売り場にいたとき、主人から携帯に電話が入った。中華もしくはフランス料理風のおせち料理を買ってきて欲しいというリクエストであった。OK!ということで探してみたものの、いわゆる主人がイメージしているようなものはなかった。銀座アスターにそれらしきものがあったが、大した盛り付けでもなく、普通のお弁当みたいな箱詰めなのに6品で1万円もする!特別料理ならまだしも、内容を見たらごくスタンダードなエビチリ、肉団子、野菜炒め等・・・程度しか入ってなかったので、これで1万円は馬鹿馬鹿しいと思って買うのを渋っていた・・・。
デパ地下は三越のほうが充実しているので、とりあえず場所を三越に移して探すことにした。やはりそれが正解だった。そこで見つけたのがこの写真の「年忘れオードブルー美味十二樂膳ー」である。写真はすでに紐を解いてしまってあるが、売っている状態ではお重のように2段にきれいにパッキングされていて見栄えもよかったし、壱の重、弐の重というようにお品書きまでついていた。これで5775円(税込)。これは絶対主人も喜ぶはず!と、一目で気に入り即購入。その代わり年越しそばのてんぷらは今年はお預けにすることにした(^^;)。早速デパートの帰りに主人の仕事場へ見せに行ったらすっかり気に入った様子。私がデパートに出かけるときは、少々ふてくされ気味で「今日は夕飯はいらない」と言っていた主人だが、すっかり気を取り直し、このオードブルをおかずにして夕飯を食べると言ってきた。よかった!気に入ってくれて。

-------実は今日は紅白をずっと見る予定にしていたので、紅白前に書き始めていた。そしてここまで書いて、とりあえず紅白が始まったので一度中断。しかし紅白を見ながら夕食を食べたところ、食後に痛みが発生、21時にダウンして、ようやく薬が効いて起き上がれた頃には紅白が終わっていた---------

今日はせっかくタイトルの内容で書くつもりだったのだが、痛みは治まったものの、もう0時過ぎてしまっているし、そもそも2時間半も痛みに耐えていたのですっかり書く気が失せてしまった・・・。大事な今年の締めくくりとなるブログの内容が、写真の説明と主人の話に終始してしまったのは非常に残念であるが、これもリアルな感じがしていいではないか。去年の今日は過去記事にも書いたが、神様からの贈り物とも思えるほど調子が良かった。12月中旬にはすでにかなり調子は悪くなっており、一日中ベッドで寝ている生活だったのだが、なぜか年末と正月三が日だけは調子が良くなったのである。おかげで楽しみにしていた紅白も見ることができたし(アメリカだから半日遅れの録画だが)、おせち料理もおいしく食べることができた。もちろんおせち料理については今年は私は食べることはできないが。
よって今年もそれを期待していたのだが、今年は願い届かず・・・それどころかいつも以上に撃沈時間が長かったため、紅白を最後まで見ることはできなかった・・・。それにしても紅白なんて昔はぜんぜん見ていなかったのに、最近は毎年の楽しみとなっている。紅白を楽しみにするようになったなんて、私ももう年をとったということかな!?(^^)

タイトルの内容については、また日を改めて書くことにしよう。けっこう濃い内容のものになる予定なので、腰を落ち着けて書く必要があるからだ。いつも基本的には夜寝る前にその日一日を思い返してブログを書いているが、そうすると痛みが発生することが多いので、日中に書こうと思っていた内容を変更することがよく起こる。だからこの件に関しては日中の調子のよいときに書くことにしようと思う。
それでは2007年が皆様にとってもすばらしい1年になりますように!Happy New Year!!
スポンサーサイト
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
男友達に囲まれての楽しい年末(^^) はてなブックマークに追加
2006年12月30日 (土) | 編集 |
roseiir.jpg
<写真の説明>今日我が家に遊びに来た大学の友人から。銀座のデパートで男4人でああでもないこうでもないと議論した結果、このプリザーブドフラワーに決めたらしい(笑)

今日はうれしいことに2グループの訪問があった。まず最初に義父&義母。義母はいつも手伝いにきてくれているので毎週会っているが、義父とはしばらく会っていなかった。義父の様子はいつも義母から聞いているので元気であることは知ってはいたのだが、やはり実際に元気な姿を見ると安心する。私たちがお正月に日本にいるときは、元旦に主人の実家へ挨拶に行くことにしているが、今年は私がこのような状態なので失礼することにしていたため、私としては義父に会うチャンスを逃したことが気がかりであった。そしたらちょうど今日タイミングよく義父が都心のほうで用事があり出て来ることになったので、我が家にも寄ってくださることになったのである。

主人の両親が帰った後は、入れ替わりで大学時代の友人たちが遊びに来た。しかも全員男。そう、私は大学時代、どちらかというと男友達のほうが多かった。卒業してからは女友達に会う頻度がかなり増えたが、学生時代は圧倒的に男友達とつるんでいることが多かった。
それにしても今日も楽しかったな。先日友達に会ったときもたくさん笑ったが、今日もたくさん笑うことができた。本来であれば「じゃあこれから銀座に飲みに行こうか!!」という展開になるところであるが、今日はお茶をしてじゃあねばいばい、となってしまったのが非常に残念であった・・・(^^;)。

正直、D君から「年末にみづきに会いに行く計画を数人でしているがいいか?」というメールをもらったとき、どうしようかとても迷った。みんなに会いたい気持ちは大いにあるのだが、一方でこんな私にも女心というものがあり、やせ細って白髪頭のみすぼらしい姿をさらすのには抵抗があった。でも思い切って会うことにした。先日も思い切って友達に会いに行ったとき、いっぱい笑えてとても楽しく過ごせたから・・・。
そして今日も友人パワーが遺憾なく発揮された。実は今日は今朝からあまり調子が良くなく、しかも最悪なことに友人たちが来る直前に痛みが強くなってしまった。この痛さではせっかく友達が来てくれてもしかめっ面をしていることになってしまうと思い、レスキューの塩酸モルヒネを前もって飲んでおくことにした。なのに1時間経ってもぜんぜん効かず、結局友人たちが来る直前まで母にマッサージをしてもらっていた・・・。
ピンポーン。友人たちが到着した。ベッドから起き上がってよろよろと玄関に向かった。ピーク時の痛みよりはよくなっていたものの、まだ軽い痛みはあった。しかし友人と「よぉ!久しぶり!!」の挨拶を交わした以降、話している間もずっと痛みを感じることはなかった。まさに友人パワー恐るべし。いっぱい笑って楽しく過ごしていたので痛みを感じる暇などなかったというのもあるが、実際に痛みがなかったのである。友人たちが来る直前まで痛みがあったのに、友人と話している間に痛みがなくなり、彼らが帰ってからも痛みがなかったのである。

このように2回友人たちと会ってみて、やはりたまには友人たちとのコミュニケーションをとることは良い事だと思った。よって来年は積極的に友人たちに会っていこうと思う。今日は彼らのおかげで楽しい年末を過ごすことができた。ありがとう。

テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
F岡歯科万歳!! はてなブックマークに追加
2006年12月29日 (金) | 編集 |
今日は午前中は歯医者、午後は緩和ケアと、医者通いの一日であった。外出が多かったので気が紛れたせいもあるかもしれないが、久しぶりに一日を通じて痛みが軽く快適に過ごせた一日であった。痛みのない中でブログを書くことができているのはほんと久しぶりだ。いつもブログを書く直前までベッドで横になっていて、ぎりぎりの状態でブログを書いていることが多かったので、今日は気分も良く筆も進みそうだ(^^)。

それにしても今回から通うことにしたF岡歯科だが、予想以上にすばらしい歯科医院だった。なぜならこの泣き虫な私を初めて泣かさなかった歯医者だからである!!なんとも恥ずかしい話なのだが、私は歯医者の治療で泣かなかったことは過去に一度もなく、30歳を超えてからでさえ、たかだか虫歯の治療に涙する情けない人間なのである。さすがに33歳のときに麻酔の注射で泣いたときは、この程度で泣かれたら治療ができない、と先生から怒られた(^^;)。とにかく痛みと針に弱く、健康診断の採血でも泣くことが時々あった。さすがにガンになってからは採血だの点滴だのでしょっちゅう針を刺すようになったので、ようやく最近は採血と点滴では泣かないようになったが(^^;)。とにかくこのようなひ弱な人間なので、今日の治療でも泣くことは確実だと自分自身思っていた・・・。こんなに針と痛みに弱い私が、それらを最も多用する病気になってしまったのは、なんとも皮肉なことである・・・。

さて治療が開始された。まず最初に気に入ったところは、先生が丁寧にこれからやることを前もって言ってくれるところである。「今から風をかけますねー」とか「今度は触るだけなので痛みません」とか「熱いものを乗せますよー」とかあらかじめ言ってくれるので心の準備ができた。特に痛くないと最初に言ってもらえると、すべての動作に対して「痛いのではないか」とびくびくする必要がなくなるので安心していられる。これは患者さんが安心して治療を受けるのにとてもいいことだと思った。患者が安心して肩の力を抜けば痛みも和らぐし、ビクッと変な動きをすることもないので治療もやりやすくなるだろうから、結果的に安全に快適に治療を行うことができ、双方にとってメリットとなる。今まで通っていたE歯科も重要なことは言ってくれてはいたが、今日ほどはすべての動作に対して説明はしてくれなかったように思う。

さて消毒などの前準備が終わり、とうとう恐怖の麻酔が始まった・・・。私の肩に自然に力が入る。先生はゆっくりゆっくり丁寧に麻酔をしていく。傍らでは助手の女性が私の肩を指で押さえたり離したりを、麻酔をしている間中ずっと繰り返していた。これは果たして何のための動作であったのだろう?押さえ方が中途半端だったのでよく分からなかった。私が動かないように押さえていたような感じもしたが、ホメオパシー効果を狙ってのものであった感じもする。なぜならなんとなく指圧をしてくれていたような感じがしたからだ。もし後者だとしたらすばらしいサービスである。
しかし何よりも驚いたのは、麻酔がぜんぜん痛くなかったのとその時間である。今までの歯科医院では3箇所ぐらいポンポンと針を刺して30秒ぐらいで麻酔が終わってしまったが、今日は麻酔だけで3分ぐらいかかったのではないだろうか?とにかくものすごくゆっくり丁寧に麻酔をかけていった。あまりにも痛くないので先生に尋ねたら、やはり短時間で麻酔をするとその分痛みも強くなるらしい。道理で今までの歯医者の麻酔は痛かったわけだ。

麻酔さえ効いてしまえば、当然あとの治療は痛くないからもう安心だ。というわけで、今日初めて「痛くない歯科治療」というものを体験し、そのおかげで初めて泣かずに治療を終えることができ、私としては大感激&大満足であった。なのに、これだけ丁寧に治療をしてもらって、しかも私の場合麻酔はセミオーダー、さらに口内炎の塗り薬ももらって、今日のお会計はたったの540円。3割負担で540円だから実際の治療費は1800円だったということになるが、果たしてこんなに安くていいのだろうか?先生の時給にもならないと思うのだが・・・。その代わり次回歯をかぶせるのに使用する材質は、結局セラミックとプラスチックを合わせたハイブリッドセラミックにすることにしたので、それがしめて52,500円。こっちのほうで儲けるからいいのかな(^^)?

