西洋医学に見放され、余命1年の宣告にも負けず、自己治癒力で勝負しています

大腸内視鏡を受けるまでの症状 はてなブックマークに追加
2005年12月19日 (月) | 編集 |
日本に一時帰国していたとき、ある友人からオーガニック野菜生活の話をとくとくと聞かされ、夫婦ともどもすっかり感化され、アメリカに戻ってすぐにオーガニック野菜生活にした。それまでは、必ず夕食のメインは肉か魚を出していたが、それからは野菜中心のメニューになり、肉も魚も食べない日が続くようになった。すると1週間もしたらなんだか体調がよくなってきて、便通も改善された。これですっかり気を良くしてしまい、あとで思えばこれがまた検査を遅らせる要因ともなったのだが、とにかくこのときは食べ物でこんなにも体調が変わるものだと実感した。

しばらく調子が良い日が続いていたが、1ヶ月も経たないうちにまた便通が悪くなってきた。下痢と便秘を交互に繰り返すようになってきた。そして常に腹部膨満感を感じ、寝ていると楽な感じがして、ベッドで横になることが多くなってきた。12月に入るとさらに体調が悪くなり、一日中ベッドに寝ていることもあり、日常生活にも支障をきたすようになってきた。食欲もないため、体重も減った。当時は少し痩せたいと思っていたので、むしろ体重が減ったのはウェルカムであった。

さすがに長期間異常が続いていたので、保険に入ってないとも言ってられず、12月19日に医者へ行った。そして大腸の専門医を紹介してもらい、大腸内視鏡の検査予約を1月31日に入れてもらった。アメリカでもやはり人気のある医者は予約で一杯だ。それにしても、医者に「便の色はどうですか?血便は出てますか?」と聞かれたときには焦った。なぜなら自分の便を見たことがなかったからである。一度も見たことがないというわけではないが、毎日自分がしたものをチェックする習慣はなかった。肛門は触ったことがないし、便も見ないし、お嬢様ってわけでもないが、案外お嬢様っぽい生活?をしていたものだと、自分で妙に感心してしまった(笑)。

以前は肛門が痛んだが、このころになるとむしろ肛門というより、尾てい骨が痛むような感覚が出てきた。痛みはさほど大きいものではなく、鈍痛といった感じ。痛さの質は、尾てい骨を打ったときのような、そんな感覚に似ている。よって一カ所が痛いというより、尾てい骨を中心としたその一帯が痛いような感じがある。そして便をするときには、痔のような痛みはない。まさかこの痛みがガンの疼痛だったとは、当時知る由もなかった・・・。

神様からの贈り物だろうか?ずっとほとんど起き上がれない状態が続いていたが、年末年始だけはものすごく調子がよく、おかげで紅白も見れたし、おせちもおいしく食べることが出来た。しかし年明けから急に食欲がなくなり、体調も悪くなってきた。体重もかなり減った(運動など何もしていないのに半年間で6キロ減)。さらに便通異常による腹部の不快感が耐え難いほどになってきたので、さすがに31日までは待てないと思い、再度医者を訪れ、予約を早くにしてもらうか、あるいは別の専門医を紹介して欲しいと依頼した。この時点で血便、倦怠感、微熱が続く。血便については、恐らくもっと前から出ていたのではないかと思う。なんせ見ていなかったのだから・・・(苦笑)。