以上のようにすっかり今日の歯医者さんが気に入ってしまったので、前回のブログでははっきりと名前を出したが、今日はF岡歯科医院と名前を伏せることにした(笑)。今でさえ予約が一杯で入りにくい状況なのに、これ以上お客さんが増えたらますます予約が取れなくなってしまうからだ。自分さえよければいい的な根性で申し訳ないが許して欲しい(^^)。どうしてもこの歯科医院の名前が知りたい方は、12月の過去記事に書いてあるのでどうぞ探してください。

午後の緩和ケアでは特筆すべきことはとくにない。私の相談としては、ボルタレンを減らしてMSコンチンを増やしたほうがいいかどうか、ということだったのだが、先生の指示では、とりあえずボルタレンは現状どおり1日4錠(25mを1錠ずつ6時間ごと)服用し、もし痛みが治まらないようであれば、ボルタレンを増やすのではなくMSコンチンを増やす方向で調節するようにとのことであった。2日連続でレスキューを飲んでいるし、ここのところ痛みで起き上がれないぐらいだったので今日から増やすつもりだったのだが、上述の通りなぜか今日は痛みが軽かったので、とりあえず今日の増量は見送ることにした。明日痛みが出るようであれば、10mgずつ増やして50mg、50mgの1日100mgにするつもりだ。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
口内炎のメッセージを読み取れ はてなブックマークに追加
2006年12月28日 (木) | 編集 |
sweater_hats.jpg
<写真の説明>義母からのクリスマスプレゼント。手編みのベスト&帽子と布の帽子。手編みのベストはとってもデザインが素敵。

最悪なことにさらに口内炎が増えた。かなり痛いが、まだ現状なんとか食事は摂れているので、食事がまったく食べられないなんていう最悪の事態にならないように今のうちになんとかしなければならない。以前の超健康体だった(と実際には勘違いしていた頃の)私は、こういう身体からの大事なメッセージをいつも見逃していた。だからガンになんかなってしまったのだ。以前に書いたが、冷え性、低血圧、低体温、月経不順、爪に変化、偏頭痛等々・・・といったいろいろな症状(=サイン)が出ていた。そういえばしょっちゅう口内炎もできていた気がする。こういったサインが出ていたときにちゃんと対処しておけば、すなわち現在やっているような体質改善をしておけば、恐らくガンになどなっていなかったであろう。

よって同じ轍を踏まないためにも、今回こそはこのメッセージを見逃してはならない。今までの私だったら恐らく「口内炎なんて」と軽く考えていたであろうが、たかが口内炎だがされど口内炎である。やはり2週間も口内炎が続くのはどう考えてもおかしい。最悪な場合は大腸炎になったりするようなので、今のうちになんとかしなければ。

口内炎の原因としては、ビタミンB2の欠乏、ストレス、偏食による胃腸の荒れなどがあるようであるが、チョコラBBを飲んでも治らないところを見ると、ビタミンB2不足が原因ではないようである。残るはストレスと偏食になるが、母が今日調べてきてくれた「口内炎を引き起こす食べ物」として挙げられていた中に、思い当たるふしがあった。りんごとチーズである。私はローフードを食事療法として一部取り入れているので、毎朝の朝食は大量の旬の果物を摂取している。よって現在の旬の果物はりんごなので、毎日大玉りんごを2個食べている。毎日りんご2個というのが多いのか少ないのかは分からないが、やはり普通の人は毎日、しかも2個も食べないと思うので、それが原因の可能性が高いと現在は考えている。
チーズについては量はそんなに多くはないと思うが、やはり毎日食べるというのは多すぎなのかもしれない。しかもチーズは私の食事療法ではもちろん食べてはいけない食材である。これが私が最近脱線気味と自己嫌悪に陥っている所以なのだが、どうしてもやめられず最近は毎日食べてしまっている・・・。よって今回の口内炎はもしかしたら、チーズをやめさせるためのメッセージなのかなとも思う。

以上のことから、とりあえず明日の朝食からりんごを減らしてみようと思う。もちろん一気にりんごもチーズもやめればいいのだが、それだと原因が分からないし、それにもしりんごが原因でない場合は、朝食に食べる果物がなくなってしまうのは困るからだ。朝食にたっぷりの果物を食べるのは、ローフードの観点からもいいことだし、それに私自身果物ならとてもおいしく気持ちよく食べられるので、私の朝食にはベストだと思うからだ。ローフードはそんなに旬にはこだわってはいないが、やはり私としてはできる限り旬にこだわりたい。
チーズは原因であろうがなかろうが今すぐにやめるべきものであるということは分かっている。あとは私の強靭な精神力如何にかかっているだけである。その精神力が現在問題なのである・・・。

今日母とも話していたのが、そういう意味では母や義母がうちに来てくれることが、私にとって自制心を働かせてくれる良いきっかけになっていると思う。例えば今日も実際そうだったのだが、午後2時ごろお昼ご飯を食べようかどうしようか迷っていた。いつもであれば空腹に任せて食べてしまっていたが、そうすると6時の夕飯にはおなかが一杯で食べられず、結局その日は夕食を食べないで終わってしまうことが何度か続いた。仮に夕飯が食べられなくてもお昼にちゃんと玄米菜食をしていれば問題ないのだが、やはり自分一人で適当に食べようとすると、好きなパンとチーズになってしまうのである。となると、その日一日は、朝食の果物とお昼のパンとチーズだけになってしまい、まったく玄米を食べないで終わってしまうことになってしまうのである。
それではいけないと思い、今日はお昼を抜くことにした(間食として干し芋を2枚だけ食べた)。このように自制心が働くのは、やはり母と一緒に6時に夕飯を食べなくてはいけない、という一種の「しばり」があるからである。義母が来てくれる日もそうだ。お昼ごはんは義母が作ってきてくれるすばらしい食事をおかずにきちんと玄米を食べる、という気持ちがあるので、やはりそれに合わせて私も動くのである。

とにかくここ最近のブログにしょっちゅう書いているように、現在の私の悩みは「自制心が利かなくなってきていること」なので、この辺でなんとか気持ちを切り替えて、以前の厳しい私に戻したいと思っている。それにしても口内炎のメッセージは何なのであろう・・・???
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
三重苦 はてなブックマークに追加
2006年12月27日 (水) | 編集 |
imaimiki.jpg
<写真の説明>主人の友人がプレゼントしてくれた今井美樹のCD

まさにCDでも聞いて癒されたい状況だ(涙)。昨日の豪雨とはうってかわって今日は20度近くまで上がるという5月並みの気温だったそうだが、そんな好条件であったにもかかわらず今日は散歩に出られなかった。やはり私はマゾなのであろうか?(苦笑)いや、そうではない。激しい便意、さらに増えた口内炎、いつものガンの疼痛の三重苦で苦しんでいたのである。
それでもお昼ぐらいまではけっこう調子良かったので、ずっと行きたいと思っていて行けなかった美容院に行ってきた。久しぶりの贅沢と思って、ついでに頭皮マッサージもしてもらってリフレッシュしてきた。しかし帰宅した途端痛みが発生、それ以降起き上がれなくなってしまったのである。しかしレスキューを飲むほどの激しい痛みではなかった。いやーな感じの鈍痛が延々と続いた。だらだらと過ごしているうちに、あっという間に夜になってしまい、今日はブログを書くのをやめようかと思ったのだが、寝る前の歯磨きをしていたら少し痛みが治まってきたので書くことにした。
というわけで、今日はたいした内容ではないが、とりあえず今日の私の状況報告まで。

テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
合理主義者である私のはずが・・・ はてなブックマークに追加
2006年12月27日 (水) | 編集 |
namashoku.jpg
<写真の説明>友人がプレゼントしてくれた「生菜食健康法」という本。まだ中身は読んでいないが、ゲルソン療法より厳しい内容の療法らしい(怖)。ひえ~!

今日の東京はものすごい豪雨だった。ニュースによると、今日一日だけでこの時期の1か月分に相当する雨が降ったそうだ。この雨の中私は外出したのだが、さすがの銀座も人はまばらだった。クリスマスだった昨日はそれこそ芋洗い状態で、銀座三越の地下食品売り場などは歩けないぐらいの混雑ぶりであった。昨日に今日みたいな雨が降らなくて本当に良かった!!ただでさえ銀座の中央通りはまともに歩けないぐらい人が多かったので、あの人ごみでさらにみんなが傘をさしていたらと思うと、想像するだけで恐ろしい。毎年のことだが、ミキモトのクリスマスツリーの前などは、完全に交通マヒ状態であった(^^;)。私はミキモトとは反対側を歩いたので何とか前に進むことはできたが。

豪雨の中無理して出かけたのは、例の障害者手帳申請で区役所に行く必要があったからだった。今月中に申請しないとまた1ヶ月損をしてしまうので、なんとしても今月中に申請しておきたかったのである。前回の外来から1週間経っても診断書が用意できたという連絡が病院から来ないので、今朝こちらから確認の電話を入れたところ、ちょうど今日できあがったとのことだったので(ほんとか!?)、早速聖路加に取りに行き、その足ですぐに区役所に提出しにいった。書類のほうは無事受理された。診断書に「永久」の文字がちゃんと記載されていたし、主治医の見解として「4級が妥当」と書いてあったので、間違いなく4級は認められそうだ。しかしそれは言い換えれば、3級と認められる可能性は低いということになる。よって障害年金のほうはあきらめることにした。当初はだめもとで出すだけ出そうと思ったが、出すには診断書が必要であり、診断書には1万円ぐらいかかるので、99%無理なものに1万円かけるのはもったいないからだ。まあとにかく2ヶ月遅れてしまったが障害者手帳はもらえそうなので、それだけでもよしとしようではないか。

天気がよいのであればまだしも、さすがに今日のような豪雨であれば、普通は用事が済んだら家に帰るであろう。なのに私はそのまま散歩を続行した。この豪雨の中!!である!!自分でもなぜそこまでがんばるのか分からなかった。散歩は私にとって重要な治療の一部なので、雨でも嵐でも関係なくがんばるのは当然といえば当然である。しかし、もしどうしても豪雨の中の散歩がいやなのであれば、いつもみなさんが私にコメントしてくださっているように、あまり肩に力を入れてがんばりすぎなくてもいいはずである。ほとんどの日にきちんとやっているのであれば、たまには散歩をお休みしてもいいはずである。
しかし、今日の私にいやだという感情はなかった。むしろ変な話、豪雨という悪条件であるからこそ散歩をしたいという感情すらあったのだ。一瞬自分はマゾなのでは?(^^;)と思ってしまったが、歩きながら考えていたら、どうやらそれに近いものがあるようだ(^^;)。痛めつけられて喜ぶわけではないが、苦境の中がんばっている自分に酔っているふしがあるようだ。これだけがんばっているのだからいいことがあるだろう、きっとこの努力は報われる、みたいな。しかしこの考え方は、徹底的な合理主義者である私にはあまり似合わない考え方である。なぜなら合理主義者の考え方は、経過より結果を重んじるからである。よってがんばっていようが楽していようがそれはあまり重要ではなく、結果が出ればそれでよし、と考えるからである。よって、そんな私がスポ根(=スポーツ根性)ドラマよろしく、雨の中一生懸命歩いている自分に酔っているというのが、なんともおかしく、自分でも笑ってしまった。

区役所へ行くために家を出ようとしていたとき、すでに少し痛みが発生していたが、無理して外出した。散歩の途中でも何度か痛み出したが、歩いているうちに治まってしまった。その抑えていた分が一気にきたのだろうか・・・。家に帰って、主人の夕食を出し終わった途端、一気に痛みが爆発し、レスキューの塩酸モルヒネを飲む事態となってしまった。そして夕食もまともに食べることができなかった。これで2日連続レスキューを使用している。やはりもう一段階のベースアップを考えなくてはいけないかな・・・
口内炎が痛くてたまらん! はてなブックマークに追加
2006年12月25日 (月) | 編集 |
christmas.gif
<写真の説明>アメリカのクリスマスデコレーションが素敵な家

思えば1年前の今日はアメリカにいた。すでにその頃は調子が悪くベッドに横たわってばかりだったが、クリスマスだけは我が家恒例のケンタッキーフライドチキン&赤ワイン&お気に入りのフランスパンで乾杯したのを思い出す。そして写真にあるような気合の入った家をドライブして見に行ったものだ。東京でも西のほうや神奈川あたりのしゃれた地域ではクリスマスデコレーションに気合を入れた地域があると聞くが、私の住んでいる新富町界隈ではそのような気配すらなく非常に殺風景である。我が家自体もなんの飾りつけもしていないので他人のことは言えないのだが・・・。

私たちもアメリカにいたときは小さいながらもクリスマスツリーを飾り、さらにほんのちょっとだが家の中に電飾の飾り付けを施し、クリスマスソングを流したものだ。ところが日本に帰ってきた途端、まったくそういうことをしようという気が起きなくなってしまった。私が病気だからというのもあるが、やはり一番の理由は家に余裕がないからであろう。アメリカの家は一軒家で、今住んでいるマンションの3倍の広さがあった。やはり広いというのは人の気持ちも広くするような気がする。そしてそういう心の余裕が生活の余裕に結びつくような気がする。
今日はクリスマスディナーというわけでもなく、いつもとなんら変わらない一日を過ごした。前はクリスマスツリーを飾ったり飾り付けをしたりなどは子供がやることで馬鹿馬鹿しいと思っていたのだが、そういう一見無駄と思えるようなことをやるのも案外重要なことなのかもと思うようになった。なぜなら今思い返してみると、みんな楽しい思い出となって私の記憶に刻まれているからである。よって2007年は一つ一つのイベントを楽しんでいこうと思う。

昨日の最悪なクリスマスイブに引き続き、今日もレスキューを2度も発動するような最悪な日となった。しかもガンの疼痛だけでなく、ここ最近口内炎がひどくて悩まされている。塩気と酸味がものすごく沁みるので、食事をとることはもちろんのこと、にんじんジュースを飲むのさえつらい。口内炎の痛さはモルヒネをいくら飲んでも消すことはできないので非常につらい。ただでさえガンの疼痛&激しい便意による痛みでヒーヒー言っているというのに、さらに口内炎の痛みが加わり、まさに泣きっ面に蜂の状態である。
そんなわけで、電話で相談すればいいことであり、薬も十分あるのでわざわざ行く必要もないのだが、つい癒しを求めて緩和ケアの予約を入れてしまった(^^;)。これも近いがゆえになせる業である(本当に病院が近くてよかったぁ)。いくらC先生に会いたいからといっても、いちいち何時間もかけてはさすがに会いに行く気にはなれない。本当は今日が担当のC先生の外来の日だったのだが、さすが聖路加、今日はクリスマス休暇で外来は休診だそうだ(^^;)。というわけで、金曜日に行くことになった。

それにしてもこの口内炎の原因は何なのだろうか?健康なときは、口内炎ができると私の場合、チョコラBBを飲めばすぐに翌日にはきれいに治ったものだった。しかし今回はいくらチョコラBBを飲んでも治らない。これだけにんじんジュースだの青汁だの、そして最近は旬の果物として毎日りんごを食べているので、ビタミン不足によるものとは思えない。やはり薬を大量に飲んでいるせいだろうか?ボルタレンは胃に悪影響を及ぼすのでボルタレンを増量したせいかと最初は思ったが、記録を見るとボルタレンを増量する前も口内炎で悩まされていたので、それが原因ではないようだ。うーん、となると原因は何なのだろう・・・。原因が分からないと対処のしようがないし、この激しい口内炎がこれ以上続くと食欲にもかなり悪影響を及ぼすので、なんとか早く原因を突き止め対処したい。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
夫婦二人三脚での仕事 はてなブックマークに追加
2006年12月24日 (日) | 編集 |
givingthetree.jpg
<写真の説明>アメリカの友人から届いた素敵な絵本

今日はクリスマスイブだというのに、朝から痛みがひどく憂鬱なスタートを切った。午前中は痛みで動けずずっとベッドでダウン、このままでは昼食もままならないと思い、とうとうレスキューのオプソを服用した。オプソ服用でようやく動けるようになったので、急いでお昼を食べ、体調が良いうちにと仕事を開始した。

ここ最近の我が家は仕事で少々慌しい。久しぶりのビッグ案件が舞い込んできたためだ。金額もまあまあ大きいのだが、急ぎの案件でもあるため、私も主人に協力して、痛いのを我慢して仕事に取り組んでいる。そこまでして仕事しなくても・・・という意見もあるだろうが、私でなければできない仕事が一部あるため、どうしても私が動く必要があるのだ。

痛いのを押しての仕事はつらいものがあるが、しかし夫婦二人三脚で取り組む仕事は楽しくもある。結婚してから今までずっと二人でがんばってきた。いつの日かブレークしてお金持ちになろう!を合言葉に6年間がんばってきた。私がガンになってからはほとんどの仕事から離れているので、仕事のことで会話することも少なくなったが、久しぶりに一緒に仕事をして、普段の生活に戻ったような気がした。早くガンを克服して、また主人と一緒に仕事をする生活に早く戻りたい。そう思った。

夫婦自慢になってしまうが、よく二人で言うのは、私たちは2人合わせて2人以上の力を発揮する、ということだ。どちらが欠けてもだめなのだ。今回の件もそうだ。現在あるアメリカの会社と契約を進めているところなのだが、契約を進めていくにあたってのスキーム作りなどは主人が得意であり、主人の緻密さが際立った。一方、実際に英語での交渉をするのは私の役目だ。メールでのやりとりで先方に好印象を与えることができた。恐らく今回の契約はうまくいくであろう。そして私としては契約がうまくいきそうなこともさることながら、今回の仕事を通じて、お互いにお互いが必要だということが再認識できたのがうれしかった。私には主人が必要であり、また主人にも私が必要なのだ。それにはとにかく早く私が復活せねば話は始まらない。そして今の私としては、とにかくこの痛みから早く解放されたい!!痛くてたまらん!!!
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
医者は薬のことを知らない はてなブックマークに追加
2006年12月23日 (土) | 編集 |
santa2.jpg

santa1.jpg
<写真の説明>義母からのプレゼントがクリスマス気分を盛り上げてくれる。色がいろいろに変わってとってもきれい

今日処方箋を持っていつもの薬局へ薬をもらいに行ったのだが、ダブルチェックの重要性を大いに感じた。私の場合麻薬系の薬があるので、毎回薬局の人に内容を確認され、それをとてもうざいと感じていた。なぜなら確認といってもただ「今回MSコンチンが前回より増えていますけどこれでいいのですか?」「はい、そのように先生が処方したのでいいのです」「そうですか、分かりました。それならけっこうです」のようなやりとりをするだけで、ほとんど無意味と思われる確認だったからだ。

先日の外来で私がボルタレンの増量を先生に依頼したので、今回ボルタレンが倍の量を処方されていた。よって今日も例のごとく「今回ボルタレンが倍増していますが、先生から何か聞いていますか?」と質問された。ああまたいつもの無駄な質問か・・・と思いながら「ええ、先生からボルタレンを増量して服用していいと言われています」と答えると、「本当に先生がそのように服用していいと言ったのですか?実はボルタレンは1日100mgまでしか飲んではいけないのですが、この処方だと150mgになってしまい規定量を超えてしまうんですよ」「えええ!!??そうなんですか!!!???」

とりあえず今日のところは薬局の人が機転を利かせてくれて、処方の仕方を日にちを増やすことで量を調節してくれたので、無事薬を受け取って帰ることができた。というわけで今日は無駄どころか、このチェックに救われた。もし薬局の人のチェックがなければ、私は規定量を超えて薬を服用してしまうことになっていた!なんと恐ろしいことか。ダブルチェックの重要性を大いに感じた。そして医者は薬のことを知らないので、どうぞみなさんもお気をつけて。

今日は午前中からお昼あたりまでは痛みが落ち着いており割と快適に過ごせたのだが、夕方以降は完全にダウンモードだった。しかも夜になってからは、激しい便意が1時間おきに襲ってきて、痛いは苦しいはでかなり体調は悪かった。実はブログを書いている今もかなりつらい。この激しい、それこそ「無駄な」便意はどうにかならないものか・・・!!??
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
ボルタレン効果もここまでか・・・ はてなブックマークに追加
2006年12月22日 (金) | 編集 |
christmasbreads.jpg
<写真の説明>友人から届いた手作りパン。ドイツのクリスマスといえばシュトーレンだが、シュトーレンを食べられない私のためにシュトーレン風のバゲット(左上)を作ってくれた(喜)。干し柿ももちろん手作り。見た目も味も絶品!

MSコンチン(モルヒネ=麻薬)増量の代わりに私の体質に合っていると思われるボルタレンを増量することで痛みの緩和をはかったところ、ばっちり効果が出てこの2日間は比較的楽に過ごせたのだが、もう3日目にして効果が薄れてきてしまったのか・・・?今日は一日中痛かった。毎日、痛い痛いと泣くことにも疲れてきた。ここ最近また少し痛み疲れが出てきてしまっているので、痛みのコントロールが急務になってきている。明日にでも緩和ケアの診察予約の電話をしてみようかと思う。しばらく緩和ケアのT先生にもお会いしていないので、そろそろ会いたくなってきたかな(^^)。さすが緩和ケアの先生だけあって、不思議と会うだけで心休まるのだ。

昨日仕事のためブログをお休みしたので今日はたくさん書こうと気合が入っていたのだが、書く直前になって痛みが発生してしまい、またつまらない痛みの話になってしまった。明日は痛みのコントロールがうまくできていればいいのだが・・・
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
今日はお仕事、ブログはお休みです はてなブックマークに追加
2006年12月21日 (木) | 編集 |
今日は急遽急ぎの仕事が入ったためブログはお休みします。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
ボルタレンで痛みの調整をはかる はてなブックマークに追加
2006年12月20日 (水) | 編集 |
birthedaycake.jpg
<写真の説明>今日は主人の誕生日

今日は3つ予定が重なり忙しい日であった。まずは朝一番で1ヶ月ぶりの外来。例の障害者認定のための診断書の件をお願いしてきた。「患者さんのためになる書き方をしてあげるから安心しなさい」という言葉がとても心強かった。これで区役所の障害者4級のほうは認めてもらえそうだ(^^)。

帰宅後少ししてからすぐに次の待ち合わせのために外出。義母が銀座で絵画の展覧会に出品しているので、それを見に母と有楽町で待ち合わせをしていたのだ。本来はここで「じゃあ銀座でおいしいものでも食べよっか」てことになるのだが、残念ながら私の場合はそうはいかない。一応日比谷シャンテの地下にマクロビオティクレストランが入っているのでそこで食べることもできたのだが、その後のスケジュールも詰まっていたので今日のところは家に帰って食べることにした。

家に帰ってお昼ごはんを食べ終えたらもう3時。次なる予約は、そう、主人のバースデーケーキを取りに行く時間だ。ケーキ大好きな主人も、私がガンになってからのこの1年、ケーキをほとんど食べていなかった。だからせめて誕生日ぐらいは好物のケーキを食べさせてあげなくちゃ!と思い、サプライズで予約をしておいたのだ!

今日は以上のように時間が縛られているものが多かったので、痛みをばっちりブロックしておく必要があった。そこで試したのが、ボルタレンを今までの8時間おきから6時間おきの服用に短縮することだ。これが功を奏し、日中は痛みも軽くすべて予定通りこなすことができた。前から感じていたのだが、どうも私の身体にはボルタレンが効果を発揮するようだ。
こうして仙骨の痛みはおかげさまで抑えられたが、夕方以降、例の激しい便意が頻発するようになり、そっちの痛みで起き上がれなくなった。さらに昨日からの睡眠不足プラス日中の疲れもあってかすっかり食欲も失せてしまい、結局ベッドにずっと寝ていることになってしまい、夕飯抜きになってしまった。

とりあえず痛みに関しては、このボルタレン増量で様子を見ていこうと思う。詳しくは緩和ケアの先生に聞いてみないと分からないが、実際には同じ増量するにしても、ボルタレン増量とMSコンチン(モルヒネ)増量とどっちがいいのだろうか?素人的には当然モルヒネをなるべく増やさないほうがいいと思いがちだが・・・。しかしボルタレンも「胃を荒らす」という副作用がある(MSコンチンにはない)ので気軽に増量するわけにはいかない。薬は増やしたくないと常に言っているのに、結局は増量に増量を重ねていかなければならない現実に、歯がゆい思いがある・・・。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
食物は生きている はてなブックマークに追加
2006年12月19日 (火) | 編集 |
今日のトピックは「何を今更」というようなものだが、今日改めてそれを再認識したので書くことにした。あまりにも当たり前の話すぎてちょっと恥ずかしいのだが、私としては忘れかけていたことでちょっとした再発見だったので、どうか今日はこのくだらない再認識話にお付き合い願いたいと思う。

実は数日前、まだちょっと早いかなと思ったが、つい待ちきれずキウイをむいて食べようとした。しかしやはりあまりにも硬すぎて酸っぱかったので食べることができなかった。結局そのキウイはラップに包んで冷蔵庫に入れておいた。たとえ冷蔵庫の中でも少し時間をおけば多少熟れてくると思ったのである。
そして本日、剥かずにそのままにしておいた別のキウイをチェックしたところ、ようやく柔らかくなってきて食べごろになっていたので、早速剥いて食べた。ちょうどいい具合に熟れていてとてもおいしかった。そして同時に冷蔵庫に保管しておいたキウイももうこれ以上はとっておいても変わらないと思い食べてみた。すると数日前の状態とまったく変わっていなかった。相変わらず硬くて酸っぱいままだった・・・。

そこで気づいたのである。切ってしまったキウイは死んでしまったと。そして切らなかったキウイは生きていた!と。食事療法をやっている私としては、野菜や果物は新鮮なものを、とにかく切ったらすぐに食べるようにと言われているので、そんなことは当然知っていたことなのだが、野菜が生きているとか死んでいるとかは実際目にすることがなかったので、正直あまり実感がなかった。そしてそれ故、いつも母ににんじんジュースや青菜ジュースを作ってもらって、私がすぐに飲まずにもたもたしていると、母から「早く飲みなさい」としつこく言われていたのだが、私は母が言うほど「そんなにすぐに飲まなくても・・・」と思っていたのである・・・。しかし今回のキウイの件で、実際に死んだ果物を目の当たりにして、やはり新鮮さというのはとても重要なのだということを再認識した。これからはジュースも作ってもらったらすぐに飲もうと思う。そして野菜などもなるべく食べる直前に切るようにしようと思う。このことから考えると、スーパーで売っているカット野菜などは、完全に死んだ野菜になっているということが容易に分かるし、果たして栄養もあるのかどうか疑問である。コンビニや外食で食べるサラダなどもそうである。食べないよりはましだと思うが、もしそういった野菜を食べて野菜を食べた気になっている人がいたら、考えを改めたほうがいいと思う。実際にはほとんど意味のない食物になっている可能性があるからだ。食事療法の考えでは、新鮮な野菜から栄養を摂取することはもちろん重要なことだが、それと同じぐらいに、生きている野菜からパワーをもらうということも重要な要素となっているのである。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
主人によるびわ葉温灸講習会 はてなブックマークに追加
2006年12月18日 (月) | 編集 |
今までびわ葉温灸は主人にやってもらっていたのだが、最近主人も仕事が忙しくなってきてその時間が取れないことが多くなってきた。そこで両親が覚えれば私にやってあげられるだろうということで、本日主人によるびわ葉温灸講習会が開催された(笑)。講習会といっても、びわ葉温灸自体そんなに難しいものではないので、数回手ほどきをしただけで父も母もすぐにマスターできた。そして今日は初めて父に温灸をやってもらった。とても気持ち良かった。父と母はこれでまたやることが増えて大変になってしまったが、私としては本当にありがたい限りで、両親には心から感謝している。

今日も散歩に出られず、一日中ベッドに横たわっている状態であった。日中は温灸やマッサージをしてもらっていたのでベッドに横たわっていたが、夜は痛みで横たわっていた。しかし痛み的には昨日より少し和らいだ感じはある。今日はMSコンチン40mg、40mgというように、1日2回服用バージョンに変えてみたのだが、全体を通じての鈍痛が昨日よりはましだった感じがある。ただ今日はマッサージや温灸をしてもらっていたことが大きく影響していると思うので、実際にはよく分からない。とにかくこの服用方法で2、3日様子を見るしかない。今日は気分が乗らないので、これにておしまい。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
つまるところは「許容量」 はてなブックマークに追加
2006年12月17日 (日) | 編集 |
ブログを書く直前まで本当は別のトピックで書こうと思っていたのだが、書く前にコメントでもチェックしてみるかと思ってコメントを読んだところ、yasさんのコメントを見て急遽トピックを変更することとなった。
そう、まさにこの世界(=私がとりあえず信じてやっている代替療法の世界)は、つまるところすべて「許容量」の一言で片付けられてしまうのである。ガン(実際にはガンは生活習慣病なので、ガンだけに限らず生活習慣病とされる病気全部を言う)になる原因としてよく挙げられているのは「欧米型の食事」「添加物などが入った食品」「運動不足」「ストレス」「タバコ」「アルコール」などだが、誰もが気づいているように、ヘビースモーカーでも寿命を全うしている人もいるし、逆にタバコを吸わないのに肺がんになる人もいる。現に私がガンになったのだって、上記のいずれにも該当はしていたものの、はっきりどれが原因でなったかは分からないし、正直なぜ私が・・・?という思いは常にある。なぜなら食生活においてもさほど悪い食生活だったとは思えないし、アルコールにしてもタバコにしてもヘビーというほどではないし、ストレスだってごく普通のサラリーマンが感じる程度のストレスだったと思うし、結婚生活においてもおかげさまで良い夫に恵まれたので、ごく普通の主婦が抱える程度かあるいはそれよりも低いストレスに収まっていたと思うのである。唯一他人より不足していたとすれば運動である。とにかく一日中パソコンの前に座っている仕事だったので、運動不足は甚だしいものがあった。

しかしどれをとっても、だからといって「私がガンになる」というのは合点がいかないのである。なぜならガンの原因が上記だとするならば、言い方は悪いが私よりももっと「ガンになるべき人間がいる」からである。じゃあなぜ私がガンになったのか?そこで出てくるのが「許容量」という言葉である。この言葉はとても便利で、最後にわからなくなってきたら「許容量が足りなかったから」の一言ですべてが片付いてしまう。よってこの考え方でいくと、毎日ハンバーガーとフライドポテトを食べても長生きできている人は、単に許容量があるだけのことで、もし寿命が200歳とかまであったとしたらようやくその人の許容量を超えることになり病気になるのかもしれない。だから許容量さえあれば上記の「悪いこと/もの」とされているものを摂取しても大丈夫なのであり、逆に私のように許容量がない人は、人一倍気をつけて悪いものを摂取しないようにしなければならないのである。

とにかくガンについては分からないことだらけである。しかし、長年の研究成果で分かってきたこともたくさんある。この「許容量」に関しても、いつの日か明らかにされるときが来るのであろう。そのときの回答はいかなるものか!?真実はなんなのか!?非常に興味が沸くところである。

最後に痛みの実験について。
なかなか痛みが治まらない。今日もレスキューを飲むような激痛は来ないものの、一日中鈍痛で不快感あり、散歩にも出ないで寝て過ごすことになってしまった。MSコンチン10mgアップして30、20、30mgというように服用しているが、今晩から服用方法を1日2回の40、40mgにしてみようと思う。それでだめだったらもう10mg増やしてベースアップするつもりだ。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
歯科統合医療 はてなブックマークに追加
2006年12月16日 (土) | 編集 |
tennisflower.jpg
<写真の説明>高校時代の友人から素敵な花が届いた


今日は歯医者に行った。偶然なのか、はたまた必然なのか分からないが、左の奥歯の銀歯が取れてその治療がちょうど終わろうとしていたとき、今度は右の奥歯の銀歯が取れてしまった。最初の治療には近所の行きつけの歯医者に行ったのだが、右のほうが取れたときには、私の銀歯が取れたことなど知らないはずのOクリニックの看護師さんから、タイミング良く世間話として歯科統合医療を勧められ、ちょうど興味を持っていたときであった。そしてブログに銀歯が取れた話を書いたところ、ある方から「歯に詰め物をする場合、その材質などに注意したほうがいい」というアドバイスをメールでもらい、自然療法をやっていて化学薬品や添加物汚染などに敏感になっている私としては、ますます歯科統合医療に興味を持ち出したのだ。そこで2本目の治療は、行きつけの歯医者ではなく、歯科統合医療をやっている福島歯科というところに行ってみることにした。場所も茅場町で、これまた歩いて行ける距離にあったことも後押しした。

歯科統合医療とは、福島歯科のHPに書かれている文章をそのまま抜粋すると、さまざまな症状をより全体的な見方で捉え、健康・予防・社会環境も考えながら西洋医学、相補・代替医療を問わず最良の治療を選択する、患者を中心とした医療のこと、ということである。よって今回の単なる銀歯が取れた治療に対しても、治療完了まで4回行く必要があり、毎回たっぷり1時間枠をとって説明や診察がある。ちなみに行きつけの歯科医院では、全部で2回で時間にすると合計20分ぐらいで終わってしまった。
今日は2回目だったのだが、1回目は私が30分遅刻してしまったため十分な時間が取れず、歯の検査と今後の治療方針の説明及びそのためのレントゲン撮影で終わった。2回目の今日はOリングテストで1時間使った。このテストで私の身体に合う材質、麻酔薬などを調べるのである。そして調べた結果、私は金属にマイナスの反応を示したので、身体への安全性を第一に考えるのであれば、銀歯や金歯にせずプラスティックかセラミックにしたほうがいいという結果になった。プラスティックかセラミックにする際の問題は耐久性と値段だ。耐久性については、どっちみち耐久性があるといわれる銀歯などにしたところで、こうやって7、8年ぐらいで取れてしまって交換せざるを得ないのであれば、多少金属より弱いと言われてもあまり気にする必要はないと思う。よって最大のネックは値段だ。保険が利かないので、一番お勧めのセラミックにすると8万円ぐらいかかってしまう。一番安い保険の利く銀歯だと自己負担2000円ぐらいで済むというのに。この差はあまりにも大きすぎる。しかし、やはり身体への安全面を第一に考えたほうがいいと思うので、かなりの負担だがセラミックにしようかと思う。

麻酔のテスト結果については、私の場合、防腐剤?(と確か言った気がするが、とにかくなんとか剤という名の化学物質)などが入った通常の麻酔にマイナスの反応を示した。通常の麻酔にはいろいろな化学薬品が入っており、血管収縮剤というのも入っているらしい。血管収縮剤は麻酔の効果を長持ちさせるために入っているそうだが、私みたいな病気の人は当然血の巡りが悪くなるので血管収縮剤は好ましくない。従って、私はこれらが入っていない麻酔薬を使うことになった。

このように、麻酔に入っている薬剤の説明をしてもらったのも初めてだし、使用する麻酔までセミオーダーできるのには驚いた。当然今までの歯科医院では麻酔について説明もなければ選択の余地もなかった。診察室も高級感漂う個室になっていて、ヒーリングミュージックがかかっており、診察台が横に並べられている普通の歯科医院とは雰囲気が全然違う。そういえば部屋に入った瞬間も、あの歯医者独特のいやーなにおいはしなかったな。私は昔から歯医者が大嫌いで、キーンという音はもちろんのこと、あの独特のにおいをかいだだけで歯が痛くなったものだ(苦笑)。とりあえず今のところはすっかりこの歯医者さんが気に入ってしまった。

今回私の場合は歯科統合医療といってもせいぜい材質と麻酔薬ぐらいしかこだわらなかったが、本来の歯科統合医療とは、歯の問題だけとして受け取るのではなく、他の病気との関わりはないかどうかなど、もっと全体的な病気と見ていくものである。ガンに関するリサーチをしていると必ず「ホリスティック医学」という言葉に遭遇するが、まさにそれと同じ考え方だ。病院と歯医者が別物になっているように、「歯」というのは身体の病気と別物と考えられがちだが、実はものすごく重要で密接な関係があり、健康にも影響を与えることがあるのである。今回歯科統合医療という言葉を知って、こういうアプローチもおもしろいなあと思ったので、ぜひみなさんに紹介したいと思い、今日のトピックにした。頭痛の原因が歯の噛み合わせから来ている場合もあるというので、原因不明な症状に悩まされている人は、「歯」という側面から一度考えてみるのもよいかもしれない。私も一瞬「このガンの原因は私の歯が原因・・・?」などと考え、先生にそう尋ねたが、さすがに原因は分からないとのこと。当たり前だっ!!!!!(爆)
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
再度社会保険事務所へ はてなブックマークに追加
2006年12月15日 (金) | 編集 |
昨日障害者手帳がもしかしたらもらえるかもしれないということが分かり、すっかり私の頭の中は保険モードに(笑)。早速今日は社会保険事務所へ再度障害年金について確認しに行った。結論としては申請してみないと分からないが、今日の話では年金のほうは無理そうだ。ストマを造設しただけでは3級であり、厚生年金であれば3級も対象なのだが、残念ながら私は第3号被保険者として国民年金に加入しているので、その場合は1、2級のみしか障害年金の対象にならないそうだ。ちなみに加入年金種類の判別は、「初診日」の加入状況に準ずるということである。普通は「ストマを造設した日」で判断しそうな感じがするので、ここは注意が必要である。

初診日といえば、特に私の場合はその判断が難しい。というのも、アメリカで大腸内視鏡検査を受けてガンが発覚したので、ある意味その日が初診日となる。しかしその後すぐに日本に帰国し、国立がんセンターで初診を受け、内視鏡検査を含むすべての検査をがんセンターでやり直したので、がんセンターでの初診が初診日となるとも言えるのである。この辺はまさに役所の「形式さえ整っていればよい」というところが窺えるのだが、今日の社会保険事務所の担当者が気を利かせて書類を書くコツを教えてくれた(^^)。要するにがんセンターの医者に診断書を書いてもらう際、「アメリカの検査でガンが発覚し、それを引き継いで治療を行った・・・」みたいに、アメリカとの関わりが文章に出てきてしまうとアメリカが初診日となり、アメリカの医者に診断書を書いてもらう必要が出てきてしまう。そうなるとただでさえ書類が増える上に、日本の書類をアメリカの医者に書いてもらうのはかなり難儀なことであるので、できればそれは避けたい。しかしがんセンターですべて最初から検査を行ったのだから、アメリカとは関係なく初診を行ったということにすれば、がんセンターだけに書類を書いてもらえばいいのでかなり楽になる。つくづくこういう書類というのは、書き方一つでいろいろと変わってくるので、嘘を書くことはいけないが、真実を書くのであれば、あとは書き方次第だなあと思った。

それから障害の等級についてだが、昨日なぜ区役所と社会保険事務所とで食い違いが生じたのかが分かった。区役所で使用している障害者手帳用の等級と、社会保険事務所で使用している障害年金用の等級が違うからであった。なぜ共通にしないのだろうか・・・?こういうところが役所手続きを難しくしている要因である。

さてさて最後に痛みについてだが、3日待つと自分で言っておきながら、すでに昨日の時点で結果がほぼ分かっていたことと、あまりの痛さにこれ以上実験を続けることができず、今日からMSコンチンを10mg増量して、30mg、20mg、30mgという服用方法にしてみた。それによってとりあえず昨日よりかなり改善した。しかしまだ痛みは出る。まだ足りないのだろうか?しかし10mgの増量はけっこうそれだけでも違いは出るはずなので、まだ変更の効果が出ていないだけなのかもしれない。とりあえずこれでまた数日様子を見てみよう。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
障害者手帳もらえるかも はてなブックマークに追加
2006年12月14日 (木) | 編集 |
私のストマは永久ストマではないので障害者手帳は交付されないと聞いていた。実際に区役所に出向いて尋ねたこともあったが、やはりそういう回答であった。なのに、今日再度区役所の福祉課へ行って聞いてみたところ、障害者手帳がもらえると言うではないか!!なぜ今日再度区役所へ行ったかというと、ある方が教えてくれたブログにとてもいい情報が書いてあったからだ。そのブログの著者も私と同じ直腸がんで一時ストマを造設したそうなのだが、医師に「永久ストマの可能性あり」と診断書に書いてもらったことで障害者認定され、現在ストマ用品購入の補助金として毎月8000円を支給してもらっているという。というわけで、この上ないグッドな情報を入手した私は、早速真偽を確かめに区役所へ行ったというわけだ。

確かめに行った結果、区役所の担当者も詳細には制度の内容を理解していないようなので少々不安ではあるが、とりあえず今日聞いた限りでは、たとえ一時ストマであっても障害者手帳は交付されるということが分かった。これを聞いた時点で「じゃあ今まで永久ストマでないと障害者認定されないと聞いていた私の情報はなんだったんだ!!??」とものすごい不信感が沸き起こったが、何度確認しても担当者がそういうので、とりあえず一時ストマで手帳の交付が受けられるのは間違いないようである。そして障害者手帳が交付されれば、ストマ用品購入資金補助として月々8000円が支給される。障害者手帳を持っている人に対する支援内容としてはこれが最低なのだが、もしかして今までの永久ストマに限定していた情報というのは、これ以外の支援の対象になるかどうかという話をしていたのではないかと思うのである。

障害の度合い(=等級)によって助成内容が大幅に変わってくるのだが、今日の区役所によると、ストマの場合は1、2、4級に該当するそうだ(まだ私も詳しく勉強していないのでなぜ3級に該当しないのかは分からない)。そしてこの最低以外の支援対象者となるには1級か2級である必要があり、一時ストマの場合はそれはありえない。よって恐らく「一時ストマの場合は対象にならない」という言葉だけが独り歩きしてしまって、あたかもそれがすべてであるかのようになってしまったのではないかと私は推測しているのである。この最低以外の支援内容はものすごく多岐に渡っているのでここには書ききれないが、例えば公共交通機関を無料で利用できたり、いろいろな施設を無料で利用できたり、場合によっては障害者年金をもらえたり、各種手当てがもらえたりする。ちなみに先日心臓のペースメーカーを入れた私の父は最も重度の障害者1級に認定され、おかげで都営交通機関は無料、東京メトロは半額、毎月手当金を振り込んでもらうなどの恩恵を受けている。

ところでとにかくこういうものは、申請した月からしか対象にならず、さかのぼって支給してくれることはないので、もらえる可能性があると分かったなら一刻も早く申請しなければならない。そしてもし今回私が認定されるとしたら、この2ヶ月間損をしたことになる。10月に手術を受けたから、本来であれば10月から対象になったのだ!!一度区役所にちゃんと確認しに行った実績があるだけに悔やまれる。この2ヶ月間の損失をいったいどうしてくれるのだ!!(怒)

過ぎたことを今更ぶつぶつ言ってもしょうがない。あのブログを読むことがなかったら、ずっと障害者手帳はもらえないものと思い込んで過ごしていくことになっていたわけだから、この時点で分かっただけでもありがたいと思うことにしよう。アメリカの役所に関しては「最低3人の担当者に聞くまでは信じないこと」という鉄則があったのだが、まさか日本もそうだったとは・・・!アメリカの役所はとにかく担当者によって言うことがまちまちなので、最低3人ぐらいに確認しないと本当のところが分からないのでそういう鉄則があったのだが、日本は末端まできちんと教育されているから大丈夫だと思っていたのに・・・。そう考えると、今回の件はまだ2人にしか確認していないし、しかも今日の担当者もなんだか頼りない感じであったので、実際障害者手帳を申請し、交付されてこの手に現物が届くまではなんとも言えないが、今日のところは見通しは明るいと言えよう。しかしやはり不安なのは、先日社会保険事務所に障害者年金がもらえるかどうか確認しに行ったとき、一時ストマは3級だと言われたことだ。障害年金対象は1、2級だけなので結論はもらえないということだったのだが、今日区役所ではストマの場合は障害者3級にはならないと言われたので、ここでもまた食い違いが生じている。これは最低5人ぐらいに確認しないとだめかあ?(^^;)

最後に話は変わり痛みについてだが、実験2日目の今日も昨日同様一日中鈍痛があり、ずっとベッドに寝ている状態であった。とりあえず実験には3日は必要だと思うので明日までがんばろうと思うが、明らかにこの方法では日常生活に支障をきたすのでだめだと思われる。ただし感触としては、やはり2回の服用より3回の服用のほうが魔の時間帯がなくて済みそうなので、Ayaのコメントにもあったように、30mgを3回飲むのがベストのような気がする。明日の実験結果を見て、あさってからはそうしてみようと思う。今日も痛みがあると何もいいことがないということを強く感じたから。日中の痛みの状態ではとても今日は外出できる状況ではなかったが、夕方にMSコンチンとボルタレンをダブルで服用し、その効果で痛みが緩和されたおかげで、その合間に区役所へ行くことができたからである。やはり痛みがあると何もできないし、何も進まない。今更ではあるが、つくづくそれを感じた日であった。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
痛み止めの服用方法を変更 はてなブックマークに追加
2006年12月13日 (水) | 編集 |
今までMSコンチンは朝の10時に30mg、夜の10時に40mgというように、1日合計70mgで12時間ごとに服用していた。ブログにも「魔の時間帯」と時々書いているが、この服用方法ではどうしても10時間ぐらいで切れてくる・・・すなわち次に飲める時間の2時間前ぐらいから痛み出すので、この対応策として今日から8時間ごとの服用に変更してみることにした。とりあえず朝の6時に20mg、午後2時に20mg、夜の10時に30mg服用することにした。

これが原因かどうかは分からないが、今日は一日中痛くてしょうがなかった。レスキューこそ飲まなかったが、一日中鈍痛が続き、日中外出はとりあえずしたが、帰宅時には痛くて足を引きずって帰ってくるほどであった。それからはもうほとんど起き上がることができず、一日中ベッドに臥せっていた。とりあえずブログだけは書こうと思い、今起き上がってきてこうして書いているが、そんなわけで今日はこれでおしまいにして寝ようと思う。服用方法の実験も、3日様子を見て、あまりにも痛かったらまた以前の12時間ごとの服用に戻そうと思う。何事もやってみないと分からない。それにしてもいつも私のやる実験には痛みがつきものだ(^^;)。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
祝:コーヒー浣腸復活 はてなブックマークに追加
2006年12月12日 (火) | 編集 |
今日めでたくコーヒー浣腸を再開することができた!!パチパチパチ・・・
洗腸キット自体は日曜日に届いていたのだが、なかなか体調が整わずやることができないでいた。今日も朝10時ぐらいまでは痛くて調子が悪かったのだが、9時半に飲んだボルタレンと10時に飲んだMSコンチンがようやく11時ごろに効いてきて復活、さらにうまい具合に便も止まっていたため、このタイミングを逃すまい!!と洗腸にトライすることになった。初めての自宅での洗腸だったのでかなり緊張したとともに準備に時間がかかった。なんせトイレに持ち込むものの多いこと(笑)。主人に見せたら笑っていたが、なんせ狭いトイレにイス(座布団付)、水、本、時計、ゴミ箱、爪きりを持ち込んだものだから、トイレがすごい状況になっていた・・・(^^;)。ものすごく笑えるので写真に撮ってここに掲載すればよかったかな?それでも我が家のトイレはマンションの割には広く作ってあるのでまだましなほうだ。狭いトイレであったら洗腸すらできないところであった・・・。なぜこんなに物を持ち込む必要があるかというと、コーヒーを注入してから終了するまで30分ぐらいイスに座って排便が終わるのを待つ必要があるからだ。病院でやったときも便がこれ以上出ないことを最終確認するまで30分かかった。だから30分の間本でも読みながら待っていようと思ったので、イス及び本持参という状態になったわけだ。そしてさらに時間を有効活用しようと、爪切まで持ち込んだというわけだ。

コーヒー液はとりあえず1000cc作った。コーヒー液作りは以前にコーヒー浣腸をやっていたのでお手の物だ。さて緊張しながらゆっくり液を注入していった。最初ちょっと漏れてしまったが、途中からは完璧に入れることができ、な・なんと1000cc全部入ってしまった!!!コーヒー浣腸をしていたときは100cc入れるのもやっとだったというのに!!前回病院でやったときも600cc入り、今日は1000cc、これらから考えるに、やはり私がコーヒーを入れるのに苦労していたのは大きな腫瘍があったからであり、私の我慢が足りないとかそういうことではないと思った。私だって腫瘍さえなければこのように楽に1000cc入れることができるのだ!

さて1000cc入ったところで、ゆっくり本でも読もうかと思いきや、第一波がすぐにやってきた。第一波が過ぎ去り爪を切り終わったところで第二波が。結局第二波で終了したが、本を読む余裕はなかった。さて今日の結果だが、便はそんなには出なかったが、まあ感触としては「成功」といったところであろうか。明日から体調さえ良ければ毎日やっていこうと思う。しかし、体調が良い上にさらに便がストップしているタイミングを狙うとなると、かなり難しいかもしれない。

それにしても話は変わるが、本当に両親及び義母には頭が下がる。上述の通り、今朝は10時ごろ痛みのピークを迎えていたのだが、ちょうどタイミング悪くそのときに母から電話があった。私が電話口で思わず泣いてしまったものだから、今日は母はうちへ来る日ではなかったのだが、心配して今日も来てくれることになった。そして夜遅くなってしまったにもかかわらずマッサージをしてくれた。

父は父で忙しいにもかかわらず、今日も私のSクリニックの送り迎えをしてくれた。行きは少し痛かったので父の車が必要だったが、帰りはかなり痛みが軽くなっていたし、父が今日忙しいことを知っていたので、電車で自分で帰るよと言ったのだが、父は大丈夫といって家まで送ってくれた。家に到着したときはすでに夕飯時で、父はすぐに会議に出席するため出かけなければならなかたっため、自宅で待っていた母が「パパ、パンでも食べていったら?」というと「そうする」と言い、しかし母がパンを焼こうとしたら、焼く時間も惜しいのかそのままでいいと言って、パンだけ持って出て行ってしまった。それを見て思った。やはり本当はパンを焼くほんの数分すら待てないぐらい忙しかったのだ。それなのに私のために時間を割いて送ってくれたのだ。

夕飯を主人のマンションに届けに行ったら、義母が私のために買ってきてくれたパンが置いてあった。義母もいつも私のことを気遣って、少しでも私がおいしく食べられるようにと、いろいろおいしいものを買って来てくれる。本当にありがたいものだ。
このように、本当に両親&義母にはお世話になっている。彼らの期待を裏切らないためにも、がんばらねばと再度強く思った。なんとかこの気持ちで食事に関する暴走を止められそうだ。玄米菜食がんばるぞー!!
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
朝からレスキューの最悪な一日 はてなブックマークに追加
2006年12月11日 (月) | 編集 |
limu.jpg

<写真の説明>大学の友人が贈ってくれた健康ドリンク「LIMU」

今日は初めて朝からレスキューのお世話になるほど調子が悪い最悪な一日であった。痛みは昨晩から続き、昨晩はほとんど眠れなかった。それでもなんとか夜中のうちはレスキューを飲まずに途切れ途切れに眠ることはできた。しかし、さすがに薬が切れてくる明け方になるとかなり痛みが強くなってきた。朝に痛むのは毎朝のことだから慣れているのだが、今日の痛みはいつもより数倍強く、とうとう耐え切れずしくしく一人でベッドで泣き出していた・・・。8時になって、このままでは今日一日何もできないと判断、とうとう朝からレスキュー(オプソ)を飲む事態となった。

レスキューを飲んでもなかなか効いてこなかった。さらにベッドで痛みに耐えること1時間、ようやくダブルで飲んだボルタレンも効いてきたのか、痛みが引いてきて、起き上がることができた。しかし、痛みが引いてきた途端、昨日の睡眠不足から睡魔が襲って来たので再び寝ることにした。結局9時から12時まで3時間眠った。

今日は出だしがこのように最悪だったため、一日調子が狂ってしまった。月曜日だし、天気も良かったので、本当は銀行や役所へ行きたかったのだが、すっかり外出する気を失ってしまった。さらには夕方あたりからまた痛むようになってきた。父にマッサージしてもらったが回復せず、食欲もなく、ずっとベッドに横たわっていた。それでもにんじんジュースと青菜ジュースだけはきちんと飲んだので、まあ栄養的には問題ないであろう。それにここのところ調子に乗って食べ過ぎていたので、少し食べないぐらいのほうがいいのである。特に昨日の夕食は完全に食べすぎで、夜中じゅう腸が一生懸命消化しようとしてギュルギュルなっていたから。もしかしてこの痛みは昨日の食べすぎが原因か!!??さすがにそれはないと思うが、もしそうであったら自業自得だ・・・(^^;)。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
ここが正念場 はてなブックマークに追加
2006年12月10日 (日) | 編集 |
今私が一番気にしていることをズバッと佐藤さんに指摘され、今日は悶々と悩める一日を過ごした。しかし、おかげで心を入れ替えてがんばろうという気になったので、いつもながら佐藤さんには感謝である。私が気にしていることとは、何度かブログにも書いたが、ここ最近の暴走振りである。ここ最近の食に対する異常な執着は自分でもいやになるぐらい強いものがあり、抑えきれないほどに強くなってきていた・・・。自分でもいけないとは分かっていてもどうすることもできず、何かこの暴走を止める良い手立てはないものかと心底悩んでいたのだ。

これを食べたら絶対ガンになるとか、これを食べたら絶対にガンが大きくなるとかが証明されているのであれば誰も悩みはしない。おおよそ動物性食品を食べるとガンの餌になるから食べてはいけない、という風になっているところに、欲求を抑えることの難しさがあるのである。ましてや例えばチーズを例に取ると、ある説ではチーズには抗がん作用があるなどという記述があったりするわけで、各説によって言うことがまちまちなところが私たちを混乱させる。

まさに今がある意味正念場だと私は思っている。おかげさまで体調はかなり良くなってきており、それに比例してQOLも上がり、精神面も充実してきている。よってガンに打ち勝てる条件は整いつつある。なのに、食事という土台骨が揺らぎ始めてしまっているのはかなり問題である。腸閉塞の入院前までは、かたくなに食事療法を信じて守ってきたのに、なぜここへきてその気持ちが揺らいでしまったのだろうか?自分でも分からない。体調が回復して食事がとれるようになった途端、急激に食事への異常な執着心が出てきてしまったのだ。

とにかく暴走も今日でストップ。明日からはまた厳格な食事療法に戻る決心がついた。そうでないと、今までのこの10ヶ月間の努力が水の泡になってしまうからね。暴走するようになってから1ヶ月近くたってしまったが、どうかガンが大きくなっていませんように。心を入れ替えますので、神様どうぞお許しください・・・。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
パンティストッキングが履けなくなってしまった(^^;) はてなブックマークに追加
2006年12月09日 (土) | 編集 |
legwarmer.jpg

<写真の説明>銀行時代の友人が贈ってくれたオーガニックコットン製のレッグウォーマー。すでに毎日のように使っているので黒い毛玉がついてしまっているがご容赦を。

ストーマになったことで生じた不便なことの一つに、パンティストッキングが履けなくなったということがある。女性のオストミーの方々はどうしているのだろうか?絶対履けないというわけではないが、ただでさえ伝線しやすいので、ストーマのパウチ袋の上からストッキングを履くのはちょっと危険な感じがする。私が今まで使っていたColoplast社のアシュラ コンフォートEC13860ならまだよかったのだが、今回のHollister社ニューイメージロックンロール18194はツーピース型のため、どうしてもパチッとはめるプラスチック部分が硬くなっているので、かなりの高確率で伝線すると思うのである。よって元々パンツ派だった私だが、ストーマになって以来まったくスカートを履かなくなってしまった。

しかし最近銀座を闊歩するようになり、いつもの超ラフなウォーキングスタイルではさすがに銀座のデパートでは目立ちすぎ、しかも店員さんに相手にされないことが分かったので(^^;)、少しおしゃれする必要が出てきた。必要性に加え、ようやく私もおしゃれへの関心がよみがえり、さすがにパンツばかりでは飽きてしまうようになってきた。そこでストッキングに代わる何かないかなあと思っていたところ、ちょうど今年はオーバーニー(ひざ上)ソックスが流行っているようで、色もデザインもまあまあ豊富にあるので、それでも買おうかなあと思っている今日この頃である。今日みたいに寒い日でパンツスタイルの日には、友人がくれたこのレッグウォーマーが大活躍である。今日も銀座を散歩してきたが、このレッグウォーマーのお世話になった。

運動することが外出の一番の目的だが、とにかく銀座の華やかな人々や物を見て歩くことが今の私には何よりも楽しい。だから毎日銀座に出かけているが、いろいろ見て回っていると3時間なんてあっという間に過ぎてしまう。そして毎日出かけているにも関わらず、けっこう毎回両手に一杯の荷物を抱えて帰ってきている(^^;)。今日は主人に頼まれていたチーズをいくつか購入してきた。これからはチーズにハマリそうな予感だ。先日のパン オ ノワの食べ比べではないが、チーズの食べ比べをしようと、早速チーズ表を作ってしまった(^^;)。それこそチーズを極めようとしたらものすごい種類なのでとても無理であるが、でも現状チーズに関してはまったく無知の状態なので、チーズ通と言われるぐらいの域にはぜひ達したいなあと思っている。
それと今日は銀座三越の地下1階に入っているジョトォ(GIOTTO)のシュークリームをようやくゲットした!毎日お一人様限定5個までで、12時と17時に並ばないと購入できないものなのでいつも気になっていたのだが、今日ようやく並ぶことを決行、ついに購入に成功した。そんなわけで、今日も両手一杯に荷物を抱えて帰ってくることになった・・・。

ちょうど今22時だ。MSコンチンを飲む時間だが、昨日に引き続き、今日もコンチンが切れる20時の魔の時間帯に痛くならなかった。午前中はちょっと痛んだが、午後からは痛みについてはなかなか調子が良い1日であった。明日もこの調子が続くといいな。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
洗腸は失敗か!? はてなブックマークに追加
2006年12月08日 (金) | 編集 |
yuta.jpg

<写真の説明>3歳の甥がくれたちょっと早いクリスマスプレゼント

洗腸すると最低でも1日、うまくいけば2、3日排便がないと聞いていたが、昨日洗腸したにもかかわらずすでに昨日のうちから排便があり、今日は普通どおり排便があった。どうも結果からすると、昨日の洗腸は失敗に終わったようだ。私の場合、今のところ排便をストップさせたい事情は特にないのでかまわないのだが、やったからにはやはり成功したい。

昨日の洗腸が原因かは分からないが、今日はなんとなく腸が気持ち悪く、お腹も張り気味で、1日を通じてあまり調子がよくなかった。さらに悪いことに、日中けっこう痛みが強く、思わず泣いてしまう場面もあった。夕方以降になって少し調子が戻ってきたが、そんなわけで今日はあまりブログを書く気もしない。
昨日もものすごい倦怠感で1日中だらだらと過ごし、今日は昨日ほどの倦怠感はないにせよ、やはりあまり活動的になれなかった。さすがに明日はこの倦怠感から抜け出せると思う。それには天気が良いとよりベターなのだが、今天気予報をチェックしたら残念ながら明日は午後から雨が降るようだ・・・(^^;)。

そうそう、先日「美の巨人たち」という私の後輩が手がけている番組をここで紹介したが、なんと私の母と母の友達はこの番組のファンで、毎週欠かさず見ているとのことであった。後輩には悪いが、マイナーな番組だと思っていたので、しかも特に美術に造詣が深いわけでもない母が見ていると聞いてびっくりした。母が言うには、なかなか切り口がおもしろいということであった。確かに私も以前見たときそう感じた。あるときは一人の芸術家にスポットライトを当てて特集を組んだり、あるときは絵画の技法にスポットライトを当てたりと、なかなか切り口がおもしろいのだ。
なんかインターネットを通じての後輩への応援メッセージのようになってしまった(^^;)。他の読者に申し訳ないので、応援メッセージも今夜限りにしよう。それでは今日は短いがこれにておしまい。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
洗腸初体験 はてなブックマークに追加
2006年12月07日 (木) | 編集 |
makibread3_1.jpg

makibread3_2.jpg
<写真の説明>友人手作りのドライフィグとくるみのカンパーニュとブルーベリーのリュスティック。パンの味が最高なのはさることながら、「本日のパン」と題したメニューまでついていて、まさに心憎い演出もばっちり!(写真はクリックして拡大)

予定通り今日は朝一番でストーマ外来に行って、とうとう洗腸初体験してきた。何度も自分に「緊張しなくていい、大丈夫、大丈夫、きっと痛くない」などと暗示をかけて落ち着くようにしたのだが、果たしてどのぐらいの効果があったことやら・・・(^^;)。それよりも何よりも、看護師さんの笑顔での「簡単ですから大丈夫ですよ」の一言ですーっと肩の力が抜けた。
まずは洗腸開始する前に、私のパウチがワンピースだったのでツーピース(2つの部品からなっているという意味)のものにつけかえる作業が必要であった。ツーピースのパウチは面板と袋が別々になっているので、洗腸するときは袋の部分だけをパチッとはずすだけでよい。あまり頻繁に面板を交換するのも肌に刺激が強く良くないので、洗腸を頻繁に行う人はツーピースにする必要がある。あるいはTPOに合わせて袋の形状を使い分けたい人などにもツーピースがお勧めだ。私はそういった細かいニーズはなく、単純に便を受けるために使用していたので、今まではワンピースのものを使っていた。とにかくストーマケア製品は個人のニーズやストーマの形状に合わせてものすごい種類があるので、自分に合ったものを探せばよいと思う。

洗腸するタイミングとしては、なるべく便が出ない時間帯を狙ったほうが良い。よって今朝は極力便が出ないようにするために朝食を抜いていったのだが、その効果も空しく、おかまいなしに便がニョロニョロと出てきた(^^;)。作業が進まないので私が気まずいなあと思っていると、看護師さんもそんなのは慣れているので「あらまあ、いい便が出てますねえ~」と私を気遣って言ってくれた(でも実際に本当にいい便が出ていた)。ようやく排便が止まったところで、パウチ交換がてらストーマを洗浄。看護師さんが石鹸をつけて洗ってくれた。私が自分で洗うときは、かなり丁寧にというか腫れ物に触るような感じでストーマちゃんを扱っているのだが、それに比べ看護師さんはけっこう強くストーマをこするのでびっくりした。でもけっこう強くこすっても血がそんなに出なかったので、あのぐらいでも大丈夫なのだということが分かった。入院中に看護師さんからストーマはかなり繊細なのですぐに出血すると聞いており、実際ほんのちょっと触っただけでも血がにじんできた経験があったので、それ以来かなり丁重に扱っていたのだ。

ストーマがきれいになったところでトイレに移動。まずはストーマの穴の角度を確かめるため、看護師さんが指をストーマに突っ込んで確認。これもかなりぐいっと突っ込んできたのでびっくりした。ちょっと痛かったがそれほどではなかった。次に手袋をつけて自分でも確認してみた。通常ストーマに指を入れること自体はほとんど痛まないそうだが、私の場合はちょっと深く突っ込みすぎたので「痛っ」となってしまった。しかし、この儀式は1回角度を確認すればよく、今回限りなので心配する必要はない。
角度が分かったら、次は洗腸用のドレインと呼ばれる長い袋を面板に取り付けて、とうとう洗腸開始だ。通常の浣腸では自分で肛門に力を入れて排出を我慢することができるが、ストーマの場合はそれができないのでドレインを取り付けておき、出てきたそばから便器に流れ出るようにしておくのだ。トイレの脇にイスを置いて座り、先が三角になっている管の先をストーマに突っ込んでお湯を入れていく。最初はうまくお湯が入らずドレインに流れ出てしまったが、角度を調節して徐々にコツをつかむと、うまく入るようになった。コーヒー浣腸を思えば、こっちのほうがぜんぜん楽だった。今日は初めてということもあるのであまり無理せず、ほんの少しお腹が苦しいなと感じたところでストップしてしまったが、それでも600cc入った。コーヒー浣腸で600cc入れるなんて、10回に1回くらいであった。それが第一回目にしていとも簡単に入ってしまったのでびっくりした。

お湯をストップしてから待つこと5分。ストーマがきゅーんと痛くなったと思ったら、ブオッと便の塊が出てきた。でも看護師さんによるとこれは元々出ようとしていたものらしい。それから5分経って2回目のブオッが来た。でも両方とも固形の便が出てきただけで、600ccも入ったのに水がまったく出てこない。それからは動きも止まってしまい、結局3回目に小さな波が来たのを最後に完全に終わってしまった。トータル30分座っていたが最後まで水は出てこなかった。どうも腸が吸収してしまったらしい。以前ブログでも「あの大量のコーヒーはどこへ・・・?」と書いたことがあったが、やはり腸が乾いているとあっという間にそのぐらいの量の水分は吸収できてしまうらしい。だから水が出てこなくてもまったく気にしないで大丈夫だということだ。それを聞いて安心した(^^)。

こんな感じで無事私の洗腸初体験は終わった。コーヒー浣腸よりも今日のところは楽だったので早速コーヒー浣腸を始めようと思うが、やはりやるとなるとけっこうな時間を要すること、そしてドレインのケアだけはちょっと面倒だなあと思った。ドレインはストーマから出てきた便をトイレに流すための長い袋だが、1枚840円するので使い捨てというわけにはいかず、よって洗って何回か使いまわさなければならない。今日も実際洗ってみたが、お湯をジャージャー上から流しながら片手で袋をごしごしこするだけで簡単にきれいになるのでそんなに気にするほどではないのだが、とは言ってもやはり便が通るので、複数回使っているとどうしてもにおいはついてくると思う。そしたらもちろん捨てればいい話なのだが、そこは主婦のケチケチ根性、パウチとかと違って何回に1回の交換と頻度を決められているわけではないので、自分の判断で捨てるとなるとどうしてもあともう1回、あともう1回・・・と使い込んでしまうのではないかと思うのである。しかもコーヒー浣腸はできることなら毎日やろうと思っているのでなおさらである。

ああ、また私の悪い癖が出てしまった。やる前からあれやこれやと先回りして心配する悪い癖だ。しかもよく考えたら、毎日洗腸するということは今後毎日排便があるわけではないので、ドレインの洗浄は不要となる可能性もあるのであった。それに840円ぐらいなら毎日は無理でも頻繁に交換すればよいではないか。とにかくやってみてから悩めばよいではないか。
というわけで、今日早速洗腸セットを注文したので、来週から実際にコーヒー浣腸を実行できることとなる。それについてのレポートはまた後日するのでお楽しみに。

ところで今日は洗腸をしたせいか、それともたまたまか分からないが、ものすごく疲れていた・・・。税務署や図書館に行く用事があったのだが、どうにも外出する気になれず、よって今日は散歩にも出かけず、日中久しぶりに昼寝をした。ここのところ毎日張り切って出かけては3時間ぐらいデパートめぐりをして帰ってきていたので、さすがに疲れたのかもしれない。相変わらず夜中に1時間ごとに目が覚めるのが治まらないので、寝不足気味になっているのかもしれない。とにかく久しぶりにのんびりと過ごした1日であった。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
手術の怖さを再認識 はてなブックマークに追加
2006年12月06日 (水) | 編集 |
vegetable_fruits.jpg

<写真の説明>
勤めていたときのお客さんが贈ってくれたラフランスとマンゴーと無農薬野菜(クリックして拡大)


今日は私の話ではないのだが、母の友人から怖~い話を聞いたので、今後みなさんが手術をするときの参考になればと思い掲載することにした。母の友人が腸閉塞で入院した。聞けば、今まで便秘知らずでとてもいい便が出ていたそうだが、最近になって便やガスの出が急に悪くなり、忙しいのを理由に病院へ行かずにそのままにしておいたところ、とうとう腸閉塞を起こし救急車を呼ぶ羽目になったということだ。その方の現在の状況については本文と関係ないので割愛するが、今回の腸閉塞の原因が、なんと12年前に受けた手術が原因だと聞いて驚嘆した。12年前に子宮と卵巣摘出の手術を受けたのだが、そのときの傷が癒着を起こしたということだ。

それを聞いて、もしかして私の今回の腸閉塞も20年前に受けた盲腸の手術が原因か!?と一瞬思ったが(^^;)、とにかくそんな大昔に受けた手術が今頃になって悪影響をもたらすとは、本当に手術とは思っていたより大変なことなのだと再認識した。とかく最近は手術の器具も技術も向上しているので、医者も患者も手術を簡単に考える傾向にあるが、特に大きく開腹するような手術は重く考えたほうがよさそうだ。私の場合、すでに2度も開腹手術を受けてしまっているが、なんだかこのことが10年後とかに何らかの形で出てくるのかもしれないと考えたら、ものすごく恐ろしくなってしまった・・・。

ところで、今までもちょっと調子がいいなと思っていると、その後にがくんと体調が悪くなったりして一進一退を繰り返していたが、昨日も再びそれを経験することとなった。ブログに「この3日間調子がいい」と書いて無事に仕事を終え、パソコンの電源を落とし、さあ寝ようと思ったところ急に痛みが襲ってきた。痛みが強くならないうちに寝ようと思って急いでベッドに入ったものの、痛みはどんどん増すばかりで、眠るどころではなくなってしまった。とりあえずMSコンチンを30分前倒しで飲み、主人に急遽びわの葉温灸をやってもらってMSコンチンが効いてくるのを待ったが、痛みは治まらず。そうこうしているうちにボルタレンを飲める時間が来たので、ボルタレンを飲んで効果が出るまで1時間様子を見たが、痛みは治まらなかった。よってこのままでは朝まで眠ることはできないだろうと判断。最初に痛み出してから3時間苦しんだ挙句に結局レスキュー(オプソ)を飲んでようやく眠りに着いたという始末であった。

今日は今のところ調子が良いが、さてこの後どうなるだろうか。昨日苦しんだので、今日はきっと大丈夫であろう。明日は洗腸初体験のストーマ外来の予約が入っている。かなりどきどきだ。私の悪い癖として、何か新しいことを行うとき、期待心より恐怖心が先に来てしまって身体が硬直してしまうことが多い。よって今回は期待心を持つよう心がけている。洗腸がマスターできれば、今よりもっと行動範囲も広がるかもしれないし、何よりもまたコーヒー浣腸が復活できるので、肝臓の解毒ができるようになるのである。なかなか口で言うほど簡単にそう考えることは難しいが、少なくともそう思うよう努力をしているおかげで、いつもよりは身体の硬直がないみたいだ。それでは明日がんばってきます!
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
激しい便意の回数が少し減ってきた はてなブックマークに追加
2006年12月05日 (火) | 編集 |
ここのところいい塩梅(あんばい)に良い報告が続いているが、今日もまた良い報告だ(^^)。10日前ぐらいから激しい便意に悩まされていることはすでに報告済みだが、ピーク時は1時間に1回くらいの高頻度で発生していた激しい便意も、幸いなことに少し回数が減ってきた。今日あたりは1日数回程度になっている。なかなかゼロにはならないが、それでも1日数回程度ならかなり助かる。このままどんどん回数が減っていって、最終的にはゼロになってくれるとよいのだが・・・。
腸の粘液に関しては、結局あの1回だけであれ以降はまったく出ていない。痛みのほうも今日も昨日に引き続き落ち着いている。夕方4時ごろちょうどボルタレン切れで少し痛くなったが、ボルタレンを服用後しばらくしたら痛みが軽くなった。

このように3日前ぐらいから、とりあえずすべてにおいて落ち着いてきている。当然それに比例して、私の生活もとても穏やかで落ち着いている。毎日が平穏無事に過ぎていく。あっという間に1日が終わってしまうが、でも平穏無事に過ごせる毎日をものすごく幸せに感じながら生きている。毎日がとても楽しい。この幸せがいつまでも続くといいな!
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
初めて腸の粘液を見た はてなブックマークに追加
2006年12月04日 (月) | 編集 |
flower_mori.jpg
父の友人が千葉から送ってくれたお花

今日初めて腸の粘液というものを見た。しかし見てすぐにそうと分かったのは、ガン情報交換掲示板(スレッド53)で前もって情報をインプットされていたからだ。そうでなかったら何がなんだか分からなかっただろうし、それよりもびっくりして病院に電話していたかもしれない。つくづく情報はありがたいと思った。

ちなみに私のストーマは、単孔式・双孔式とあるうちの双孔式と呼ばれているもので、上下に2つ穴(=肛門)がある。通常便やガスは上の穴から出てくる。下の穴からは何も出てこない。
今日トイレに入ったときストーマをチェックしたら、何やら見慣れないもの=つまり便以外のものがパウチ袋の中に見えた。それは白くてどろっとしていて、しかも何も出てこないはずの下の穴から出ていた。ちょうど小指半分ぐらいの大きさの糊(最近のスティック糊ではなく昔のチューブから出して手でつけるタイプの糊と言えば分かるだろうか)が肛門に垂れ下がっていたのだ。ああ、これがうわさに聞いていた腸の粘液かあと思いながら、興味津々でまじまじと見てしまった(^^;)。と同時に確信したのは、やはり今まで激しい便意とともに少し出ていたものは、腸の粘液なんかではなかった。まぎれもなく便であることが分かった。

今日は一日を通じて比較的体調の良い日であった。痛みが発生しても短時間で治まり、しかもその痛みもそんなに強いものではなかった。昨日に引き続きあまり痛くないので、夜10時に飲むMSコンチンを飲み忘れるほどであった。しかし飲み忘れないように時計のチャイムを10時と22時に鳴るように設定してあるので、絶対に飲み忘れるということはない。いつもは20時を過ぎるころにはコンチン切れで痛くて、薬を飲む時間をまだかまだかと待ちわびている状態なので、それからするとチャイムが鳴ってはじめてコンチンを飲むというのはかなりの進歩と言える。しかしこの痛みに関しては、たったの2日ばかり調子が良かったからといって良くなったと考えるのは危険なので、今のところはこれによってどうこうというのはないが、でもとにかく痛みが軽い状態で2日間過ごせているという事実は喜ばしいことである。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
カマへの反応が良くなってきた はてなブックマークに追加
2006年12月03日 (日) | 編集 |
kiwibox.jpg

<写真の説明>日本で食べられているキウイの9割は外国産と言われている中、珍しい国内産のキウイ。高校時代の友人が贈ってくれたもの。写真では分からないが、ものすごく大きくてりっぱなキウイである。普通のキウイよりふた周りぐらい大きい。ちなみに計ったら、縦8cm×横7.5cmもあった。味もとても良い。今まで食べたキウイの中で一番おいしい!

このブログを以前から読んでくださっている方々は、今まで私がどれだけ酸化マグネシウム(緩下剤)の調節に苦労していたかよくご存知であろう。今まではカマを飲んでもその効き目が現れてくるまでに3日ぐらいかかったので調節がものすごく難しく、しょっちゅう下痢と便秘を繰り返していた。ところが最近非常に喜ばしいことに、カマへの反応が良くなってきたようなのである。ちょっと便が硬くなってきたなあと思ったらカマを増量すれば、だいたい翌日には効果が出てくる。早いときは半日ぐらいで変化が現れる。今日もここのところ便が硬めで便秘気味だったので昼間にカマを増量したところ、もう半日経ったところでいい便が出るようになってきた。このぐらい反応が早いと本当に助かる。おとといの記事に、今の状況は回復ではなく改善だと書いたが、これは回復と言っていいと思う。以前の繰り返していた便秘と下痢も、カマの調節がうまくいってなかったこともあるが決してそれだけではないと思う。やはり体調そのものがあまり良くなかったから良い便が出なかったのだと思う。便はまさしく健康のバロメータである。そういう意味でも最近はけっこういい便が出てくれているので、やはり体調そのものが良くなっていると思うのである。

直腸がんという病気は、便との縁は切っても切れない病気であるので、今までさんざん便に泣かされてきた。でも今回のようにちょっとでも良い便が出ると、人一倍幸せな気持ちにさせてもらえるのである。
ところでほんのちょっと残念なのは、最近けっこう良い感じで便が出ていたのでカマゼロにできるかなあと淡い期待を抱いていたのだが、それだけはまだ無理のようだ。ちょっと減らすと急に便が硬くなり便秘になる。そしてちょっと増やすとおもしろいぐらいにいい硬さの便がきちんと出るようになる。従って、まだカマなしで便秘せずよい排便を行うことは不可能のようである。早く毎朝やっているひまし油温湿布の効果が現れてくれて、カマを減らせるといいのだが・・・。とにかく化学薬剤をなるべく身体に入れない方向に早くもって行きたい。

痛みのほうは相変わらずで、今日は幸い激痛に見舞われることはなかったが、継続的な軽い痛みは常にあるという状態だ。しかし今のところモルヒネ増量には至ってはいない。昨日の夜が痛くて眠れなくて大変だった。レスキューこそ飲まなかったが、飲む寸前だったし、痛みが治まるまでの2時間、音楽を聴いたり、ゆたんぽで暖めたりと、いろいろな手段を駆使して大変であった。当然泣きも入った。しかし今日は一転して調子が良い。いつもはMSコンチンを飲む直前、すなわちコンチンが切れてくる時間帯(夜の8時ごろ)になるとかなり痛みが強くなるのだが、今日は飲む時間である夜の10時になっても痛みが軽く、飲むのを忘れるほどであった。昨日大変な思いをした分、今日は神様も楽させてくれるようにしてくれたということか?
人生でやり残したことは?と言われればこれ はてなブックマークに追加
2006年12月02日 (土) | 編集 |
mikiapples.jpg
長野在住の友人が送ってくれたりんご

私はバラエティ番組はめったに見ない。どうも根っからのビジネスウーマンのようで、だいたい私が好んで見るTV番組は、ビジネスや経済番組が多い。中でもビジネスで成功した人の話は大好きで、最近ではよく日曜日の夜9時54分から12チャンネルでやっている「ソロモン流」や同じく12チャンネルの月曜日夜10時からの「カンブリア宮殿」という番組を見ている。ビジネス系以外では旅行番組が好きだ。一番のお気に入り番組は、土曜日の夜6時半から10チャンネルでやっている「ポカポカ地球家族」という番組だ。ただしTVだけをぼーっと見ている暇はないので、必ずTVは録画しておいて、食事するときに見ることにしている。それに、必ずその時間に体調がいいとは限らないので、その理由からも録画しておくのである。

今日はソロモン流を見たのだが、今回の賢人(ソロモン流では番組で取り上げた人物をそう呼んでいる)はGlobe(音楽グループ)のマーク・パンサーだった。最近GlobeをTVで見ないなあと思っていたら(そもそも音楽番組やTVそのものをほとんど見ないので見ないのは当たり前か(^^;))、彼は現在はGlobeの活動よりもむしろビジネスに力を入れているとのことであった。そしてそのビジネスの内容も、子供服ショップ経営やレストラン経営、モデル業、結婚アルバム作成プロデュース業と、かなり多岐にわたっている。そして3年ほど前に石垣島に自宅を建てたので現在は石垣島に居住しており、仕事のときだけ東京に来るというスローライフを送っているとの事であった。当然石垣島の自宅は1000坪の土地にプール付という豪邸なのだが、最も羨ましいのは、1年中半そで半ズボンで過ごせる温暖な気候及び目の前に広がるすばらしい海を見ながらのゆったりとした優雅な生活であった。ちなみにここでいう優雅とは、経済的な優雅さというより、精神的な優雅さである。そして私は主人にも事あるごとに言っているのだが、とにかく寒いのが大嫌いなので、温暖な土地に住みたいという希望を常に強く心に抱いている。海が見えれば言うことないが、でもそれは私にとっては絶対条件ではない。とにかく温暖であれば山の中でもぜんぜんかまわない。

彼の生活を見ていて「これだ!」と思った。私が求めているものは、まさに彼のようなスローライフである。しかしスローライフと言っても、私の求めているのは決してただのんびりゆったり過ごせればいいというのではなく、やはりビジネスでの成功が前提になければならない。金銭的な余裕があってこそ、仕事にあくせくしなくてもいい環境が生まれ、故にのんびり好きな場所で好きなように暮らすことが可能になるのである。マーク・パンサーはまさにそれを実践している人であった。月の半分は石垣島でのんびり過ごし、半分は東京で暮らす。それによって程よい緊張感が生まれるのでかえって仕事にも精が出るし、そして島へ帰れば心癒され、健康的な生活を送りながら充電できるのである。

以前このブログで「生きるための強烈な動機となるものがない」という話をしたが、今日それを見つけた。まさに「主人とスローライフを実現すること」である。ちょうど私のガンが発覚した直後、まだアメリカに住んでいたとき、主人とそんな話をしていたことをついさきほど思い出した。ガンが発覚した直後は、まだリサーチもままならず、ガン=即、死 というイメージだったので、私も主人もものすごく死を意識していて、私の人生は36年の短い人生だったなあ・・・みたいな話をしていた。そしてそのとき、人生でやり残したことといえば・・・みたいな話もしていて、私の答えは、海外旅行にもたくさん行ったし、夢であったアメリカに住むということも実現できたし、これといって特にやり残したことはない、かなり満足いく人生だった、でも唯一やり残したことがあるとしたら、主人と一緒にビジネスを成功させて、ロスアルトスヒルズ(シリコンバレーの超高級住宅地)に豪邸を建ててのんびり暮らすという夢を果たせなかったことぐらい・・・という答えであった。

そう、まさにこれであった。今日マーク・パンサーがそのことを思い出させてくれた。そして明確な目標が見つかったら、なんか身体の奥から力が沸きあがってくるのを感じた。我々の成功を見るまでは死ねない!主人と一緒に家のインテリアを考えたり、家具を選んだりして、自分たちで初めて建てる我が家(一応豪邸の予定(笑))をこの目で見るまでは死ねない!主人と一緒にのんびり過ごす日々を体験するまでは死ねない!!今日そう強く思った。

最後に12チャンネルのTV番組の話が出たので、私のかわいい後輩のためにこの場を借りて少々宣伝を(^^)。毎週土曜日12チャンネルの夜10時から「美の巨人たち」という美術番組があるのだが、私の大学のゼミの後輩が制作に関わっているので、どうぞ見てやって欲しい。どうしても美術番組なので地味になりがちであるが、週ごとにテーマを決めてじっくりと作ってあるなかなか良い番組であると思う。私も含め美術に興味がない人には少々退屈な番組だとは思うが、でもそうやって世の中の人たちがバラエティ番組ばかり見てしまうと、視聴率のとれない秀逸な番組がどんどん姿を消していってしまうことになる。民放にそれをやれというのはなかなか酷なことであると思うが、それが唯一できるのがNHKなので、NHKにはぜひがんばって欲しいと思う。NHKは視聴率など気にせず、国民のためになる番組を制作するべきだ。民放が制作するような番組は完全に民間に任せておけばよいのだ。最近NHKも視聴率を気にしてか、若者向けのくだらない番組に傾きがちなので、私は非常にそれを憂いている。
後輩の番宣をしてあげるだけのつもりが、話がどんどん違う方向になってきたので、今日はこの辺でやめておこう。こういう話をし出すと、いくらでも書けるので(^^;)。それではおやすみなさい。
テーマ:ガン治療
ジャンル:ヘルス・ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。